クリーンカンティーンのインスレートタンブラー8ozを買った商品レビュー!キャンプでも人気!

クリーンカンティーンのインスレートタンブラー8ozを買った商品レビュー!キャンプでも人気!インスレートタンブラーは使う場所を選ばないので家でもキャンプでも使える!



ずっと欲しかった自分専用の「クリーンカンティーンのインスレートタンブラー8oz」を遂に買ってしまいました。
といって、5万や10万円するような高価なものじゃなく、3,000円程度のものなんですけどね。

それも不思議に買える金額のに買わないですっと年月が過ぎていたのです。

自宅やキャンプで使えるオシャレでカッコいいタンブラー探してませんか?
そんな人には「インスレートタンブラー8oz」はピッタリだと思います。

自宅ではコーヒー、焼酎やウィスキーのロックを楽しめそうだし、キャンプやアウトドアでもお酒やコーヒーを飲むのにピッタリですよね。

「クリーンカンティーンのインスレートタンブラー8ozを買った商品レビュー」をご紹介していきます。

購入を検討している人の情報となり、購入の後押しになれれば幸いです。

インスレートタンブラー8ozの特徴

インスレートタンブラーは使う人のことをよく考えられた作りになっている!

多くの特徴を持っているインスレートタンブラーは、どのショップを見ても送料を含め3,000円前後で販売されています。
いっけん価格が高いと思われがちですが、インスレートタンブラーを知ればその価格は納得できるし、意外にコスパが良いと知ることができます。

  • サイズ:H8.8cm×8.9(飲み口部)φcm
  • 容量:237ml
  • 重量:206.4g
  • 本体材質:18/8ステンレススチール
  • 付属品:蓋
  • 特徴1:18/8ステンレススチール素材
  • 特徴2:Climate Lockダブルウォールの真空断熱構造
  • 特徴3:温かいお飲み物は高温に保ち冷たいお飲み物は低温に保ちます
  • 特徴4:Klean Coatで従来のパウダーコートより4倍の強度があります
  • 特徴5:従来の塗装と変わらず人と環境を第一に考えた成分を使用
  • 特徴6:内側は電解研磨が施こされ有害な製造工程はなく湾曲したコーナーの仕上げでお手入れも簡単
  • 特徴7:こぼれを防ぐタンブラーのフタが付属
  • 特徴8:ストロー&リッドセットに適合

インスレートタンブラー8ozの使用レビュー

保温性も良く色んな飲み物を入れて飲むことができる!

欲しかったクリーンカンティーンの「インスレートタンブラー」を買うことができました。

クリーンカンティーンのボトルの中でも好みにもよりますが、無塗装のステンレスがシンプルでカッコいいですよね。
可能な限り一生モノにしたくなる無骨なデザインと機能性です。

買ってはみたものの「使い道」を考えると、やっぱり「コーヒー」が一番多いかな。
その他で考えると自宅では「焼酎ロック」と「ビール」かな?

たまに行くキャンプですが、何が何でもシェラカップで事を済ませるより、飲み物はやっぱり保温性の容器で飲みたいので、インスレートタンブラーのサイズ感はちょうど良さそうですよね。

大きすぎず小さすぎず、サイズも小さいので持ち運べるし、中に何か入れてスタッキングもできそうですよね。

底、裏面は鏡面加工が施されています。
裏面はただ英語で記載されているだけですが、これだけでもなんだかカッコいいですよね。

表面はヘアライン加工ですが内面は加工されていません。
素材もプラスチックやガラスと違い、割れるなどの破損の心配もないです。

ステンレススチールなので、洗って清潔を保つことができます。

キャップも付属しており、本体にぴったりはまります。
フタをすることにより保温性がアップするので、冷・温どちらの飲み物も良い状態を長時間保つことができそうですよね。

キャップにはポリプロプレンのパッキンが付いてるので、隙間から漏れることはありません。
インスレートタンブラーはフタは密封ではないので、保温を目的と考えた方がいいです。

見れば見るほどカッコイイ。
ワイドインスレートボトルと一緒に撮ってみました。

今回でクリーンカンティーンのステンレスが2個目になりました。
クリーンカンティーンを持つと、不思議と色んなタイプのモデルが欲しくなってしまいます。

おそらく1年以内に2~3個増えてそうな気がする。
既に「リフレクトボトル」や「クラシックボトル18oz」なんかにも興味ありますからね。

間違ってもコラボモデルだけは買わないようにしています。
理由は「飽きそう」、「値段が無駄に高い」からです。

他のクリーンカンティーンのボトルと並べて大きさを比較。

インスレートタンブラー8ozの内容量は「237ml」
クラシックシッピーと「ワイドインスレートボトルは12ozで内容量は「355ml」となっており、インスレートタンブラーは8ozなので内容量は少ないです。

サイズ感も内容量に合った感じです。

「インスレートタンブラー」は、ワイドインスレートボトル同様にダブルウォールのため保温性が高いんです。
「クラシックシッピー」はシングルウォールで厚みがないので、その分小さなサイズでも内容量355ml入ります。

コールマンの「パルテノンコーヒードリッパー」を使えば、インスレートタンブラーとサイズはぴったりでコーヒーを淹れるのに便利なんです。
ステンレス素材同士アウトドア感もあって、もちろん家でも使える。

なによりもこの商品は、フィルター無しでコーヒーを淹れることができるのが凄い。

パルテノンコーヒードリッパーの使い方!フィルター無しでコーヒーを淹れる

アウトドア・キャンプが大好きですが、なかなか出かけることができないのでせめてと思い、机でキャンプ道具でお湯を沸かしてコーヒーを淹れるんです。

超定番のバーナー「ST-310とST-3104CSアシストセット」でいつも沸かしてます。自宅でアウトドア気分になるのにオススメです!

インスレートタンブラーは「ダブルウォール」構造だから、熱いコーヒーを淹れて手で持っても熱さを感じません。
コーヒーも冷めにくいので、コーヒー好きには欠かすことのできないタンブラーになりそうです。

インスレートタンブラー8ozカスタマーレビュー

レビューでも評価の高さがよくわかるオススメのタンブラー!

購入者の多くが満足しています。
レビューを読んでみると、実際に使用している自分からみても納得ですね。
それぞれ書いていること通りの商品なんですよ!

  • 期待よりずっと良い!手離せないです。
  • 朝にゆっくり家でコーヒーを飲む時間はないけど、歩いて出かけるときにカフェラテを入れて行ってます。家でも温かいものをダラダラ飲みたいときとかに使っています。軽くて、保温力もあり、邪魔にならないです。

  • 使いやすい商品
  • 見た目が良くて買ったのですが、手に馴染む感じで持ちやすい。ビールやウイスキーロック、コーヒーなど飲みやすい大きさです。色違いも欲しくなりました。

  • やはりデザインかな
  • シルバーとブラックかいました。
    飲み口に若干慣れは必要でしょうが保温性もいいし、デザインがいいです‼️

  • 人気カップ
  • 職場のデスクで使用しています。とにかく安定感があり、保温ながもち。1番はスタイリッシュな外観がお気に入りです。

厳選人気記事一覧