子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

赤ちゃんのあせもの原因と治す方法!できやすい場所



赤ちゃんのあせもの原因と治す方法!できやすい場所

赤ちゃんの肌はあせもになりやすい!

赤ちゃんの肌はとってもデリケートなのに汗っかきです。
そのため肌トラブルが多く「あせも」になりやすいんです。症状が軽ければ家庭で十分ケアできますが、そのままにしておくと悪化するおそれもあります。

今回は「赤ちゃんのあせもの原因と治す方法!できやすい場所」をご紹介していきます。

created by Rinker
和光堂
¥803 (2020/11/23 13:52:22時点 Amazon調べ-詳細)

赤ちゃんのあせもの原因や特徴とは?

あせもは、汗が皮膚の中にたまり、汗の出口(汗腺)をふさぐことが原因でなります。汗は尿酸やアンモニアなどの成分が皮膚を刺激して炎症を起こすのです。

赤ちゃんにあせもができやすい理由とは?

赤ちゃんは汗っかきなのであせもができやすい。汗を分泌する汗腺の数が大人も赤ちゃんも同じなんです。
そのため、体の表面積が大人より小さい赤ちゃんは汗腺の密度も高く新陳代謝も活発なので、赤ちゃんは大人よりも汗っかきで汗が多い分あせもができやすくなるんです。

あせもができやすい部分は?

あせもが出来やすいところは汗をかきやすく汗が蒸発しにくい部分です。
肘の内側や膝の裏側、脇の下など皮膚がこすれ合う部位はあせもができやすいです。
特に赤ちゃんは後頭部や背中、首筋、おむつのウエスト周りなどにもできやすいです。
あせものできやすい部分を注意して対処していきましょう。

放置すると悪化することもある

あせもの症状が軽ければ家庭でも治すことができます。
しかし赤ちゃんはかきむしるのを我慢できないので、悪化させてしまうことがあります。

かきむしってしまうと、傷口から黄色ブドウ球菌などが入り込んで炎症を起こし、化膿したりとびひになる恐れがあります。
悪化すると皮膚がただれてめくれたり、発熱したり、炎症を広めてしまうこともあります。
「あせもくらい」を甘くみないできちんとケアしましょう。悪化し炎症を起こし場合は病院で治療しましょう。

赤ちゃんがなりやすいあせもの種類

あせもは皮膚の汗がたまる場所によって3種類ある

1.水晶様汗疹

白く透明感のあるプツプツとした小さな水疱です。かゆみや自覚症状はありません。皮膚の角質層に汗がたまってできます。気づかないことが多く自然に治ってしまいます。

2.紅色汗疹

赤いプツプツができる一般的なあせもです。ほどんどの赤ちゃんのあせもはこれに該当します。
皮膚の少し深い表皮内に汗がたまってチクチクかゆみと刺激があります。赤ちゃんがかゆみを我慢できずかきむしらないように注意しましょう。

3.深在性汗疹

表皮の奥の真皮に汗がたまり、赤みはなく皮膚が部分的にもり上がります。
日本ではほとんど見られず、熱帯などで長時間猛暑の中にいると症状があらわれるので熱中症を伴う場合が多いです。

あせも対策と予防

あせもを治すには保湿と清潔が重要!

以下のポイントに気をつけてあせもケアしましょう。

保湿をする

赤ちゃんの肌大人の約半分の薄さです。
そのためバリア機能が未発達です。

赤ちゃんのお肌は紫外線やエアコンの影響で乾燥しやすいので保湿ケアは必須です。
保湿すると汗によるダメージから肌を守ります。

お風呂上り保湿クリームを塗ってしっかり保湿してあげましょう。

こまめ着替えやオムツを替える

汗をかいた後は、こまめに着替えやオムツ替えをしましょう。

その際は、まずは乾いたタオルで汗を拭きましょう。オムツはウエスト部分に汗を多くかくので、おしっこだけではなく汗のかき具合も定期的にチェックしましょう。また、綿や麻といった吸湿性や通気性のよい素材の衣類を着せましょう。

汗をかいたらシャワーで洗い流す

お昼寝や外遊びで汗をかいたら、ぬるめのシャワーで洗い流しましょう。
熱いお湯を浴びたり、石鹸でゴシゴシ洗ってしまうと、肌に刺激を与えてしまい肌本来の保湿成分が流れてしまい乾燥肌になりがちです。

石鹸で洗うのは1日1回の入浴の時だけにします。それ以外はぬるめのシャワーで汗を洗い流すだけで十分です。
シャワー後は保湿して、清潔な肌着や衣類を着せましょう。

赤ちゃんにあせもができるのは汗が原因です。
かゆみのあるあせもは悪化することがあるので注意したい。保湿やこまめな着替えをしても治らないなら病院を受診しましょう。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.