楽天が最安値の時も多い!

【大凶出た人必見】おみくじ「大凶」の確率とは?大凶を引いたらやるべき3つの事

おみくじ「大凶」の確率とは?大凶を引いたらやるべき3つの事噂には聞いていた大凶を引いたらどうする?



お正月といったら初詣におみくじを引きますよね!
新年最初の運試しといったところですね!

おみくじを引いたならやはり「大吉引きたい!」ですよね。
逆に引きたくないおみくじといえば「凶」や「大凶」だと思います。

おみくじで「大凶」を引く確率

そもそもおみくじに「大凶」が入ってる神社はごくわずか

テレビ番組での検証では100件の神社やお寺に調査をし、その結果おみくじに「大凶」が入ってるところは4件という結果でした。

おみくじを500回引いた結果

テレビでの検証として出目は以下の通りです。

圧倒的に「吉」の出現率が高いですね。
引いた方も「吉」なんて微妙なもの引きたくないですよね。面白くないというか無難というか。

「大吉」って「大吉・小吉・末吉」はほぼ同じ確率だなんて意外。簡単に出るんですね。

そして問題の「大凶」の出現率1.2%と超レアですね!
1/83で83回引いて1回出る計算とは恐れ入ります。

出目 500回引いた内訳 出現率
大吉 70回 14.0%
中吉 37回 7.4%
小吉 74回 14.8%
222回 44.4%
末吉 72回 14.4%
19回 3.8%
大凶 6回 1.2%

大凶を引いたらやるべき3つの事

おみくじは縁起ものなのでちゃんとした対応とは?
しょせん紙キレと言ってしまえばそれまでですが、そんなこと言いだすと物事全てそれに当てへ目るとダメダメな感じになりそうです。

おみくじは縁起ものなので、「大凶」が出た時くらいちゃんとした対応をしてみたいものです。大凶を引いたらやるべきことをご紹介していきます。

内容をしっかり読む

誰もが「大吉」や「凶」などと書かれている吉凶判断の文字ばかり見て判断しがちですが、おじくじとは、吉凶判断するために引くことが目的ではなく、その内容を今後の生活指針としていくことが大切なのです。

「凶」や「大凶」なら、悪い結果だと気になってしまいます。大切なのは「中身」なのでまずはおみくじの内容をしっかり読むことが大事なのです。例え「大吉」であっても内容によっては悪いものもあり、「凶」であっても意外に前向きなことが書かれている場合もあります。

「大吉」であってもその結果から、のんきに構え努力をしない人には幸運もやってきません。反対に「凶」であってもそれを「戒め」として改心し、日々の生活を身を引き締めて送ることで運が開け幸運がやってくることもあるのです。

捨てたりはしない

「凶」や「大凶」を引いて縁起が悪いからと捨ててしまう人がいるようです。
おみくじとは、お札やお守りなどと同様に神々の魂が込められているとされています。そのため捨てるということは、罰当たりな行為となるのです。

特に結果が悪いからといって粗末に扱うような人には、幸運が訪れるとは考えずらい。

おくみじで「凶」や「大凶」が出てしまいショックでも、内容をしっかり確認し、寺社の境内の木に結び、お札やお守り同様に大切い扱うようにしましょう。

もう一度引き直す

おみくじで悪い結果が出た場合、引き直すことは悪いことではありません。実際に引き直す人は大勢います。

「おみくじ」とは、吉凶判断を目的で引くわけじゃありません。おみくじで大切なことは、おみくじにかかれている内容です。吉凶判断だけを目的に一喜一憂するものではないのです。しかし「大吉」を引いた場合必然的に書かれていることは否めませんね。

おみくじは、神様からのメッセージを受け取るような意味合いもありますので、何度も引き直すことで、本来のメッセージを受け取れないこともあります。

おみくじと良い結果を引くことが目的ではないという事です

1本勝負に意味がある。
くじを当たり引くまで引き続けるのとはちょっと意味が違います。

まとめ

大凶の確率と引いたらやるべき3つの事いかがでしたでしょうか?

大凶は引いたことがない人がほとんどじゃないでしょうか。
大凶を扱ってる神社など少ないですからね。

もし引いてしまって気にするような方は、おみくじの正規のやり方で処理したらよいかと思います。おみくじは縁起ものなので気にする人いると思いますからね。

おみくじで大凶を引いても落ち込まないでください。所詮は人の作った印刷物なので意味はないです。

私の主観ですが低い確率のものを引き当てるなんて縁起が良すぎます。大凶はサイフにしまっておきたいですね。引きが良いことから、宝くじなんか試しに買ってみるのも面白いかもしれませんね。と思います。

今年も一年良い年になるといいですね!

厳選人気記事一覧