楽天ならポイントでお得!

そうめんに氷水を入れてはダメな理由とは?正しいそうめんの食べ方ってあるの?

そうめんに氷水を入れてはダメな理由とは?正しいそうめんの食べ方ってあるの?そうめんを一番おいしく食べるにはどうしたらいいの?



暑い夏は食欲が落ちてしまいがちですよね。
そうめんは暑い夏の食欲が落ちてしまった時に喜ばれる食事です。

家で食べるそうめんってどんな盛り付けをしていますか?
「水をしっかり切る」か「氷水を入れて麺を浸す」など、家庭によって色々なパターンがあります。

「そうめんの盛り付け方って地域差があるのか?」
「そうめんの正しい食べ方」

上記をご紹介していこうと思います。

そうめんの盛り付け方って地域差があるのか?

地域差というより家庭によって盛り付け方に違いがある

そうめんは「水を切って、ザルに盛り付ける」人もいれば、「氷水の中に入れて出すのが普通じゃないの?」という人もいます。
そうめんの盛り付け方は家庭によってさまざまです。

家庭によって盛り付け方は真っ二つに分かれてしまいます。

食べやすさ優先なら

「水を切るのはそうめんの良さを潰してる」
氷水につけないと、麺がくっつきあってうまくとれない。そのため氷水に入れることにより麺がとりやすくなります。

美味しく食べるなら

「のびると美味しくないので、ざる一択」
水を切らないと麺が伸びやわらかくなるので、しっかり水を切ってから食べる!

そうめんを一番おいしい状態で食べることができるのが大前提だと思いますので、氷水に入れることは考えず、そうめんを美味しく食べるためのを正しい食べ方をご紹介していきます。

揖保乃糸最上級レベルのそうめん食べたことありますか?


播州手延べ素麺 揖保乃糸 三神

そうめんの正しい食べ方とは?

そうめんの食感を損なわず食べることが一番

そうめんは茹でた後に水洗いをし、氷水で締めた後ざるに入れて食べます。

そうめんを水に長時間浸すと、そうめんが水分を吸ってしまい小麦の味とそうめん本来の食感が大きく損なわれてしまいます。

揖保乃糸(いぼのいと)で知られる兵庫県内の製麺業関係者のコメントとしては、「しっかり水を切らないと、麺が水を吸収して柔らかくなり、どんどんマズくなります。一口大に巻いてざるに乗せるのがベストです」とのことです。

どの食べ方が正しいと決めるのは非常に難しいですが、
そうめんの製造元のコメントからも、水を切るのが「美味しい食べ方」であることは間違いなさそうですね。

手間がかかりますが一口大に巻くことで、水に浸さなくてもくっつくことなくそうめんを食べることができます。

どの食べ方が正しいと言えませんが、美味しく食べることを考えれば必然的に水を切ってしまうのかなと思います。

播州手延べ素麺 揖保乃糸 三神

厳選人気記事一覧