楽天ならポイントでお得!

夏のボーナス(賞与)の支給日はいつ?支給額はいくらもらえるの?【2018年度版】

夏のボーナス(賞与)の支給日はいつ?支給額はいくらもらえるの?【2018年度版】夏のボーナス支給日っていつだっけ?毎年もらってても忘れてしまう



会社勤めをしていると「ボーナス(賞与)」は一大イベントあり楽しみに一つですよね。ボーナスのために働いている人がいるくらいボーナスって素敵ですよね!会社員になっている唯一のメリットといえますね。

新入社員の人も満額じゃないかもしれませんが初めてのボーナスは楽しみですよね!

ボーナス支給日まで、欲しいものをチェックする人もいれば、1円も手を付けず貯蓄に回す人と使い道は人それぞれですよね。

2018年夏のボーナスの支給日や支給額などご紹介してきます。

2018年夏のボーナス支給日っていつ?

夏のボーナス支給日は公務員と民間企業で違いがあります。

公務員:6月30日、大手企業:6月10日ですが、どちらも土日にぶつかり2018年は前倒しになっています。

  • 公務員:6月29日(金)
  • 大手企業:6月8日(金)
  • 民間企業:7月初旬

公務員や大手企業は支給日がしっかり決ま手ちますが、民間の特に中小企業だと支給日にかなりばらつきがあるようです。中小企業に関してはボーナスが出るだけマシという事もあるので、支給日がばらつきがあっても支給されればラッキーですね。

2018年夏のボーナス平均支給額を大公開!

民間企業(特に中小)では夏のボーナスは基本給の1~1.5ヶ月分で、多くても2ヵ月分といったところが相場のようです。大手企業なら夏冬合わせて6ヶ月分を超えるところもありますので、うらやましい限りですよね!

私も会社員の時は、夏と冬それぞれ給料の1.5か月分でした。業績に応じてボーナスは変動しますが、下がることはあっても上がることはほとんどありませんでした。

でも中小企業ならボーナス無しのところが全体の4割前後あるようなので、出るだけありがたいといえますね。
ただ中小企業のボーナスは社長の考え次第のところもあり、社長の人間性も問われますよね。節税のために車を買わないで、社員へボーナスとして還元してほしいものです。業績がいいのにボーナスの出ない会社は社長に難ありなので、ボーナスの出る会社に再就職しましょう!

ボーナスの計算方法

基本給×1(ヵ月)=〇〇〇円

この〇〇〇円が支給されるボーナスになりますが、そこから以下の各種保険が引かれます。

  • 雇用保険
  • 厚生年金
  • 健康保険
  • 介護保険(40歳以降の方が健康保険料に含む)
  • 所得税

そして差し引かれて残った金額が手取りとして支給されます。ボーナス(賞与)も給与所得扱いなので、課税の対象になります。

ボーナスだから気持ちよく何も差し引かれないで沢山もらいたいですが無理なようですね。

1年2回しかもらえないボーナスですが貯金しないでパーっと使いたいものですね。

厳選人気記事一覧