意外に楽天が最安値の時もある!

格安SIMでWi-Fi環境!一人暮らしにオススメ!据え置きWi-Fiルーターが安すぎる!

格安SIMでWi-Fi環境!一人暮らしにオススメ!据え置きWi-Fiルーターが安すぎる!自宅で使用頻度はちょっとで安くネットを使いたい人に最適!



SIMフリーの据え置き型Wi-Fiルーター「HUAWEI LTE CUBE E5180」が格安価格で販売されているのでご紹介していきます。

中には箱汚れなどがある商品もあるようですが、未使用の商品が3,980円(税込)で売られていて驚きですよね。

想定される使用用途としては、これから一人暮らしの人が自宅でインターネットする人が、できるだけ安くネットにつなげたい人にオススメです。

格安SIMを使って自宅をWi-Fi環境にできる

Amazonなどでも「>SIM 無線ルーター」で検索すれば、1万円を切るモデルがたくさん出てきます。昔に比べて気軽に買いやすくなりました。

プロバイダーに申し込まなくても、自宅でしかもWi-fiでインターネットができるようになったんです。

>オススメSIM 無線ルーター一覧

SIMフリー機の大半はドコモ系の格安SIMを認識することができます。どこのインフラを使用しているかを購入前に、無線ルーターを確認してください。

ちなみに楽天モバイルはドコモ系のインフラを使っています。

モバイルルーターやスマホでテザリングもそうですが、本体がもの凄く熱をもってしまいます。自宅でスマホやモバイルルーターを通してインターネットするとどうも落ち着かないんですよね。
HUAWEI LTE CUBE E5180なら、据え置きを前提に作られているので部屋に設置しておけます。電源もコンセントからなので、バッテリーの心配はありません。

HUAWEI LTE CUBE E5180 白 無線 WiFi ルーター 送料無料

対応バンド数 LTE:B1/3/7/8/20/38、UMTS:B1/B8
Wi-Fi IEEE802.11b/g/n 2.4GHz
接続数 最大32台
セキュリティ VPN、Multi-APN WEP、WPA/WPA2
SIMカードサイズ microSIM

格安SIMを使えば自宅で格安インターネット

メール受信やインターネット閲覧する程度なら格安SIMで自宅でネット

下の画像を見てもらうとわかりますが、お持ちのスマホやタブレット、ノートPCと接続したり、自宅のPCが有線LANしか付いてなくてもLANポートも付いてるので、接続してすぐにインターネットすることができます。

動画を見ないなら正規プロバイダに申し込んで月額4,000円以上かかるなら、格安SIMの方が安くておススメです。

>オススメSIM 無線ルーター一覧

スマホのテザリングでPCでネットのデメリット
  • 大手キャリア3社なら有料の場合がある
  • スマホや電話が使えない
  • 切り替えは瞬時じゃないので時間がかかる
  • スマホ本体が高温になる
格安SIM会社の毎月の料金と容量

楽天モバイルのデータSIMプランを参考にしています。
ご紹介したSIMフリーの据え置き型Wi-Fiルーター「HUAWEI LTE CUBE E5180」は「Micro SIM」を使用しているので、この機器で使用する場合は格安SIM会社で「microSIM」を選択してください。

  • 3.1GB:900円
  • 5GB:1,450円
  • 10GB:2,260円
  • 20G:4,050円

コストパフォーマンスに優れているプランとしては、3.1GBの900円のプランです。

以下、月々3.1GBでできることですが、かなりできると思います。
こうしてみると30日で割ると、1日40分youtubeを見ることができます。

  • youtubeなら約20時間
  • メールなら12万通(文字)
  • line無料通話なら3時間
  • ウェブなら7500回(ヤフートップ)

楽天で買い物する人なら間違いなく「楽天モバイル」がオススメ。毎月の料金もポイントで支払えるのはかなり便利ですよ!

格安SIM&据え置き型Wi-Fiルーターの使用は以下ご注意
  • 毎日動画を観るような人には不向き
  • オンラインゲームを長時間も不向き
  • 常時接続されるサービスに不向き
  • 大容量なアップロードやダウンロードに不向き

要するに大きなデータをやり取りする人は「格安SIM&据え置き型Wi-Fiルーター」には向いてないという事です。
その場合は、自宅にインターネットを引きたい場合は、人気のプロバイダー「ビッグローブ光キャンペーン」でキャッシュバックを受けて加入するのがお得かと思います。



厳選人気記事一覧



おっさんの臭いが気になったらこれを使え!