趣味から副業まで様々なジャンルの雑記ブログ

パパシャブログ

ガジェット

レノボのノートパソコンはコスパ良すぎ!Macを使わなくなった理由



レノボのノートパソコンを買ったらMacBook Airが要らなくなった

こんにちは!パパシャです。

この頃外出が多くなりノートパソコンが欲しくなりました。
使用用途は「ブログ記事作り」、「ネット閲覧」、「Youtube」といったところです。

重い作業はしないのですが、カッコいいノートパソコンが欲しいということでMac Book Pro・Airがいいなと思い、価格.comで商品を少しでも安く買おうとチェックしていたんです。

以前、Mac Book Pro2017を持っていたのですが、ほとんど使わなかったのでヤフオク行き。

使う時に限って無いのでノートパソコンを買うことにしたんです。

基本は「Mac好き」
安いWindowsノートパソコンには一切興味ありませんでした。

それがどういうわけかレノボのノートパソコンを買ってしまったんですよね。
どうしてレノボのノートパソコンを買ったのか?好きなMacBook ProやAirを選択しなかった理由はどうしてなのか?
決して予算が無くて買わなかったわけじゃないんです。

「レノボのノートパソコンはコスパ良すぎ!MacBook ProやAirがいらなくなった理由」をご紹介していきます。

レノボのノートパソコンはコスパ良すぎ!MacBook ProやAirがいらなくなった理由

ノートパソコンの価格と実用性を考えるとLenovoがお得!


この頃特にPCでの作業は、費用対効果を考えるようになった。
会社や家がMacっていう人該当しないので読まないでいいです。

MACは確かにノートパソコンの中でもデザインもカッコよく性能もそれなりに良い。
それなりの価格で販売されてますから、性能が高いのは必然的で当然なのです。

MACを所有すると「特別感」を感じられるのも遠い昔の話。
今では当たり前にありふれていますからね。

会社や自宅PCではWindowsを使っているのに、ノートパソコンはわざわざMacっていうのもなんだか変な話です。

元々Windowsを使っている人が、Macを持っても、フォントも使えないし、EXCELやWord、フォトショップ、イラストレーターもすべてWindows用ってことが多い。なのに、なぜMacノート?ってことになる。

結局買ったMacBookを使いこなせずにヤフオク行きになってしまうんです。

その点、Lenovoの安いノートパソコンを買うと、Windowsマシンなので互換性もバッチリ!

MacBook系を持っていると、液晶、パームレスト、ボディーの傷に気を使い、キーボードカバーしたり、充電回数も気になったりと、パソコン本来の扱い方ができなくなって不自由さを感じるんです。

その点、Lenovoのような安いノートパソコンを使うと、Macほど傷も気にならなくなります。

MAC製品は中古でも買取やヤフオクで売ってもそこそこ高い値段で売れる。
要するにリセール率が高いんですよね。

逆に安くLenovoのWindowsノートパソコンを買うことができれば、売る際には大体底値で買っているので、中古としてヤフオクに売っても買った時よりちょっと安くなる程度のダメージで済むので、Macとさほど変わらないリセール率になることが多いんです。

レノボ・ショッピング 楽天市場店

Lenovoのノートパソコンを最安値で購入!

楽天にもLenovo公式サイトがあるのでポイントや割引で実質最安値!

パパシャは「直販 ノートパソコン:Lenovo Ideapad S540 AMD Ryzen 5搭載(14.0型 FHD/8GBメモリー/256GB SSD/Windows10/Officeなし/ミネラルグレー)【送料無料】」を購入しました。

このモデルのシリーズって以下のような内容になっています。

  • ボディー:金属
  • モニター:IPSのHD
  • キーボード:バックライト
  • メモリー:8GB
  • ドライブ:M.2
  • 指紋認証

これだけ揃って5万円台のノートパソコンには見えなんですよね。
こんな感じの装備を見ると、価格が約倍のMacBook Pro・Air買う気になれますか?

ずっとマックユーザーだったパパシャも驚いています。
MACノートの約半額で買えて、それなりのデザインや性能なんだから満足できますよね。これが10万円だったら話は変わってきますよ。

このノートパソコンが5万円台で買えるというところが凄いと思います。

レノボ公式サイトの方では、53,698円(税込)で販売され、「レノボ・ショッピング 楽天市場店」の方でも同額なんですが、楽天はポイントが付与されるんです。

楽天で買い物すればポイントがもらえるっていうのは、楽天で買い物する人には常識な話ですよね。それが「レノボ・ショッピング 楽天市場店」でももらえるんですから、こっちで買った方が断然お得だという話です。

価格.comでも予想つかない実質最安値で買うことができるんです。

53,698円(税込)に対してポイントが6,063ポイント付与され、差し引くと47,635円(税込)で買えてしまうんです!

最安値で買う方法をざっくりご紹介しましたが、こちらの記事「レノボ(Lenovo)のノートパソコンを実質最安値で買う方法」でご紹介しています。

Lenovoのノートパソコンを実際に購入してみた

安いノートパソコンとは思わせない売れ筋モデル

実質47,635円(税込)で購入したノートパソコンはやはり人気で、目安納期は「3~5週間程度」と、ガジェット好きやすぐに欲しい人には途方もなく長い納期です。

意外とコンパクトな段ポールで送られてきます。
納品書や送り状などベタベタ貼って嫌だなと感じましたが・・・。

箱を開けると、もう一つダンボールが入ってました。
本製品がキレイなダンボールに入っていて安心です。さすがに伝票ベタベタはないですよね。

ノートパソコン本体

金属のボディーはシンプル。付属品はACアダプターのみ。

一昔前ならプラスチックのボディーで安っぽかったんですが、「Ideapad S540 AMD Ryzen 5 14.0型」は安っぽさを感じさせない!むしろカッコイイって思います。
MacBookのスペースグレーに似ている感じですよね。

ちょっと前ならこのサイズの液晶の解像度は1368×768としょぼい液晶でしたが、今では1920×1080のHD解像度。MacBookのRetinaに比べたらHDは狭いですが、価格も価格なので1920×1080のHD解像度でも満足と言えば満足ですかね。

液晶はノングレアで映り込みもないです。

この価格でキーボードはバックライトが搭載されているんです。指紋認証も付いてるしトラックパッドも今風でボタンもなくシンプル。

シールペタペタは気に入らなかったら剥がせばいいですね。

本体重量

「Ideapad S540 AMD Ryzen 5 14.0型」本体のみの重量は1.38kgです。
一昔前ならこのくらいも価格とインチのサイズなら1.8kgくらい行ってもおかしくない重さでしたが、金属ボディーにも関わらずかなり軽いですよね。

本体重量比較

  • Ideapad S540 14:1.38kg:5万円
  • MacBook Pro 13.3:1.37kg:13万円
  • MacBook Air 13.3:1.25kg:11万円

決して「軽い」とは言えませんが、「重い」わけではありません。
MacBook Proとは10gしか差がない。
Airとは130gの差です。

高さ(厚さ)比較

  • Ideapad S540 14:17.9mm
  • MacBook Pro 13.3:14.9mm
  • MacBook Air 13.3:15.6mm

以前にMacBook Proを持ってましたが、3mmの差はほとんど感じさせない。
並べて比較したらわかるんでしょうが、単体で使っていれば「厚い」とは思わない。

「重量」と「高さ」を比較してみましたが、コスパの良さはやはり「Ideapad S540 AMD Ryzen 5 14.0型」になるのではないかと思います。

ちょっとの差というものが、大きな差と思う人もいると思いますが、その辺こだわらない人ならこの差はさほど気にならないはずです。

電源とアダプター

AppleのACアダプターを知っていたら、
このACアダプターの安っぽさは否めない。まぁ仕方ない。

差し込みはAppleのようには可動しません。

これ専用の差込かな?
この辺は詳しくないのでよくわかりませんが、

MicroUSBで電源がとれるようになれば便利なんだけど。
モバイルバッテリーからUSBで電源供給はできるのかは不明です。

コンセントにACアダプターを指してみると意外にデカい。

ノートパソコン+モバイルモニターで最強!

安いノートパソコンと併せて使えば最強の作業環境に返信!

ノートパソコンの解像度の表示領域では狭いと感じたことありませんか?
ウィンドウを2枚並べたり、自分の使いやすいように画面を使いたいと思いませんか?

パパシャは「Ideapad S540 AMD Ryzen 5 14.0型」を出先で使用する予定です。

使用用途は「サイトを閲覧しながら文字打ち」「画像編集し+文字打ち」という感じで2つの作業を同時進行させます。なので、HD画面領域だけではどうしても狭くなり1画面では効率が悪いんです。

自宅でもデュアルモニターっていう人は多いですが、ノートパソコンでもそれと一緒ってことです。
ブラウザを画面いっぱいに開いてYahooを表示させたら、余白の広さがわかるかと思います。

景色の画像を全画面で開いてみましたが、発色も問題なくキレイだと思いませんか?IPSパネルで視野角もいいし、画面が明るすぎるのでこれでも明るさを結構下げている状態なんですよ。

重量・サイズ・厚さ

重量は529gとなっています。
500mlのペットボトルに重さが近い考えればいかがでしょうか?
13.3インチの大きさで529gですから実際には軽く感じるんですよね。

軽い分持ち運びにも便利ですね。

モバイルモニターは13.3インチとなっていますので、「Ideapad S540 AMD Ryzen 5 14.0型」と重ねても横幅はほとんど一緒ですが、縦の数センチ小さくなっています。

0.7インチの違いなので、液晶部はほんのちょっと大きい程度で並べても違和感がないです。

モバイルモニターの厚さは8mmで薄くて扱いやすい。

Amazonで「モバイルモニター」で検索すると多くの商品が表示されます。どれも似たような商品に見えてどれを選んでいいか正直迷います。

この「ユーラック 13.3インチ モバイルモニターMDS-13307」は価格が安いのに2K解像度2560×1440と表示領域が広いんです。
同価格では1920×1080が多い中、2560×1440と表示はありがたいですよね。

ご紹介したモバイルモニター

Amazonで15,000円前後で購入できます。(2019年11月時点)

それともう一つ今回ご紹介したモバイルモニターは以下の商品です。

ユーラック 13.3インチ モバイルモニター/モバイルディスプレイ 2560*1440@60hz 2k IPS液晶パネル ミニHdmi*2 Switch/XBOX/PS4/PS3など対応 3年保証 MDS-13307

15.6インチや10インチ、4K・HDモニターと色々なタイプや類似品が販売されています。2Kモデルなら、今回ご紹介したモニターがお得かと思います。

似たような製品がいっぱいありますので、レビューを参考にしながら、気に入った1台を見つけてみてください。

付け加えて残念なところ

残念なところが改善されれば最高にコスパ良いノートパソコン

ご紹介したノートパソコン安くてすごくいいんですけど、残念なところが何点かあるんですよね。
振れていなかったのでここでご紹介します。

  • バッテリー持ちが悪い
  • 5万円以下で買ったノートパソコンなので文句は言わないようにした方がいいかもしれない。改善しようがないので、こういうものだと思い使うしかない。

  • モバイルバッテリーから電源供給ができない
  • 仕様だから仕方ない。PD対応モバイルバッテリーなどで検証もしたけどダメでした。

  • Wi-fiの接続が切れやすい
  • 対処法として「Intel Dual Band Wireless-AC 9260」などWifiモジュールを付け替えれば改善できる。※但し保証外

これが改善出来たら最高だしさらに売れるノートパソコンになると思うんだけどな。

買うかわからないけど次のモデルに期待ですかね。

レノボのノートパソコンがコスパ良すぎてMacBook ProやAirがいらなくなった理由まとめ

いかがでしたでしょうか?

レノボのノートパソコンを使ってみる気になりましたか?
まぁレノボに限らず、DELL、HP、ASUSなど安いノートパソコンがこの頃コスパが良すぎるんです。

その中でも特にレノボのノートパソコンは、安いのに見た目のデザインがカッコよくや性能もそこそこ高くて、初心者からそこそこ使うユーザーまでオススメのノートパソコンなんです。

MacBookってカッコいいけど価格は高い。

パソコンで価格以上の価値を見出していますか?

動画編集や書き出し、大きな画像の編集などにはちょっときついかもしれませんが、それ以外の作業エクセル・ワード、フォトショップやイラストレーターなら、問題なく使えます。もちろんYoutubeも快適に使えます。

買っても後悔しないレベルの金額だと思いますので、気になる人はぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

関連記事

-ガジェット

Copyright© パパシャブログ , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.