趣味から副業まで様々なジャンルの雑記ブログ

パパシャブログ

ガジェット

手首17.5cmにケースサイズ44mmを着けても大きすぎない?



手首17.5cmにケースサイズ44mmを着けても大きすぎない?

腕時計を衝動買いしたよ。

しかもケースサイズ44mmを買ってしまった。
初めて買うサイズだから届くまで不安しかなかった。

というのもネットショップで試着もせずに購入したんだよね。だから届くまでは着けたイメージをするためにネットで44mmのケースサイズについてたくさん調べた。

ケースサイズ44mmは手首の細い人には似合わないなんて書いてると不安だよね。

過去に39mmのオメガをしていた時、大き目のフェイスだなって思っていたことを思い出した。
じゃ44mmってどんなサイズよ!って届くまでとにかく不安で仕方なかった。

この投稿では、手首17.5cmでケースサイズ44mmの腕時計をつけた内容を紹介するね。

私と同じような手首サイズで、44mmのケースサイズが欲しいって人の参考にしていただけると幸いです。

手首のサイズ

メジャーで測ってみると手首は17.5cmあることがわかる。
手首15~16cmで細いって言われてるから、17.5cmは平均的な太さと言える。

  • 手首:17.5cm
  • 手首幅:67mm

M026.629.11.051.01

ケースサイズ44mmの腕時計だからと言って全部が全部、腕に装着した時に同じように見えるとは限らない。

ケースの厚み、ラグの幅、ベゼルの形、ベルトの厚みなどに、腕時計によって見え方が異なってくる。

だから決して腕が細くても、大き目なケースの時計が好きならあきらめない方が良いと思う。

とは言っても、ケースサイズ44mmは手首15cm付近であればバランス的に微妙な感じではあるけど、本人が良いと思っていればいいんじゃないかと思う。

基本、ケースサイズ44mmは誰でもつけられるけど、見た目とバランスの問題が良いか悪いかという話だけだからね。

created by Rinker
MIDO(ミドー)
¥165,600 (2022/12/07 01:11:57時点 Amazon調べ-詳細)

今回紹介する44mmケースの腕時計

今回ケースサイズ44mmの腕時計として「MIDO ミドー オーシャンスターGMT」を使って紹介したいと思う。

  • ケースサイズ:44mm
  • ケース厚:13.2mm
  • ラグからラグ:49.3mm
  • ラグ幅:22mm
  • 重さ(フルコマ):205g

手首17.5cmでケースサイズ44mmをつけてた見た目

ネットで購入したから44mmをつけたことが無かったので、ネットで散々検索して44mmの時計をイメージしていた。

いろんな角度から撮ったから枚数多めにアップしておくよ!

手首17.5cm&手首幅67mmの人やそれに近い人の参考になればいいなと思う。

ベルトを変えて見比べる

ケースサイズは同じだから基本的には一緒なんだけど、見える印象は変わってくるよね。

金属ブレスの重厚感がある分大きく見えるかもしれない。

ラバーベルトに付け替えてみた。
ケースとベルトの色が違ったり、ラグに隙間が出来ている分スッキリしているように見えるよね。
軽い印象になって44mmケースも野暮ったさを感じさせない。

メタルバンドの腕時計で、44mmケースやケースサイズが大きいなと思ったらラバーベルトや布バンドに交換すると、スッキリした見た目になっていいかもね。

ちなみに現在はラバーベルトにしたスタイルで使ってるよ。

腕時計バンド交換
腕時計のバンド調整は自分でやる簡単な方法

目次腕時計のバンド調整は自分でやる簡単な方法自分でバンド調整するまでの経緯Amazonでバンド調整はこれを買ってみたピン式の腕時計のバンド交換をやってみたオーシャンスターGMTを安く買う方法 腕時計の ...

いろんな角度から観察

個人的主観で時計もかっこいいんだけど、ケースサイズ44mmを着けていろんな角度の画像のせてみたけど、違和感ないと思わない?

ちょっと引いて撮ってみた。

ラグからラグの幅が手首幅内に収まってるから、圧迫感もなくちょうどよいと思っているけどどうかな?

この腕時計のケースは、手首にフィットするから違和感を感じさせないのかもね。
そのおかげで44mmの大きさを感じさせないかも。

こうしてみると44mmの大きさが気にならない。
手首幅とケースサイズのスケール感を伝える写真撮りは難しい。

写真の撮り方で腕時計が大きく見えるけど、全然そんなことないから気にしないでね。

側面から見た様子だけど、ケースが手首にフィットしているから、ケース厚13.2mmの厚さを感じさせないよね。

ラバーベルトに変えてみた様子

ケースサイズ44mmもベルトを変えれば見た目や雰囲気がガラッと変わるから参考にしてみてね!

ラバーベルトに交換することで、ラグに隙間ができるからかえって圧迫感なく44mmケースもスマートに使えるようになる。

側面の様子だけどどうかな?
メタルブレスの時と違って圧迫感ないよね?
ケースサイズが大きいと思ったらラバーベルトオススメだよ!

ベルトは以下を使ってるよ!
2,000円以下で買えるから安くて気軽に交換できるのがいいよね。大切なメタルブレスを傷つけないためにラバーベルトに付け替えるのもありだよね。

手首17.5cmにケースサイズ44mmを着けても大きすぎない?まとめ

手首17.5cmで44mケースどうだった?

それぞれ感じ方は違うとは思うけど、手首17.5cmではパパシャはありだと思う。
少なくとも紹介した「MIDO ミドー オーシャンスターGMT」の腕時計に関してはだけどね。

手首17.5cmでは、この腕時計で言えばラグからラグが49.3mmなので手首幅の中に収まっているから、手首17.5cmでは44mmケースを着けても大丈夫だと思う。

さすがに手首15cmくらいだと、ラグからラグの幅が手首幅からはみ出してしまう可能性もあるから、バランスと見た目から言えばあまりオススメできないかもね。

最終的には自分で判断するものだから、時計のデザインが気に入っててどうしても欲しいなら44mmやそれ以上の46mmでもいいと思う。

関連記事

-ガジェット

Copyright© パパシャブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.