楽天が最安値の時も多い!

楽天スーパーポイントと楽天キャッシュの違いとは?ポイントの使い分け方法

楽天スーパーポイントと楽天キャッシュの違いとは?楽天のポイントってわかりづらい楽天市場ではどちらのポイントでも買い物は気にせず使える



ネットショッピングで皆さんよく利用される楽天市場で「楽天のポイント」が多くつくから買物した経験のある人は多いかと思います。保有ポイントをチェックすると色んな呼び名のポイントがありややこしいところもありますが、ポイントは大きく分けて二つのポイントがあります。それは「楽天スーパーポイント(楽天ポイント)」と「楽天キャッシュ」です。

皆さんよく目にするのは前者の「楽天ポイント(楽天スーパーポイント)」で、お買い物をすると貯まるポイントとなっており、楽天キャッシュは楽天グループでのみ使える電子マネーのような位置づけのようなものとなっており、どちらもほとんど同じように扱われています。

「楽天キャッシュ」と「楽天ポイント」は楽天市場で買物としては基本同じ

例えば「楽天スーパーポイントが2000ポイント」、「楽天キャッシュが3000ポイントある場合」は合計5,000円の買物を一度に使うことができます。

楽天スーパーポイント

楽天ポイントと楽天キャッシュの違い

楽天ポイント(楽天スーパーポイント)と楽天キャッシュの違いについて

楽天ポイント 楽天キャッシュ
入手方法 ・楽天市場でのお買い物で付与
・楽天カードの利用で付与
・楽天ポイントカードの利用で付与
・楽天市場のキャンペーン
・購入
・楽天アフィリエイト
有効期限 最終利用から1年間
ただし、期間限定ポイントは延長の対象外。
獲得から10年間
利用制限 1回のお買い物で3万ポイントまで
1カ月で10万ポイントまで
1回のお買い物で10万円まで
換金 不可 楽天銀行へ換金可能
(手数料10%)
ポイント移行 楽天証券(投信買い付け)
楽天Edy
ANAマイル
不可
ポイント譲渡 不可 可能ですが、手数料50円(税別)が必要

楽天ポイントと楽天キャッシュを表にして比較してみました。
楽天キャッシュは入手方法がかなり限られているのがわかります。

楽天キャッシュは楽天カード(クレジットカード)で購入すれば手数料無料で購入できますが、購入するメリットは今はありません。過去に楽天市場のお店hでクレジットカード使用が不可のお店があった時に、楽天キャッシュで利用するということでメリットはありました。現在ではカード使用不可のお店は無いので、楽天キャッシュを使う必要性が無いのです。

アマゾンギフト券のように人に贈ることができますが、全ての人が楽天を使っているとは限らないので、ギフト券や図書カードを贈った方が喜ばれると思います。

楽天キャッシュの現金化は手数料が気になる

楽天キャッシュは現金化することは可能です。ただし10%の手数料が必要になってしまいます。法外な手数料にすることで現金化する人が少なく結果的に、そのポイントでまた楽天内でお買い物をさせるのでしょうか。

楽天キャッシュと聞くと、楽天スーパーポイントよりも現金に簡単に交換できそうな名前とイメージがありますが、実際は違うという事ですね。

2万円なら手数料が2,000円もとられてしまいますので、それなら楽天で2,000円の商品を買った方が圧倒的にお得です。

楽天ポイントと楽天キャッシュはどちらを先に使えばいいの?

使い道の多い楽天ポイントを残した方がお得がいっぱい!

楽天ポイントの方が楽天内で使えることが多いので楽天ポイントを残した方がお得です。
手数料を払ってでもいいから現金化をしたいのなら楽天キャッシュを選んだらいいのではないでしょうか。

楽天ポイントは使い道が多い

まず、利用の汎用性を考えた時、楽天ポイント(スーパーポイント)の方が使い道が広いです。

  • 楽天ポイント加盟店で使用できる
  • ANAマイルや楽天Edyと交換できる
  • 楽天証券を通じて投資信託の購入が可能

楽天スーパーポイントは、楽天ポイントとしてアプリやポイントカードを使い実際の加盟している店舗で使うことができます。

その他使い道としては、マイルなどのへポイントを移行することができるという大きなメリットもあります。

楽天キャッシュは意外と使いにくい

「楽天キャッシュ」とは楽天市場の中でしか使用のできないポイントです。ポイントを使う機会があれば、まずは楽天キャッシュから消化していった方が効率的といえます。

楽天市場で買い物をするとき、「楽天スーパーポイント」と「楽天キャッシュ」のどちらも所有している状態で買い物を進めてポイントを使う画面になった時、デフォルトでは楽天キャッシュを優先して使われるようになっています。

期間限定ポイントがある時は注意

楽天キャッシュを優先をオススメしたいですが、例外としては保有する楽天ポイントに「期間限定ポイント」がある場合は、楽天ポイントを優先すると良いかも知れまs年。

「期間限定ポイント」とは使用期限の短いポイントです。楽天ポイント加盟店では利用できますが、ANAマイルや楽天Edy等との交換はできないポイントです。交換に制限のあるポイントであるため、期限が近い場合は期間限定ポイントである楽天ポイントを優先的に使う方が効率的です。

厳選人気記事一覧