楽天が最安値の時も多い!

タバコの煙は周囲の人への健康被害と悪影響をおよぼす理由

健康被害タバコ吸っても他人へは一切迷惑をかけるべからず



この頃、喫煙場所の締め付けが強くはなってきてますが、まだまだ所かまわず喫煙する人が多く、その場を通ったり居合わせた非喫煙者の方は不愉快な思いをしていることと思います。
ここでは喫煙者の方にタバコのリスクはもちろんのこと、周囲への悪影響などをお伝えしたいと思います。

タバコは全てのがんを高めるリスクをもっている

タバコの煙には4000種類の化学物質が含まれており、その中の200種類以上が有害物質となっており、そのうち約60種類には発がん性物質になっております。これらの有害物質は主に肺から吸収されますが、口腔や起動、胃、腸管からも吸収され、全身の臓器に影響やダメージを与えます。
タバコと最も縁のある病気であるがんは、肺がんをはじめ喉頭がん、咽頭がん、口腔がんとすべて、タバコの煙が触れる部分のがんが大半となっています。しかし、タバコの有害物質は血液にも入りますので血液が全身に運ばれ、胃がん、食道がん、肝臓がん、すい臓がん、膀胱がん、子宮頸がんなど、タバコの煙が直接触れていない臓器などにもがんのリスクは高まります。肺がんだけがタバコでなるがんではありません。

タバコは心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすリスクが大きい

心筋梗塞や脳梗塞などの発症する原因としては、食事や運動など様々な生活習慣が関係してきます。
タバコには、血中の悪玉コレステロールであるLDL-コレステロールをを増やし、善玉コレステロールであるHDL-コレステロールを減らす作用や、血液を上昇させる作用があります。それらの相互作用によって動脈硬化が進行し、狭心症や心筋梗塞などの心疾患、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患などのリスクが高まるのです。

受動喫煙は家族や周囲の人の健康を害する

タバコを吸わない人が、自分の意志に関係なくタバコの煙を吸い込んでしまうことを受動喫煙といいます。受動喫煙による健康被害は、喫煙者を上回る害をもち社会問題になっております。タバコの煙には、喫煙者が吸う「主流煙」と吐き出す「呼出煙」と吸わない状態でタバコから立ちのぼる「副流煙」があり、最も有害物質が含まれているのが「副流煙」となっており、受動喫煙では、「副流煙」と「呼出煙」が混ざり合った煙を非喫煙者が吸わされてしまうのです。

一日でも早く禁煙を!

早く禁煙

タバコをやめると病気のリスクがどんどん減る

喫煙期間が長く、喫煙の本数が多いほど、タバコによる病気のリスクは高まります。
しかし、すぐにでも禁煙をすることができれば病気のリスクは確実に減るのです。5年後には脳卒中のリスクが非喫煙者のレベルまで下がり、10年後には肺がんで死亡するリスクが半減します。そして禁煙15年で虚血性心疾患のリスクが非喫煙者のレベルまで下がるのです。
今からでも決して遅くはないので、一日でも早く禁煙して病気のリスクを下げることを考えた方がいいです。自分のためであることはもちろんのこと、家族や周囲の人を巻き込まないためにも禁煙を実行しましょう。
血圧や中性脂肪、LDLコレステロールなどの脂質、血糖値、尿酸値などの診断結果が基準値を上回っているようならば、すぐにでも禁煙を実行しましょう。

禁煙のコツ

禁煙のコツ

禁煙を成功させるコツとは

禁煙をスタートする前に、まずは喫煙による悪影響を正しく理解し、禁煙にはどのようなメリットがあるかを十分理解しましょう。

禁煙とはタバコを1本も吸わないことです。本数を減らしたり、軽いタバコに替えても何の効果もなく禁煙にはなっていません。
ただ、禁煙するとぞ「いきなり一生吸わないぞ」と目標を掲げてしまうと、精神的負担が重いので、今日1日1本も吸わないという気持ちで禁煙をスタートして1日1日を確実に禁煙し続けていきましょう。

禁煙のメリットとは
  • 自分や身の回りの人のガンなどの病気のリスクが減る
  • 肌の調子が明らかに良くなる
  • 食事がおいしくなる。
  • 咳やタンがなくなり、呼吸がしやすくなる
  • 部屋や服にタバコのニオイつかなくなる。
禁煙中にタバコを吸いたくなったら
  • ガムやアメを食べてごまかす
  • 水やお茶など水分をとる
  • うがいや歯磨きをする
  • 深呼吸をする
  • 散歩や運動などする

禁煙外来や禁煙補助剤を検討する

禁煙外来

長年続けた喫煙の習慣のせいで、重度のニコチン依存症に侵されています。ニコチンの影響によりもう自分の意志だけでは禁煙するのが難しい場合もあり、重症なことに気がついていない方の禁煙は相当辛いとおもいます。
そのような場合、まずは「ニコチンガム」や「ニコチンパッチ」などの禁煙補助剤から試すのも方法の一つです。ただし、タバコと併用てしまうとニコチンを多量に摂取することになりますので非常に危険です。禁煙の気持ちが強い時におススメします。
また、医師による禁煙指導が受けられる禁煙外来もあります。禁煙外来では、禁煙に関するアドバイスを受けられ、禁煙の治療薬が処方されるため、禁煙の成功率はグンと高まります。もちろん禁煙外来へ行っても禁煙に失敗する人はいますが、試してみる価値は十分にあるという事です。

まとめ

今さらいうことでもありませんが、喫煙にはデメリットしかない。
自分の死ぬ確率を上げて人に迷惑をかけるだけです。

またあなたのタバコの煙で不快に感じている人は周囲に沢山いる事を十分理解してください。

禁煙したい人は強い意志を持ち、一度しかない人生の貴重さと有難みを考えてみてください。自ずとタバコをやめられるんじゃないかと思います。

タバコをやめることができたら、何よりも気分がいいんです。やめることができた優越感を持つことができ、健康志向へ変わってしまうこともあり生活が良い方向へ向かっていきます。禁煙が成功すると満足感に満たされるんです。

禁煙を成功させ新しい自分、本来の自分へ戻ってみてはいかがでしょうか?

どうしてもっと早く禁煙しなかったのか後悔するとおもいます。

厳選人気記事一覧