意外に楽天が最安値の時もある!

アスパラのゆで時間は?固め・柔らかめ好みの湯で時間とは?

アスパラのゆで時間は?固め・柔らかめ好みの湯で時間とは?アスパラを好みの固さでゆでる時間とは?



スーパーなどでアスパラを買い、いざ茹でようと思ったら、アスパラって何分茹でたらいいんだろう?とアスパラの茹で時間は、毎日食べるものじゃないのでつい忘れがちになってしまいますよね。

アスパラの好みの固さは人それぞれです。
沸騰したお湯に2分入れると良いですよ!とは言えませんよね。
固め・柔らかめとアスパラはちょっとのゆで時間で、柔らかさがかなり違ってきます。

このページをご覧になったという事は、さてこれから茹でよう!という寸前じゃないかと思いますので、カット方法や洗い方などといった細かいことは省き、アスパラはどれくらいの時間、茹でたらよいのかを紹介していきます。

ブロッコリーをゆでる時間

基本は沸騰したお湯で1分ゆでるとほど良い歯ごたえにゆであがる

アスパラをゆでる時は、一般的な大きさで中強火1分半を目安に考えて、アスパラの太さに応じて細い場合は30秒短く、太い場合は30秒長くゆでるのがちょうどよいです。そこからお好みの固さに応じて茹で時間を調整します。

茹で過ぎてしまうと、せっかくアスパラに含まれる多くのビタミンやカリウムその他の栄養分が流れ出てしまいます。そういう意味でも1分30秒ほどゆでることをオススメしたいです。

少し固かったかな?と思っても、冷ましている時に余熱が入るので大丈夫です。アスパラはザルにあげたら、そのまま置いて冷やしてください。水で冷やしてしまうと水っぽくなってしまいます。

歯ごたえのある固め

【茹で時間目安】1分30秒(太さで30秒前後する)
アスパラの固い食感を好む人には1分30秒ほどゆでるのがよいです。
太いアスパラは、1分半では中まで火が通らない場合があるので30秒長い「2分」を目安に茹でましょう。
細いアスパラは、1分半では仲間で火が通りすぎてしまい柔らかくなってしまうので、30秒短い「1分」を目安に茹でましょう。

ほどよい柔らかさ

【茹で時間目安】2分~3分以内
歯ごたえのある固さが1分半、そこから30秒~1分半ゆでますがこの間でもかなり柔らかくなってしまいます。竹串などで刺して柔らかさを途中確認するのが良いでしょう。お好みの茹で時間を覚えておくと今後迷わずに好みの固さに茹でることができます。

柔らかめ

【茹で時間目安】3分~4分
柔らかい食感を好む人にちょうど良い茹で時間です。
幼児やお年寄りに与える場合も柔らかくしたものが食べやすいでしょう。

アスパラの栄養

アスパラはアスパラギン酸が非常に豊富です。
アミノ酸の一種で新陳代謝を促し、疲労回復やスタミナ増強に効果があります。利尿作用により、腎臓や肝臓の機能回復にも効果的です。

カロチンやカリウムも豊富に含まれており、皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きや高血圧予防などに効果的です。

ゆであがったアスパラは、湯気が立ち鮮やかな緑色で美味しそう!
好みにもよりますが、ちょっと固めにゆでたアスパラにマヨネーズをつけて食べると美味しいですよね!
夏の楽しみに一つでもありますよね!

厳選人気記事一覧