2019年お盆休みは何連休?いつからいつまで休み?

お盆休み9連休はゴールデンウィークに次ぐ大型連休!



2019年のお盆休みっていつからいつまでで何連休になるんだろう?
というのは社会人なら気になるところですよね。

連休としては4月5月のゴールデンウィークの10連休以来ですから、お盆休みは気になるところですよね。

お盆休みといえば、旅行や田舎へ帰ったり、お墓参りなどがあり皆さんそれぞれ過ごすかとは思います。

ゴールデンウィークから3か月後がお盆休みです。

8月といえば暑い夏真っ盛りの中、色々用事を済ませないといけないことが多いですが、正直いうと涼みながらゆっくり過ごしたい連休でもあります。

2019年のお盆休みはカレンダーを見ると、大型連休になるになりそうと思ってる方もいると思います。
2019年お盆休みは何連休?いつからいつまで休み?なのかを調べてみましたのでご紹介いたします。

お盆休みカレンダー

2019年のお盆休みは大型連休が期待できるので楽しみ!

お盆休みは国民の祝日なっているわけではありません。
お盆休みといえば一般的に8月13日~16日まで4日間となっています。

11日「山の日」が日曜日なので、12日が振替休日になったおかげで休みがつながるんです。
お盆休み4日間の前後に土日があるで暦通りでみると大型連休になる。

8月10日(土)~8月18日(日)の9連休になる

  • 8月10日(土)
  • 8月11日(日)山の日(祝日)
  • 8月12日(月)振替休日
  • 8月13日(火)お盆休み
  • 8月14日(水)お盆休み
  • 8月15日(木)お盆休み
  • 8月16日(金)お盆休み
  • 8月17日(土)
  • 8月18日(日)

一般企業では大型連休になるところが多いですが、
官公庁(国や地方公共団体の役所・市役所など)や郵便局、各種金融機関、病院などは、土日祝の暦通りの休みになっています。お盆休みは祝日ではないので、通常業務を行っているということになります。

山の日とは?

2016年(平成28年)1月1日施行された「山の日」が増えました。
山の日「8月11日」と定められています。

2019年お盆休みは何連休?いつからいつまで休み?まとめ

2019年お盆休みは何連休?いつからいつまで休み?はいかがでしたでしょうか?

2019年のお盆休みは、ゴールデンウィークの10連休に次ぐ大型連休になってうれしいですよね!2019年は休みいっぱいで令和元年最高といったところですね!

連休って素敵ですよね!

お盆休みの9連休を楽しみ仕事を頑張りましょう!

中小零細の社長なら、社員に休みすぎだと小言を言いそうなくらい長い休みですよね。
社員の方も大義名分で9連休をたっぷり満喫しましょう!

自営業の方は連休なんかとっていられないですよね!
ましてや9連休なんか休んだら潰れてしまいますよね。この時期は稼ぎ時だと思って頑張りましょう!

記事を書いている私も個人事業主なので連休なんてありません。
ひたすら記事を書くのみです。

厳選人気記事一覧