子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

妊娠線はいつからできるの?予防と消す方法はあるの?



妊娠線はいつからできるの?予防と消す方法はあるの?

こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ@papasha.baby)です。

妊娠をすると妊娠線が気になりますよね。

妊娠線は決して悪じゃないですが、
見た目が気になる人は多く妊婦の一番の悩みですよね。

そんな妊娠線を予防や消す方法はないのでしょうか?完全に消すことはできなくても、せめて少しでも薄く目立たなくしたいですよね。

そこで今回「妊娠線はいつからできるの?予防と消す方法はあるの?」ご紹介します。妊娠線対策としてぜひ参考にしてみてください。


妊娠線とは?いつからできるの?

ここでは妊娠線についてご紹介していきます。
妊娠線って必ずできるの?目立ちすぎる妊娠線になりたくないなど不安がいっぱいですよね。

妊娠線とは?

妊娠線は、妊娠によって急激に起こる体重や体型の変化でできるひび割れのような線です。妊娠線の濃さも個人差があります。

妊娠線はダイエットでできる肉割れのようなものです。肥満気味でダイエット経験のある方ならおわかりですよね?

ほかにも、副腎皮質ホルモンのグルココルチコイドの分泌量が増え、コラーゲンが作られにくくなるため、急激な体型の変化で妊娠線ができてしまいます。

妊娠線はいつからできるの?

妊娠線は、安定期に入りおなかが大きくなり始める妊娠5ヶ月ごろからでき始める人が多いです。
元の体型やおなかが大きくなるスピードによっても出来る時期は若干異なります。遅い人であれば分娩時にできる人もいるので個人差がかなりあります。

妊娠線ができやすい人

妊娠線ができやすいのは、妊娠した女性全般にできるので特にできやすい人は誰という事はありません。やせ型、肥満型、乾燥肌、高齢出産など様々な体系や体質の人も妊娠線はできます。

妊娠線は妊娠によって皮膚が伸びに耐えられず裂けてしまうので妊娠線ができます。傷跡が残りやすいケロイド体質の人は、妊娠線が濃く出てしまう傾向にあります。

妊娠線は消える?

妊娠線は一度できてしまうと年月経過で薄らぎますが完全に消えることはありません。薄くなる度合いも体質などで個人差があります。

子どもを産んだ証として思い出にしておきましょう。

妊娠線の跡が精神的にキツイ人は、レーザー治療などで除去する方法もありますので安心してください。

妊娠線を予防と消す方法はあるの?

私は妊娠線を絶対作りたくない!」とほとんどの妊婦さん思いますが、必ず予防できるという保証はありません。

ただ予防することで最低限の妊娠線に止めることはできるかもしれません。
諦めてしまっては終わりです。

妊娠線対策に最善の努力をしてみましょう。

急激に太らないようにする

食べつわりがひどい人は、急激に太ってしまう可能性があります。
急激な体重増加は妊娠線の原因となりますので、食べ過ぎには注意をして体重管理をしっかりおこないましょう。

適度な運動をする

皮下脂肪妊娠線の原因になります。
運動によって血流を促進することで皮膚の新陳代謝が活発化してくれるので、肌の状態が良くなり妊娠線の防止にもつながります。

皮下脂肪を増やさないためにも適度な運動をしましょう!
ゆっくりとウォーキングで有酸素運動がオススメです。

クリームやオイルで保湿ケアをする

毎日の保湿ケアは最重要です。
乾燥肌の人や乾燥する秋冬は特に念入りに保湿ケアしましょう。専用のクリームやオイルを塗ることでお腹の肉が柔らかくなり、妊娠によって伸びてしまっても耐えられる皮膚に変わっていきます。その結果的に妊娠線の予防効果として効果に期待がもてるんです。

妊娠線予防の専用のクリームを使うと更に効果的です。
念入りに保湿ケアマッサージしてあげましょう。

肉割れ・妊娠線ケアに!プレマーム♪

おすすめ保湿ケア用品

created by Rinker
freioil(フレイオイル)
¥2,178 (2020/11/24 06:08:48時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.