ヘリノックス「コットワン」の組み立て方!寝心地は?

ヘリノックス「コットワン」の組み立て方!寝心地は?キャンプで使うコットはヘリノックス一択しかない!



コットといえば「ヘリノックス」ですよね。
憧れのヘリノックスの「コットワン コンバーチブル」のコヨーテタンを購入しました。
価格は38,340円(税込)で値下げもされない商品なので、いざ自分が買うとなると、この価格で買うのを躊躇してしまいそうになるほどの高級品なんです。

ただ高いわけじゃなくコットの中でも寝心地は群を抜いているほどです。
見た目そっくりの1万前後のコットも多くありますが、コットワンとではシートの張りも細部の作りも全然違うんです。

ヘリノックスのコットは「一生モノ」と自分に言い聞かせて、思い切って買っちゃいました。ずっと欲しくてポチりたくて数年も我慢していたんです。

もちろん嫁には内緒で買ったんです。
まぁいづれバレるんですがね。

当分はこづかい無しを覚悟して、辛い時はこのコットワンを触って慰めようと思っています。コットワンの存在ってホントすごい。
おこづかいの少ない私をも購入へ至らせるほどの魅力ある商品なんですから。

今さらですが、コットワンを購入して開封や組み立ての様子、寝てみた感想などをご紹介していきます。

数多く存在しているコットワンを紹介しているブログの一つとして、購入の判断材料にでもなれれば幸いです。

コットワンを安くてお得に買う方法

少しでも安く買い無いなら「楽天市場」がオススメ!

コットワン コンバーチブル」は価格38,340円(税込)ですが、人によってはポイントが4,000円分位は付くので実質34,000円以下でも買えるかなりお得!

既にポイントが少しでもあれば、コットワンがかなり安く買えてしまいます。

そしてさらに。。

↓↓楽天で買物してさらにポイントを稼ぐ方法をご紹介
ハピタス新規会員登録のやり方!楽天市場で買物してポイント倍増

コットワン コンバーチブルを組み立て方

初めてでも迷うことなく簡単に組み立てることができる!

チェアワンと同様の袋です。
個人的にはブラックより好きな色。カッコいいです。

キャンプまで未開封でしまっておこうと思いましたが、組み立てずにはいられなくなりました。せっかく高いお金払って買ったんだから、色々と楽しまないといけないですよね。

勢いあまってチェアワンのコヨーテも買ってしまいました。
チェアワンはアウトドアな人じゃなくても一脚は持っていたいチェアです!
チェアワンのたたみ方や使用レビュー

透明のビニールを開けるだけでもドキドキです。
これで開封品になってしまった。

スタックバッグは引っ掛けやすくなっています。

スタックバッグを見回しただけでもカッコイイ。
ヘリノックスのロゴを見ているだけで癒されますね。

早速、スタックバッグのファスナー開封。
シートの色はスタックバッグとはちょっと色が違いますよね。

これが「コヨーテタン」の色合いです。
単体で見ると「コヨーテ」っぽくも見えますよね。

中身を取り出してみました。
スタックバッグに入ってるときには、フレームにシートが巻いてある状態になっています。
この形を覚えておきましょう。

スタックバッグにしまう時には同じ状態でしまえば、コンパクトにしまうことができます。

コットワンには以下の内容となっています。

  • スタックバッグ
  • シート
  • フレーム
  • 説明書

組み立てる前に「取扱説明書」でもみておくといいかもしれません。
パーツを見る限りでは、組み立ては難しいとは一切感じられませんね。

ビニールと太い輪ゴムでフレームは留められています。
ヘリノックスの「ベルクロタイ」を買ってうまくまとめたいところです。

フレームを入れる巾着も欲しいですが今探し中。
どうせならカッコよく使いたいですよね。

コットワンをしまう際、また輪ゴムをはめてビニール袋に入れますが面倒臭さを感じました。

フレーム2本、脚3本、シートとパーツが少なくシンプルです。
パーツが少ないということは組み立ても早く簡単ということ。

脚のジョイントを組み立てる際に、反対に差す人がいるようですが画像の脚の形が正しい状態となります。簡単なことですが、初めて組み立てる人の中には間違えてしまうこともあるようです。

ライトコットは脚が4本あるので、コットワンの方が組み立てが早いんじゃないかと思います。

コットワンが凄いと思ったこと

この辺は人それぞれ感じ方が違いますが、私の場合は組み立てで唯一「すごい」と思ったのが一か所あります。

それは長いフレームを左右シートに通した際、フレームが飛び出て戻ってこないようにシートにストッパー的なものがあることです。(説明が下手ですいません)

さすが4万円近くする商品ですよね。
シートには適度にテンションが効いてるので、全体のシートの張りにも影響が出てくるので大切なポイントでもあります。

コットワンに寝てみた感想

初めて寝てみてぶっちゃけこんなもんなんだという感想を持つ

コットって初めて寝たんですが、買う前から色んな人のレビューを読みまくって、コットワンに寝たことが無いのに寝たことがあるくらいの知識だけは持っていたつもりで実際に寝てみた感想をお伝えします。

寝た一番の印象は「シートの張りがハンパない」と思いました。
試してないですが、玉を落としたら跳ねそうなくらいです。
実際に指で弾くと「ビーン」ってシートが響きます。

安価な張りの無いコットで寝るよりは断然寝やすいんだろうなというのは、寝ないでも製品を触っただけで伝わってくる完成度の高さを感じさせます。

寝るとフワフワするので、せっかくコットワンを使ってるので、評価の高いマットとしてTHERMAREST(サーマレスト)「Zライト ソル」を敷いて使うと安定感が出るし寝やすいと思います。

ただコットワンが寝やすいという多くのレビューを鵜呑みにしてましたが、実際にコットワンに寝てみた感想ですが、正直それほどの感動はしなかった。

もちろん硬い地面で寝るよりはコットワンで寝る方が全然寝やすいですし、数あるコットの中で評価の高いヘリノックスのコットワンは、他のコットよりは寝やすいのはよくわかります。

キャンプの経験値の高い人なら、コットワンは自宅のベッド以上に寝やすいのかもしれませんが、私は自宅のベッドの方が寝やすいと思いますし、コットはキャンプのみの使用で十分と思いました。

私は身長176cm体重80kgですが、寝るとフレームに肩が当たる。

ライトコットは買わないでよかったという気持ちにさせてくれます。

ライトコットは軽くていいんですが、小柄な人に向いてるコットです。
身体の大きな人は、軽さにつられてライトコットを買ったら後悔するかもなので、私と似たような身長体重の人は、コットワンを買うことをオススメしたい。

キャンプの楽しみ方は人それぞれです。
現実社会で家で寝ることから離れ、テントでの「睡眠」もま楽しみの一つでもあります。
圧倒的に1泊のキャンプが多いと思いますが、その1泊を快適な睡眠ができるようにコットは良いものを選んでおきたいですね!

ヘリノックスの「コットワン コンバーチブル」はホントおススメです!

厳選人気記事一覧