趣味から副業まで様々なジャンルの雑記ブログ

パパシャブログ

アウトドア

【ワークマン】ケベック2023年モデル購入!2022年モデルとの違い比較

ワークマンケベック

【ワークマン】ケベック2023年モデル購入!2022年モデルとの違い比較

円安が続き世間では値上げの嵐の中、ワークマンのケベックは値上げをせずに売られてる。
これってスゴイよね。

某メーカーの防寒ブーツで19,800円など高価なものもあるけど実用性はイマイチ。

その点コスパと実用性を考えればケベックは優秀過ぎる。

そんな防寒ブーツのケベックは価格1,900円(税込)っていうんだから驚きしかない。
何かのために1足欲しくなってしまうくらいの安さ。

接地面から4cm防水」は、ケベックシリーズ変わらずの特徴の一つ。
水が浸入することなく防水効果が効いて、雪が解けたグチャグチャの道などにはケベックは大助かり。

ソールのパターンも過去のケベックと変わらない。
ソールは柔らかい素材を使ってるせいか滑りずらいのは良い。

ケベック2023年と2022年モデルの違い(変更点)

ワークマンのケベックは毎年何かしらのアップデートされる。
その結果、年々完成度が上がってきている。

毎年モデルを購入している私としては、毎年ケベックを購入するのが楽しみで仕方ない。

2023年と2022年モデルを比較してみたら紹介するね。

ドローコード位置の変更

画像では左が2023年モデル。右が2022年モデル。

過去モデルではドローコードが前面についていたが、2023年モデルではドローコードは背面についている。
前面のドローコードがないことで、前面の見た目はスッキリとした印象になる。

ドローコードは使わない人は、全く使わないものだから背面に移動するのは良いと思った。

ステッチのパターン変更

画像では左が2023年モデル。右が2022年モデル。

見比べると明らかにステッチのパターンが変わってる。

個人的感想だけどステッチのパターンは、2023年の方が流れるラインで洗練されている感じがする。

ステッチのパターンを変えることで、強度や耐久性が変わるのかな?

防水部分の厚み変更

画像では左が2022年モデル。右が2023年モデル。

この箇所の正式名称はよくわからないけど縦の幅が短くなった。
画像で見比べると2023年モデルの方がスッキリシンプルになってるよね。

ロゴプリントがタグに変更

画像では左が2023年モデル。右が2022年モデル。

どちらのモデルにもロゴが付いてるけど、2022年モデルは生地に直接黒く「FieldCore」プリントされていたけど、2023年モデル上部に「FieldCore」がタグが小さく付いている。

2022年モデルのロゴはちょっとダサく主張が強すぎと思っていたので、2023年モデルはシンプルなタグタイプになってホント良かった。

ワークマンケベックの重さ

2022年モデルと2023年モデルのケベックをそれぞれ1足ずつ測ってみた。

数個を検証したわけじゃなく、個体差があるかもしれないから何とも言えないけど、2022年と2023年では重さが若干違う。

2023年モデルの方が9g重い結果となっている。
プリントロゴからタグへ変更」によりタグの布の重さが加わったり、「ドローコード位置変更」によって数g重くなったのかも?しれないね。

「軽さ=チープ感」にとらわれがちだけど、軽い防寒ブーツを履いてみると、その軽さと扱いやすさに感動を覚え軽い防寒ブーツしか履けなくなってくる。

そんなことからも、ケベックの軽さは魅力の一つなので、少しでも軽く作ってくれると嬉しい。

ケベック2022年モデル

重さ242g

ケベック2023年モデル

重さ251g

インソール(中敷き)について

上の画像は新品の中敷きです。
ケベックの中敷きも軽い。価格なりのチープさを感じる作りだけど、印刷された文字は鮮明に表示されている。

このインソール(中敷き)は2022年モデルからも変更点がない。
抗菌防臭加工「DEOPUT(でおプット)」と言われているインソール。どこまで抗菌と防臭の効果があるかはよくわからない。

下の画像はワンシーズン12月~3月まで履いたインソールの状態

重心などの関係で個人差はあるので参考程度にしてね。
キレイに履く人ならこれほどダメージにならないかもしれないけど、通勤や雪道を歩く時って余計な足の力が加わるから中敷きに足の指の荷重がかかりやすいかもしれない。

この状態のインソールを使うと、足の中が常に気になってしまう。

ケベックの弱点である「インソール」を、Amazonで人気のあるインソールに替えて記事を紹介してるからぜひ読んでみてね!

ワークマンケベック
【ワークマン】ケベックのインソール(中敷き)は弱いから交換して履き心地UP

目次【ワークマン】ケベックのインソール(中敷き)は弱いから交換して履き心地UPワンシーズン履いたケベックとソールの状態ワンシーズン履いたケベックのインソール(中敷き)の状態コスパ良いオススメのケベック ...

これケベックに敷いたら履きやすかった!
2セット入って安くてオススメだよ。

【ワークマン】ケベック2023年モデル購入!2022年モデルとの違い比較まとめ

ワークマンのケベックは年々細かなアップデートを繰り返して完成度を高めている。
今回2022年モデルと2023年モデルを比較してみたけど、個人的感想だけど2023年モデルは、2022年モデルを超える完成度になっている。

これから防寒靴を買おうと思ってる人はぜひ1足ワークマンのケベックの購入を検討した方がいいと思う。

メインで高価な防寒靴を持っていたとしたら、予備で持っておくのも良いかもしれない。

なんせ価格1,900円(税込)だから気軽に買いやすいよね。

関連記事

-アウトドア

Copyright© パパシャブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.