お小遣いも少ない貧乏パパが子育てしながら商品レビューやアウトドア関連、FXなど投資でお小遣い稼ぐ方法をご紹介!

パパシャ



生活

石油(灯油)ファンヒーターに古い灯油を使ったらダメな理由

古くて変色している灯油は絶対使わないように!正しい灯油の保管方法とは?

石油ファンヒーターなどの灯油を使った季節から、春が来て灯油ストーブが不要になりそのまま倉庫にしまった人もいるかと思います。

そして秋になりストーブを出した時に、灯油ストーブを春にそのまましまった時のままで、灯油がストーブに入ってたなんてことありませんか?

古い灯油の入った灯油ストーブはそのまま使いますか?

しっかり保存していれば数か月程度なら、また使用することができますが、状態の悪い灯油でしたら、灯油ストーブの故障やトラブルの原因にもなりますし、異常燃焼などを起こし火災になる可能性もありますので、まだたくさん灯油が残ってるからもったいないからと言って絶対に使ってはいけません。

わずかな灯油がもったいないと言って古い灯油を使っては、最悪、死亡事故につながることだってあるし、火災では大切な財産を失ってしまいかねません。なので古い灯油は、あきらめて処分するようにしましょう。

ここでは古い灯油を使ってはダメな理由や灯油の保管方法等をご解説いたします。

石油(灯油)ファンヒーターに古い灯油を使ったらダメな理由とは?

古い灯油をストーブに使用するとどうなる?

ストーブの故障の原因にもなり危険です

下の画像、左は正常な灯油、右は酸化して黄色く変色した灯油です。
正常な灯油とは明らかな色の違いがわかります。ここまで黄色く変色してしまったら、絶対に使用しないでください!

ポリタンクなら除けばすぐに色が見分けることができますが、ストーブのタンクに入ってる灯油は、タンクを覗いてもわかりにくいので、タンクの中の灯油に白い布の端を浸すと色が判別できます。

石油ファンヒーターや灯油ストーブなどで、劣化した古い灯油を使用すると、古いと灯油がストーブで熱された際に発生する刺激臭が室内に広がったり、正常に燃焼しないで点火や消化も異常な状態になります。燃焼部(しん)に多量のタールが溜まってしまい、灯油が蒸発ぜず、異常な燃焼や煙があがり非常に危険な状態になります。

下手を打つと死亡事故にもなりかねませんので、古い灯油の扱いへの知識を持ちましょう。

古い灯油の処分方法

灯油はガソリンスタンドに持ち込んで処分してもらう

古い灯油の処分方法

お近くのガソリンスタンドに持ち込めば、大概は無料で引き取ってくれます。
スタンドによっては引き取ってくれない場合があるので、持ち込む前に確認しておくと良いですね。

もしかすると、中には「処分費」という名目で有料と言うガソリンスタンドがあるかもしれませんので、「有料か無料の確認」も引き取り出来るか聞いたときに確認するのも良いかもしれません。

灯油の保管方法

しっかり保存すれば春に保存した灯油は秋にまた使用できる

灯油の保管方法

灯油は空気中の水分と結びつきやすい特性があり酸化してしまいます。
しっかり保存をして、酸化を防ぐようにしましょう。

ポリタンクなので、長期保存にはあまり期待しない方がよいです。
保存期間は数ヶ月程度と考えていた方がいいです。

自己判断で、灯油のにおいが通常のものと明らかに違ったり、色が変色している場合は、絶対に使用は控えて処分しましょう。

  • 灯油のポリタンクの蓋はしっかり閉める
  • 直射日光は避けて冷暗所で保管しましょう

屋外にある金属製の大きなタンクの場合は、あらゆる条件を満たしていますので、灯油を使う季節にまた使用することができます。
屋外にある金属製の大きなタンクは、地域はかなり限定されており、北海道や東北で見られます。
戸建てや灯油ストーブの賃貸アパートやマンションで導入しているケースが多いと思います。

それ以外の地域の人は、おそらくポリタンクで灯油を購入していると思いますので、灯油の保管や古い灯油は状態を見て処分するようにしましょう!

PRサイト

-生活

Copyright© パパシャ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.