楽天ならポイントでお得!

日焼けしても皮がむけない方法!肌をキレイに守る6つの対策

日焼けしても皮がむけない方法!肌をキレイに守る6つの対策日焼けしないように対策することで皮もむけづらい?



夏は日差しが強く、日焼けする季節です。
海にプールにアウトドアにと楽しいことがいっぱいです!

熱い夏は紫外線が強く、日焼けするつもりじゃないのに気がつけば日焼けをしてしまうんですよね。

普段から肌には気を使っていたにもかかわらず、油断して日焼けをしてしまったら今まで小まめにスキンケアしてきたのに、かけてきたお金も肌も台無しになってしまいますよね。

そこで「日焼けしても皮がむけない方法!」と「肌をキレイに守る6つの対策」をご紹介していきます。

日焼けするとどうして皮がむけるの?

日焼けとは火傷のようなもの皮が再生した時の死んだ皮膚がむける

日焼けするとどうして皮がむけるの?

日焼けすると皮がむけるのは誰もが知っていることですよね。

日焼けすると皮がむけるのは、太陽の紫外線を大量に浴びてしまい、皮膚の細胞が死んでしまうからです。

その後、死んだ皮膚の下から新しく皮膚を再生され、古い皮膚が押し出されてしまい皮がむけるんです。要するに、皮がむけるという事は、皮膚が再生している証拠なんです。

日焼けで皮がむけないで肌をキレイに守る6つの対策

皮がむけた後はしっかりケアしないと跡が残って大変!
日焼けしても皮がむけないようにする6つの対策をご紹介していきます。

1.紫外線量の多い時間に外出はしない

日焼けして皮がむけるのは、紫外線によって肌がダメージを受けているのが原因です。対策としては「紫外線を浴びない」ことが一番の対策になります。

しかし社会生活を送ってる以上は外出しないといけないので、紫外線の多い時間を知ることも対策になります。
紫外線の多い時間帯は日差しの強くなってくる10時~16時までの間です。この時間帯は外出を控えると紫外線対策に効果あります。

2.紫外線を防ためサングラスなど活用する

紫外線の多い時間帯に外出する際は、紫外線カットするものを着用などするとかなり防ぐことができます。

紫外線カットの衣類などもありますが、気軽に使うことのできるものが便利だと思います。
紫外線から目を守る「サングラス」や直射日光から守る「日傘」があれば、外出時の紫外線から肌や目を守ることができます。

Torege 偏光レンズ サングラス 超軽量 TR90 UV400 紫外線カット

Amazonでもかなり売れているレビュー数が多く人気の日傘です。

Ombrage 完全遮光 100% 日傘 ショートパラソル 親骨50cm

3.日焼け止めをしっかり塗る

日焼け止めを塗るか塗らないかで、肌へのダメージはかなり変わってきます。

日焼け止めは、紫外線をカットする効果があるので、肌へのダメージを和らげてくれます。日焼け止めをこまめに塗るのは、面倒に感じるかもしれませんが肌をキレイに守るためには、日焼け止めを塗ることを忘れないでください!

ニベアサン プロテクトウォータージェル SPF35/PA+++ ポンプ 140g

4.肌を保湿する

日焼けした後の肌は炎症を起こしている状態で乾燥しやすいです。

日焼け後のダメージを受けた肌には、水分補給や保湿クリームなどを使って肌の乾燥を防ぎましょう。

日焼け後はしっかり保湿のケアをすれば、早く元の肌に戻ってくれることでしょう。

お風呂やシャワーに入った時は、肌を強くこすらないように注意しましょう。

アロエエキス配合で日焼け後のお肌に潤いを与えてくれる人気のローション!

日焼け後のお肌に! ベラリス 128g

5.皮を無理にむかない

日焼けしないように気をつけていても、日焼けってしてしまうものです。

日焼けをしてしまったら肌をケアすることは大切ですが、日焼けして一番やってはいけない「皮を無理にめくること」です。むきたい気持ちをグッと我慢して、自然にはがれるまで待ちましょう。

自然に皮がはがれ落ちることは、肌へのダメージが最小限に抑えることができるのです。

6.抗酸化作用のあるものを食べる

肌の色はメラニン色素が影響しています。

メラニン色素とは、紫外線から肌を守ったり、肌を修復するために分泌され、徐々に色が白く戻っていきます。
それも新陳代謝が悪いとうまく働かなくなります。

そこで新陳代謝の働きをよくするために、野菜や果物など、抗酸化作用が多く含まれているものを食べるようにします。

その他ビタミンCやポリフェノールも、抗酸化作用を促進させる働きがあります。ポリフェノールは果物や野菜、魚に多く含まれているのでしっかり摂りたいところですね!

リンゴポリフェノール

日焼けしても皮がむけない方法!肌をキレイに守る6つの対策

いかがでしたでしょうか?

日焼けしないようにすることが一番いいんですが、外出する以上無理なので、日焼け対策と紫外線に注意してください。

日焼けしたら、家ですぐに冷やしましょう。冷やすか冷やさないかではその後のダメージが変わってきます。
火傷をすぐに冷やすか冷やさないかと同じ意味合いです。

日焼けしたところは、繰り返し日焼けしないように注意しましょう。肌へのダメージが深刻になってきます。

できる限りの日焼け止め対策し、肌を守りながら夏を乗り切りましょう!

厳選人気記事一覧