ケーキ屋の売れ残ったケーキの行方とは?ケーキ好きには気になる!

ケーキ屋の売れ残ったケーキの行方は?ケーキ好きには気になる!売れ残って廃棄するケーキを欲しいと思ったことありませんか?



ケーキってみんな大好き美味しいスイーツ。
ケーキって毎日食べたいけど、高価だから1週間に1回ご褒美に買う程度でしょうか?

いつも思うんですが、ケーキって生菓子なので日持ちしませんよね?
ケーキの種類によっては翌日も販売するケーキもあるとは思うんですが、日持ちのしないケーキは当然その日に売ってしまわないといけません。

ケーキ好きには非常に気になりますよね。
どうせ捨てるなら欲しいと思ったことありませんか?

売れ残ったケーキの行方をご紹介していきます。

ケーキ屋の売れ残ったケーキの行方とは?

売れ残りのケーキは主に3つのどれかに該当します

有名店や百貨店のケーキ屋

従業員などに値引きもしくは無償配布するようです。
営業中は値引きをせずに販売します。そこで売れ残ると、従業員など値引きして売ったり無料であげたりします。一般のお客さんには値引き販売や無料配布は一切しません。ケーキ屋のブランドや商品価値をさげてしまうことが理由です。

その後、余ったものはゴミとして廃棄されます。

ケーキ廃棄

小さなケーキ屋さん

閉店まで客に値引きして販売します。
その後、従業員などに値引き販売もしくは無償配布するようです。
それでも余ってしまったら、商店街の付き合いのある人たちに無償で配布します。最後は残っていたらゴミとして廃棄するようです。
これはまともなケーキ屋さんのやり方です。

日持ちしないケーキを翌日に持ち越したり誤魔化したりしないやり方です。

今の時代ごまかすとすぐにバレてしまうので、売れ残ったケーキは販売期限を過ぎると廃棄してしまいます。その点では、ケーキを買う人にとって見れば安心して買うことができますよね。

一部のチェーン店

売れ残ったら冷凍保存などして翌日にまた販売をする。それでも売れ残ったら値引きなどして販売。廃棄は極力避け、使える部材は使いまわす。
値段が安い店や高級とは言えないチェーン店ではこうした偽装工作するところがあるようです。

製造したものはほぼすべて冷凍して保管。売るものは順次解凍し、余ったら再冷凍や低温冷凍で在庫として翌日に販売するようです。

このような怪しいケーキのお店では買わないようにしましょう。
ネットで検索すると該当しそうなチェーン店が出てくると思います。皆さんもよく知っている企業ですね。

ネットでSNSが発達した現在、ケーキに関する偽装工作なんかしたらすぐにバレてしまうと思いますので、このようなことがないことを祈るしかないですよね。

ケーキ屋の売れ残ったケーキの行方とは?まとめ

いかがでしたでしょうか?

売れ残ったケーキの末路がわかったのではないでしょうか?
ケーキという生菓子と言う性質上、結局は賞味期限・消費期限が過ぎてしまうと「廃棄」してしまうという事なんですよね。

ちょっともったいないですが、皆さんの健康を守るためには仕方のないことなんですよね。
こうした食品衛生法上のルールがあるからこそ、安心安全に食べられるケーキが売られてるんだと思います。

ご紹介した内容を見て、捨てるなら欲しいと思った方もいると思いますが、もし捨てるケーキを欲しいのであれば、街の小さなケーキ屋さんの常連客になり仲良くなってもらえるような仲になるように頑張ってください。

素人なら閉店の数十分前に安売りしてしまえばいいんじゃないの?と思いがちですが、ケーキの価値も下げてしまうし、通常の営業時間にケーキが売れなくなってしまう恐れもありますよね。ケーキ屋さんも色々考えていますよね。

どんな業種にもいるのですが、ルールを守らない販売店や企業があることは残念です。
ケーキを買う時には悪い噂のあるお店では買わないことをオススメします。噂が出ているということはかなりの確率で状態の悪いケーキが売られているかもしれません。

ケーキは高価だから美味しんです!
廃棄目前のケーキを食べるより、ご褒美に奮発した美味しい状態の食べましょう!
満足度は絶対にお店で買ったケーキが一番おいしいです。

もし仮にケーキをタダ(無料)でもらったとしても、うれしいのは最初の数回だけですよ。
それ以降は、味や匂いに慣れてしまい、どうせタダのもらい物だからと言って残してしまったりするかもしれませんよ。

そういう意味ではやっぱりケーキにはそれなりの値段の価値があった方が、美味しく食べられるということになります。

お店に打ってる美味しいケーキを食べましょう!

厳選人気記事一覧