楽天ならポイントでお得!

まぐろの初競りとご祝儀相場が高い!まぐろ漁師の取り分(収入)っていくら?

マグロの初競りとご祝儀相場が高い!マグロ漁師の取り分(収入)っていくら?数千万円で落札されるまぐろって漁師はいくらもらえるんだろう?



新年を迎えて1月5日から市場が始まり、まぐろの初競りがおこなわれます。

初競りではご祝儀相場が加わり、高額な値段がつきテレビやネットなどで毎年話題になるニュースですよね。
通常の相場よりも高く落札されるご祝儀相場って正月早々、景気がよく、なんだか縁起のよいニュースだなと思いますよね。

毎年の初競りで驚くほどの落札価格のご祝儀相場ですが、色々想像しちゃいませんか?
「これって宣伝広告費?」「経費で落ちるのか?」「儲かるのか?」など考えちゃいますよね。

その中でも気になる、初競りのご祝儀相場やそれを携わる漁師の収入などご紹介していきます。

まぐろの初競りについて

まぐろの初競りは初市である毎年1月5日に執り行われます

正月三が日を含め、1月1~4日までは築地が休場なので、5日が初市なので、それに合わせて初競りが行われます。

通常は一般の人も競りを見学することができますが、初市や繁忙期では一般公開されません。
一般の人が競りを見学できるのは、1月15日位から見学可能です。
見学したい人は市場に問い合わせてみると良いでしょう。

毎年のまぐろの初競りとご祝儀相場について

毎年築地のまぐろの初競りの価格には驚かされますよね!

毎年行われる初競りの中、2018年1月5日も築地で初競りが行われました。

毎年、「すじさんまい」の社長が落札していましたが、2018年は仲卸の大手で有名な「やま幸さん」が落札し、テレビで話題になってましたよね!

すじざんまいが今年落札しなかったのは、お店も安定したため、宣伝広告費としてもう十分だから落札しなかったのかな?なんて思ってしまいますね。

初競りご祝儀相場(最高値)
  • 2018年
  • 青森県大間のクロマグロ(本マグロ)ご祝儀相場:3,635万円(1kgあたり9万円)
    重さ405kg、長さ2.6mの超大物!寿司にすると13,000貫握れれうそうです。

  • 2017年
  • 青森県大間のクロマグロ(本マグロ)ご祝儀相場:7,420万円(1kgあたり18万円)

まぐろの初競りでの漁師の取り分(収入)

初競りで高額落札されたら漁師はいくらもらえるか気になりませんか?

初競りでは信じられないほどの高額で落札されるまぐろ。ご祝儀相場なんて言われて景気も縁起もよく、見てて何だか気持ちいいですよね。

そんな高額で取引されたけど、まぐろを釣り上げた漁師にも取り分(収入)があるのか?あったら一体いくらくらいになるんだろう?と気になったことありませんか?

実際どれくらいもらえるのか?ということと、競りについても「通常の競り」と「初競り」は仕組みが異なりますので併せてご説明いたします。

通常の流れ

仲卸業者を通して小売店に卸します。昔ながらのグレーな世界があり、仲卸業者が儲かるための流れと言っても過言ではないですね。しかし日本は中間業者が多すぎますよね。余談失礼しましたs。

  1. 漁師がまぐろを漁獲する
  2. 組合の市場などで競りがおこなわれる
  3. 仲買人は競り落としたまぐろを消費地の市場に出荷
  4. 仲卸業者が買い付け
  5. 小売店へ卸す
初競りの流れ

初競りでは直接築地に運ばれてくるので、中間業者は関係ないので漁師への取り分は大きくなります。

初競りでは、落札した仲卸業者は開場した築地市場に代金を支払います。
築地市場は手数料を引いて、信用漁業協同組合連合会が管理する漁師の口座に現金が支払われ振り込まれます。

手数料の内訳としては、輸送費、施設費用代や競りにかかった費用が含まれます。こうした費用を差し引かれた残りが漁師への取り分となるのです。

  1. 漁師がまぐろを漁獲する
  2. 直接築地へ出荷する

ざっくりとですが税金などの関係で
売値の6~7割が漁師の取り分(収入)

例)3,500万円で落札されたなら、2,100~2,450万円が取り分(収入)ということになります。

それでも大金を手に入れることには変わりありません。
最高額で競り落とされた漁師は、名誉でもあり最高にうれしいようです。

まぐろ漁師の収入(年収)っていくら?

ご祝儀相場のように最高額で落札されると漁師への取り分(収入)が多いことは理解したかと思います。諸経費はかかるものの、まぐろ漁師は他の漁師と比較すると年収は良い方なようです。

それぞれもらえる収入(年収)をご紹介いたします。

  • 新人のまぐろ漁師の場合
  • 網元により変わってきますが、年収300~600万円程度となっております。新人と言えど、命にかかわる仕事なので、一般的な職業よりも高めです。

  • 一人前のまぐろ漁師の場合
  • 年収500万~1000万円程度となっています。20代から漁師になり、30代でようやくこのような収入になります。

  • まぐろ漁師の船長の場合
  • このクラスになると、年収1000万円以上となります。
    船長クラスになると年収は高いですが自営のような場合、船のメンテ費用や維持費などが直接かかってきます。年間を通して漁獲量を維持していかなければいけません。もちろん翌年も翌々年もずっと獲らなければ収入に結びついていかないので、厳しい世界でもあります。
    まぐろ漁師になりたいと思い、すぐに就ける仕事じゃないですが夢のある職業ですよね!

厳選人気記事一覧