意外に楽天が最安値の時もある!

北海道の12月の気温と服装は?旅行にはどんな服装がいいの?

北海道の12月の気温と服装は?旅行にはどんな服装がいいの?北海道は広いので地域により気温が違い服装が異なる場合がある



12月に北海道へ旅行、出張、用事などで行く際、気温や着ていく服装って気になりますよね?住んでる地域が北海道より西に行けば行くほど気温差があり、どんな服装をしていけばいいのか気になりますよね?

それに気温の数値を見ただけでもピンとこないと思います。

冬の北海道だから寒い思いはしたくないですよね。
だけど厚着しすぎて荷物も増えてしまうので悩みどころです。

そこで北海道民が12月はこれを着ていれば大丈夫ということで、北海道の12月の気温と服装は?旅行にはどんな服装がいいの?をご紹介していきます。

北海道各都市と全国主要都市各地の気温

北海道は広いので各地で気温差がある

北海道各都市の12月の気温

函館が一番気温が高い。札幌も比較的気温が高い方です。
内陸の旭川は積雪量は多く平均気温が低い。帯広、釧路は積雪量が少なく気温が低い。

最高気温 最低気温 平均気温
札幌 2.1℃ -4.1℃ -0.9℃
函館 3.3℃ -3.5℃ 0℃
旭川 -0.8℃ -7.9℃ -4.3℃
帯広 1.1℃ -8.9℃ -3.7℃
釧路 2.5℃ -7.1℃ -1.9℃

参考サイト:GoodDay北海道「道内主要都市の気温(℃)

全国3都市12月の気温

全国の都市の気温を見てみると、最高気温、最低気温、平均気温など北海道とは10℃以上の差があることがわかります。これだけ気温差があれば、服装はしっかり考えないと寒いですよね。

最高気温 最低気温 平均気温
東京 11.9℃ 3.5℃ 7.6℃
大阪 12.3℃ 5.1℃ 8.6℃
沖縄(那覇) 21.2℃ 16.3℃ 18.7℃

北海道の12月の服装や靴は?

北海道は広いので各地によって服装も多少異なる場合がある

12月の北海道はどこも寒いですが、地域によって気温が違っています。
日中は気温がプラスになることが多いですが、朝や夕方や深夜は気温はマイナスです。

東京や大阪などでファッションで着ているカナダグースが、北海道の気温の中では実用性も高くダウン本来の役目を果たしてくれます。これくらいのダウンを着て、インナーを調整すれば12月~3月の北海道各地を過ごすことができますね。

>Amazonカナダグース商品一覧

たまに地下街で見かけるんですが、かなりモコモコの南極でも行くのか?というくらいのダウンを着ている人を見かけます。正直そこまでのスペックのダウンは目的が限られ、ましてや12月の北海道では屋外でもオーバースペックな防寒着なので汗をかいてしまいます。

ダウンといっても、ユニクロで売られている「ウルトラライトダウン」を着たら寒いので、12月の北海道に来て行くにはオススメできません。

12月の北海道の各地はこんな感じで良いという服装や靴など、経験をもとにご紹介していきます。

札幌

市内中心部のみで過ごすのであれば、札幌中心部は地下歩行空間が発達しており、目的地が明確であれば、移動にそれほど時間がかからないので厚着をしないでも過ごせます。寒いと思ったら建物や地下に入ると暖かいので寒さをしのぐこともできます。

アウターはパーカの付いたダウンやコートを着て、インナーで調整したほうが良いです。特に女性はヒートテック、セーターなどといったインナーやアウターをしっかり着込むとよいと思います。

特に女性はヒートテック、セーターなどといったインナーやアウターをしっかり着込むとよいと思います。

札幌に住んでいる人なら、相当な寒がりじゃない限りは、ダウンの中にTシャツに長袖を着てその上にコートを着るくらいで大丈夫です。
12月に限らず一番寒い2月でもこの格好で意外に行けます。寒がりの人は着込んでください。

屋外に長時間いる場合は、厚手のダウンやインナーを着込みましょう。

札幌は北海道の中では「暖かい」方です。

函館

ときどき一日中マイナス気温の日がありますが、函館は「道南」は北海道の中でも気温が高めの地域です。
気温が高めなことから、しっとりとした雪が降ることが多いので髪やコートが濡れてしまいがちです。撥水処理されたパーカーやフードの付いたダウンやコートを着て、気温に応じてインナーで調整したほうが良いです。セーターや長袖シャツの上にダウンなど着るだけでも過ごすことができます。

特に女性はヒートテック、セーターなどといったインナーやアウターをしっかり着込むとよいと思います。

屋外に長時間いる場合は、厚手のダウンやインナーを着込みましょう。

頭や耳も冷えるのでイヤーマフやニットなどあれば暖かく過ごすことができます。

函館は北海道の中では「暖かい」方です。

旭川

一日中マイナス気温の日があります。
旭川のある「上川地方」は最低気温-41℃の記録を持つほどの極寒の地です。
雪も多くてしかも寒い地域です。

アウターはパーカの付いたダウンやコートを着て、インナーで調整したほうが良いです。特に女性はヒートテック、セーターなどといったインナーやアウターをしっかり着込むとよいと思います。

頭や耳も冷えるのでイヤーマフやニットなどあれば暖かく過ごすことができます。

旭川は北海道の中では「寒い」方です。

帯広・釧路

北海道の東側「道東」と呼ばれる地域です。
道東は雪は少なく寒い地域。歩道は雪道というより氷道のところも多い。

12月はその年にもよりますが雪が無いことが多いです。一日中マイナス気温の日があり、日中もマイナス気温でプラスにならなく芯まで冷えます。
寒さのせいで「寒い」という表現より「痛い」という表現の方が正しいくらいの極寒の地です。

旭川同様に寒い地域なので、アウターはパーカの付いたダウンやコートを着て、インナーで調整したほうが良いです。特に女性はヒートテック、セーターなどといったインナーやアウターをしっかり着込むとよいと思います。

頭や耳も冷えるのでイヤーマフやニットなどあれば暖かく過ごすことができます。

帯広・釧路は北海道の中では「寒い」方です。

雪道を歩く靴について

北海道の雪道は防寒と防水に滑り止め対策を考えて靴を選ぼう!

札幌市内の観光なら歩道はロードヒーティングで雪は解けており、地下歩行空間も発達しているため大通や札幌駅周辺ならブーツで問題ありませんが必ず外の道も歩きますよね。

場所によっては雪や氷が解けてグシャグシャの歩道を歩く場合が多々あります。
その際、短い靴を履いていたら確実に濡れて中に水が染み込んできます。

札幌以外の都市は歩道のインフラがそれほど整備されていないので、そのために防水、防寒、すべり止め対策をした方がよいです。もちろん札幌でもしっかり対策しましょう。

防寒長靴

低コストで済ませるなら冬用の「防寒長靴」です。雪や水たまりがあっても気にすることなく歩けます。しかも暖かい。安いもので2千円台から買うことができます。

ソレル

ちょっとオシャレな防寒靴を探しているなら「ソレル」がオススメです。
見た目もカッコよくしかも超暖かい!北海道民も履いてる人が多いんですよ!それだけ実用性が高い靴ということです。
「ソレル」を履けば雪が降ったばかりの道も気にしないで歩けるし足も寒くない!12月~3月までの北海道の道はこれ一足あれば大丈夫。

[ソレル] SOREL 1964 Pac Nylon NM1440-F14 011 (Black, Tusk/7)

スノースパイク

気に入った靴で12月の北海道旅行したいなら、滑り止めスパイクを装着すれば滑って転倒することなく歩くことができます。装着も簡単なので、ホテルや店内に入ったら取り外せばいいだけです。これは北海道でも特に女性の人が使ってるのをよく見かけます。

靴底用全7色 滑り止めスパイク 簡単着脱 20.0~31.0cm メンズ レディース

スノースパイク検索一覧

道東などの寒い地域では「寒い」というより「痛い」という感覚になります。
冷えたアスファルトから冷気がソールを伝わり足が冷やされます。12月はそれほど寒くはありませんが、寒さのピークである2月はマイナス10℃以下になることが多いので、帯広や釧路方面行く人は寒さ対策は万全にしてほしい。

車で移動する場合は毛布や寝袋を用意していると、車が故障した時の備えになります。北海道では死活問題となりますので防寒対策は重要ということを覚えておくとよいでしょう。

厳選人気記事一覧



おっさんの臭いが気になったらこれを使え!