意外に楽天が最安値の時もある!

センゴクアラジンのガスストーブを買ったら製造国はMADE IN CHINA(中国)だったのを買って初めて知った

センゴクアラジンのガスストーブを買ったら製造国はMADE IN CHINA(中国)だったのを買って初めて知った変わらないのはブルーフレームの青さだけ



10月15日発売のセンゴクアラジンのポータブルガスストーブがそれなりに売れてますよね!カラフルなカラー展開なので、キャンパーやインテリアに使いたい人がこぞって購入しているようですね。

私もアラジンの別ブランド「センゴクアラジン」のストーブを購入しました。

国産のALADDINストーブの先入観から、センゴクアラジン製品も国産だと思っていたら「中国製」でした。今やどこの製品も中国製は多いですが、センゴクアラジンまで中国製だったとはちょっとショックでした。

購入前に色々情報収集をしていたけど、どこかのサイトに製造国が一筆記載されていたのかもしれませんが、アラジンだから国産という安心感でそれほど製造国は気にしていなかったと思います。

センゴクアラジンのガスストーブを買ったら製造国はMADE IN CHINA(中国)だった件をご紹介していきます。

アラジンオンラインショップでの製造国の表示

アラジンオンラインサイトの商品ページを確認すると、アラジンストーブには「日本製」と表示されています。

このストーブまで海外で製造するようになったら、日本エーアイシーの工場では何作ってんの?という感じですよね。しかもストリートビューで工場を表示させないのはどうしてなんだろう。

一方、センゴクアラジンストーブには製造国が記載されていない。
そりゃ中国製ですから記載したくないですよね。で

他のセンゴクアラジン製品も記載されていないのでおそらく中国製なんでしょうね。

センゴクアラジンガスストーブの箱を見ると、箱にはこんなマークと文言が印刷されています。

MADE IN CHINA
「この商品は日本国内で企画・設計し、日本管理の品質で製造しています。」

日本人が管理していても中国で作ってることには変わりない。

センゴクアラジンの製品が中国製だというのがちょっとショックだったんですよね。
まぁ時代の流れなんでしょうね。

ビームスからアラジンブルーフレーム限定カラーが出たあたりから、利益を重視しているように見え、、別ブランド「センゴクアラジン」を立ち上げてからは、別注や限定などといった今風の売り方に走るようになりましたよね。
中国で低コストで作りガスストーブとしては高額な32,400円~35,640円という価格で灯油ストーブより高い価格で販売している。これは国産で作るよりも断然利幅が大きいですよね。

こういう状況をみて、アラジンファンだった自分はがっかりしたんです。

一応センゴクアラジンストーブを買いましたが、これからセンゴクアラジン製品を購入する予定の人が製造国を確認したい時のために、情報として記事にしてみました。参考になれれば幸いです。

変わらないものはアラジンの「ブルーフレーム」の青さだけでした。
他は色々変わっていきますね。

企業が生き残るには、製造コストを下げて高く売らないと生き残れないですから仕方ないというところでしょうか。

しっかりとした管理体制で箱に印刷されているとおり、
「この商品は日本国内で企画・設計し、日本管理の品質で製造しています。」なのですから、いいなと思う人は買えばいいですね。

厳選人気記事一覧



おっさんの臭いが気になったらこれを使え!