意外に楽天が最安値の時もある!

確定申告するため税務署に持っていく物と申告書類以外に何が必要?

確定申告するため税務署に持っていく物と申告書類以外に何が必要?書類を忘れては本末転倒!税務署へ出かける際は持ち物をチェック!



2018年(平成30年)提出分の所得税および復興特別所得税の確定申告の相談および申告書の受け付け開始は2018年(平成30年)2月16日(金)~3月15日(木)までとなっております。

【提出方法】書き終えた確定申告書類は「郵送やe-Tax」、または「税務署に直接持参する」といった提出方法がありますよね。

ここでは直接税務署に出向き確定申告書類を持参するときに必要な持ち物をご紹介しております。

税務署に持っていくもの一覧

必要書類以外に筆記用具と印鑑は準備の基本

確定申告持っていくもの

  1. 申告書類(申告書AもしくはB)
  2. 白色申告なら収支内訳書/青色申告なら青色申告決算書
  3. 申告する内容により源泉徴収票や控除証明書を添付または提示
  4. マイナンバーカード
  5. ※マイナンバーカードを持っていない方は、番号確認書類(通知カードまたはマイナンバー記載の住民票)と本人確認のための書類(運転免許証、公的医療保険の被保険者証、パスポート、身体障害者手帳、在留カードなど)

  6. 印鑑
  7. 筆記具

確定申告特集ページ(国税庁)

まとめ

税務署にもっていくものはいかがでしたでしょうか?

今回2018年と称しておりますが、これは税務署に直接確定申告書類を持参する時に必要なので、2018年に限らず、2019年以降も持っていくものは変わりません。

書類や印鑑、添付書類など忘れてしまって自宅や会社に戻るといったことのないように、税務署へ行く際はしっかりチェックしたいところです。

早く確定申告を終えホッとしたいですね!

厳選人気記事一覧