意外に楽天が最安値の時もある!

カーリングの玉(ストーン)1個の値段はいくら?重量やサイズは?あのブラシってデッキブラシ?

カーリングの玉(ストーン)の1個いくらするの?重量やサイズは?カーリングの試合より玉や用具が気になりませんか?



平昌(ピョンチャン)オリンピックで、日本カーリング史は初めての歴史的なメダルを獲ったことで有名なカーリング女子。

皆さんもテレビでカーリング女子の応援にくぎ付けだったんじゃないかと思います。
カーリングのリールが知らない人でも、数試合テレビで観戦していると何となくルールが掴めてきて面白く感じてくるんじゃないかとは思います。

カーリングを見ていて試合以外に、皆さんは色々気になる点があるんじゃないでしょうか?

試合中に気になるカーリングで使われている、「カーリングの玉(ストーン)」や選手がゴシゴシ氷を擦るデッキブラシのような「カーリングブラシ」についてご解説していこうと思います。

これでカーリング用具に関する疑問は解決できると思いますよ!

氷をデッキブラシの正体は?

競技人口少ない割には意外と安いカーリングブラシ

そんな詳しくカーリングを見ない限り、氷の上をデッキブラシでゴシゴシしているようにしか見えませんよね。

ブラシの先端の素材

カーリングブラシの先端は「ナイロンパッド」を用いて作られているものが多いです。
氷の上に霜がある状況では「毛ブラシ」を使用することもあります。毛ブラシを使用している時に見るとデッキブラシでゴシゴシしてるようにしか見えないのも納得ですね。

価格

安いもので4,000円から高価なものではグラスファイバー製の20,000円位するものまである。

スピードスケート、アイスホッケー、フィギュアスケートなど氷上のスポーツって、さあ始めようと思っても一人では始められず、どこかのスポーツチームに所属しないといけません。競技人口の少ない競技のスポーツ用具って高価なイメージだと思いますが、カーリングブラシって意外に安くて驚きですよね。

カーリングストーンの値段は?

やっぱりそれなりに高価だったカーリングストーンは値段は予想通り?

カーリングストーン

カーリングストーンとは、一般的なスポーツじゃなく競技人口が少ないため生産量も少なく製造コストもかかるため、野球ボールを買うみたいな安いものではありません。なので、カーリングストーンは非常に希少価値のあるとても高価なものです。

カーリングストーンの価格(値段)

カーリングストーンは16個セットでの販売となっており、16個セットで価格は165万円と非常に高価な価格です。

ばら売りはしていませんが、1個当たり約10万円となっております。

過去の長野オリンピックモデルを例に挙げてみます。
カーリングストーンは世界選手権やオリンピックでも公認された「ケイボンスビル」をオススメです。

  • Aタイプ:165万円(1セット16個)
  • Bタイプ:13万円(1セット16個)
  • レンタル:10万円~30万円(1セット16個)

カーリングストーンの重量やサイズは?

見るからに重そうなカーリングストーンはやっぱり重かった!


重量

カーリングストーンの1個の重さは20kg

サイズ

直径約30センチの円盤型です。
選手がストーンを掴んでいる時に大体スケール感は想像できますよね。

カーリングストーンはどうして高価で値段が高いの?

では、何故こんなに高価なのかというと、1個約20kgの円盤型の石に取っ手を付けたものに独特の加工を施します。

取っ手部分の色は赤、黄などで製品化され、材質は花崗岩製で、その中でも高密度で強度と滑りやすさに優れたスコットランドのアルサクレッグ島(en:Ailsa Craig)特産の石を使用。

それぞれの素材や加工には手間とコストがかかることからカーリングストーンは高価なものとなってしまうのです。

だが、100年以上は使用できると言われているが、事実はまだそこまで使用されてない。

基本的にばら売りはされてなく16個のセット販売となっています。値段が高価であることと競技する人たちが限られていることを理由に個人入手は困難となっております。個人的にどうしても欲しいのであればもちろん買う事は可能ですが高価で軽自動車が買える金額になるような事だけは覚えておいてください。

厳選人気記事一覧



おっさんの臭いが気になったらこれを使え!