楽天が最安値の時も多い!

【禁煙1ヶ月】禁煙を続けた結果1ヶ月後の体調変化とその効果

禁煙禁煙1ヶ月経過して実感できる効果とメリット



禁煙して1ヶ月が経過したのなら、もう身体にはニコチンは存在していないんですよ。禁煙で一番つらいといわれる1週間を乗り越え、1ヵ月を迎えた気分はいかがでしょうか?

1週間の禁煙成功よりも1か月の禁煙成功は達成感に満ち溢れているはずです。

禁煙1ヶ月経過で実感できる体調の変化と効果

目に見える変化がたくさんあり禁煙の素晴らしさを感じる

喫煙していた時はニコチンが身体に依存し続け、ニコチンにより正常な健康状態を感じることができませんでした。
ニコチン離脱の1週間以内を経て、1ヵ月の禁煙では完全にニコチンも抜けているので明らかに身体への変化が起きています。

  • めまい、睡魔などの離脱症状がなくなった
  • 食べ物がおいしいことになれてしまった
  • 他人のタバコの匂いが嫌になった
  • 歯磨きの時に「オエッ」とえづかなくなった
  • 肌や化粧のりが良くなった
  • 口臭が気にならなくなった
  • ポジティブな気分になった
  • 寝起きが気持ちよくなった

知り合いに人から聞いた話としては、「タバコの匂いが嫌でパチンコ屋へ行かなくなった」「本当にお金が貯まるようになった」と聞きました。
人によって実感は様々あります。今まで考えてもいなかった事が禁煙をすることにより感じる事ができ、結果として肉体的、精神的に変化したので禁煙をしたおかげで大きなものを得ることができたという結果になります。

禁煙1ヵ月経過は大きな1歩なんです

自分の肉体的体験としての印象に残ったのは、禁煙1ヶ月まで強烈な睡魔と発汗に襲われました。仕事に影響する位の強烈な睡魔でした。明らかに禁煙による禁断症状とわかり、睡魔を我慢することが辛く、こんなつらい思いするならいっそ吸ってしまおうと思ったことが、禁煙1ヵ月以内で多々ありました。

しかし1ヶ月を吸わずに乗り越えることができたことは自信にもつながります。

禁煙での最大の敵は精神的な部分

禁煙1ヶ月でも喫煙者に戻ってしまうことも。まだまだ油断できない!
nou

禁煙を1ヶ月すると、肉体にはニコチンは残ってません。ニコチンは身体に依存していないのにも関わらず、禁煙を1ヵ月できた人がタバコを吸ってしまって禁煙を失敗してしまう人が結構多いんです。肉体的にはニコチンは身体に依存していないはずなのに、どうしてタバコを吸ってしまうのでしょうか。

その理由は脳みそにタバコの記憶が洗脳されているからです。

タバコを吸った時の満足感と高揚感を脳みそはインプットしている。脳みそはまた高揚感を得たいと思っています。それが薬物同様精神的依存であり、人間の弱いところでもあります。精神面をしっかりしないと禁煙は失敗してしまいます。チョットの油断で1本を吸ってしまいます。

脳みそに打ち勝つには強い意志が必要です。
ここから抜け出さないと、一生喫煙者で終わり残念な人生しかありません。

この先5年経っても脳みそはタバコを覚えていますので、油断すると喫煙者に戻ってしまいます。
1年禁煙したから禁煙が成功したという事ではありませんのでご注意ください。チョットの油断が喫煙者になるきっかけとなりますので油断はしないでください。

まとめ

まずは1ヵ月禁煙を続けられたことは大変すばらしいです。禁煙は一生続きますので油断大敵ですよね。

長年禁煙していてもふとした時に、タバコを吸ってみたくなる衝動にかられることがあります。身体にはニコチンは依存していなく脳が吸いたい気分にさせるのです。そんな吸いたい気分になっても、「吸いたいけど吸わない」と思うだけで吸わないでも済みますが、そこに何かストレスやイライラが加われば吸ってしまう危険性も潜んでいます。

1ヵ月禁煙成功した人は、次は3ヶ月禁煙成功を目指して頑張っていきましょう!

>【禁煙1週間】驚きの効果と体調激変でキツイ結果とは
>【禁煙1ヶ月】禁煙を続けた結果1ヶ月後の体調変化とその効果
>【禁煙3ヶ月】禁煙を続けた結果3ヶ月後の体調変化とその効果

厳選人気記事一覧