趣味から副業まで様々なジャンルの雑記ブログ

パパシャブログ

ガジェット

腕時計のバンド調整は自分でやる簡単な方法

腕時計バンド交換



腕時計のバンド調整は自分でやる簡単な方法

ここでは「割りピン式」のバンド調整について紹介するね。

時計を買ってバンド調整したいけどどうしようって思ってる人参考にしてみてね!

今回この時計のバンド調整をしてみたよ!
MIDOって腕時計聞いたことないって人は多いと思うけど、価格が安いわりには精度が良いから時計好きな人にはちょっと注目されてる腕時計だよ。

腕時計のバント調整は簡単だから、わざわざ店でやる必要もないから、
時計初心者の人はぜひ参考にしてみてね!

超高級時計の場合は、傷や保証の関係から正規店などで対応してもらった方がいいかもね。

自分でバンド調整するまでの経緯

この頃、ネットで腕時計を買った。

ネットで腕時計を買うと無料でバンド調整もしてくれるところは多いけど、自分で手首を測って調整してもらうけどイマイチしっくりこない場合も多いと思うから、調整しないで購入して、持ち込みOKの時計店で有料でバンド調整をした方がいいと思い、札幌地下街の時計店に持って行った。

座って調整するわけじゃなくざっくりと腕を見られた感じ。新品の時計なのにガチャガチャ金属音を出して雑に扱われて不安だった。
店外に出たあとに気がついたけどコマの横を傷つけられてた。
ピンを抜く際に穴から外れて調整ピンがコマにあたった感じに見える。

じっくり調整してくれる感じでもなく、5分くらい待たされて思ってたけど何だかキツイ。
戻るのも面倒だし嫌な顔されそうだからあきらめて帰った。

調整代800円

持ち込みだし価格としては妥当だと思うけど、手首がきつく意味なかったからどぶに捨てた感じ。

しかも新品の時計に傷まで付けられて最悪だ。

こんな嫌な思いするなら
自分でやった方がいいんじゃない?
って思い、早速amazon検索。

ヒットするわするわ。
自分で時計のバントを調整するセット。

価格はどれも1,000円以下のものばかり。
必要最低限度のバンド調整のセットなら500円位でも買える感じ。

セット内容がほとんど変わらないのに、数百円違うとかあるからどれを買っていいのか迷う。
レビュー評価数と星の数をざっくりみて判断するしかないよね。

Amazonでバンド調整はこれを買ってみた

Amazonサイトで10分くらい商品を選んだ挙句、以下の商品にしてみた。

価格も970円(税込)だから、時計屋でバンド調整してもらう金額と大して変わらない。それよりか、このセットで気軽にバンド調整ができるようになれば、時計屋で無駄な出費を抑えることも出来るし、わざわざ電車賃払って時計屋まで行く手間とお金もかからなくなるから買わない手はない。

※価格は2022年6月時点

届いてみると当たり前と言えば当たり前だけど、Amazonで販売内容通りの商品がすぐ届いた。970円で以下のようなセット内容なら十分だよね!

スライド式、ピン式、割ピン式、ねじ式など、様々なバンドのタイプに対応してくれる。裏ブタ開け器までついてるから、クォーツの電池交換もできてしまうのはありがたいね。
時計の初心者なら特に自動巻きタイプはむやみやたらに裏蓋開けない方がいいよね。

  • 打ち込みハンマー
  • ベルト固定用台座
  • 裏蓋開け器
  • バネ棒はずし:1本
  • ピン抜き棒:3本
  • コマ外し:1本(スペアピン:3本)
  • 精密ドライバー:3本

これだけ入って970円なら十分。
時計屋で無駄なお金を払わずに最初からこれにすればよかったよね。


手首17.5cmにケースサイズ44mmを着けても大きすぎない?

目次手首17.5cmにケースサイズ44mmを着けても大きすぎない?手首のサイズ今回紹介する44mmケースの腕時計手首17.5cmでケースサイズ44mmをつけてた見た目手首17.5cmにケースサイズ44 ...

ピン式の腕時計のバンド交換をやってみた

ピン式の交換なら、大体ネジ式のバンド調整工具「コマ外し」だけで十分なんだけどね。

万が一傷がつく場合もあるから慎重に作業を行うことをオススメするよ。

ネジで時計の穴の近くまで近づけておき、金属バンドを台にセットする。
セットする際は、ピンが金属バンドに部分に接触しないように注意しよう!
ひっかき傷ができるかもしれない。

ピンの穴にハマったらねじをくるくる回してピンを出す。
ピンの頭が2~3mm出たらもう回さないでね。

画像のような感じでピンの頭が出たら、手で抜き取れるほど簡単に取れるよ。
これ1つピン抜き完了!この作業を必要に応じて数ヵ所やろう。

時計やピンを抜く場所によっては調整工具「コマ外し」が使いにくい場合がある。
その時は「バンド固定用台座」にバンドをセットして、「ピン抜き棒」を穴にあてて打ち込みハンマーの白い樹脂の方で軽くトントン叩くと簡単に抜けるよ!

割りピンを抜く場合は、金属バンド裏の矢印の方へ押し出してあげてね!
割りピンを差し込む場合は矢印に向かって割りピンを入れて、割れてる方を軽くトントン打ち込んでね。

慎重にやっても2~3分もあれば割ピンを抜くことができるよ。
バンドを抜く位置は、「12時6時側を均等に調整」する方法と「6時側を短く調整」する方法がある。
人によってしっくり違ってくるけど、多くの人は「6時側を短く調整」する方法で調整してるみたい。

6時側を短く調整」する方法でやると、金属バンドを垂らして横から見るとこんな感じ。

片側が短くて、もう片方が長く何だかアンバランスに見えるけど腕に着けると気にならなくなるよ。

実際腕に付けてみるとこんな感じ。
バックルの位置は手首のセンターじゃないけど、手をテーブルや机に置いた時にはちょうどよい位置に感じられる。
バンドの長さの差はほとんど感じられないよね。

横からみても違和感がないと思う。

バンド調整が終わったから、これで買ったばかりの時計を腕にはめて使用することができる。
バンド調整した腕時計はやはりしっくりくる。

時計屋でバンド調整すると、もうちょっとこうしてほしいやっぱり戻してほしいなど、微調整の注文するのにも気を使うけど、自分で調整することができれば自分の納得いく調整ができるようになるから満足度は高いと思う。あと腕時計への愛着もわくしね。

この腕時計ベルト調整セットがあれば、今後時計を買った時も自分で調整できるし、バネ棒外しの工具もあるからラバーベルトへの交換もできる。

ただ自身がないなら自分で交換や調整するのはやめた方がいいと思う。

自信のない人はお店で調整してもらうと良い。特に高価な時計なら、調整代もケチらないようにした方がいいよ。安いお店でやったばかりに傷を付けられたからね。

今回バンド交換した購入したばかりの時計だよ。

機械式の時計って安いものだと精度が悪くて、すぐに時間が狂ってしまう。
このMIDOのオーシャンスターGMTは機械式だけど、私のやつは3日で1秒くらいしか差はない。
個体差はあると思うけど、高精度な腕時計だと思う。

それでいて価格は15万円前後で買えるからお得ではないでしょうか?

オーシャンスターGMTを安く買う方法

オーシャンスターGMTの購入を検討した時に、少しでもお得なショップで買おうと色々探した。

どうせ買うなら購入後のためにも「正規輸入品」がいいよね。
Amazonは156,200円(税込)でポイントが14200pt付くだけ。正規輸入品の商品ってなかなか値下げされないよね。

MIDO オーシャンスターGMT 正規品 2年保証【M0266291105101】

156,200円(税込)が10%引きで140,580円(税込)で買える。
しかもポイントが20,358ポイントもらえる。
それを差し引いて実質120,222円で購入できた。

10%クーポンやポイント還元率の高いセールの日などに合わせて購入しないと、割引率は異なるかもしれないからセールなどをチェックして購入しよう。

もしこの時計が気になった人は参考にしてみてね!

※獲得ポイントは楽天会員の条件によって獲得ポイントは異なるよ。

関連記事

-ガジェット

Copyright© パパシャブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.