意外に楽天が最安値の時もある!

お風呂の残り湯で洗濯!人気の「お風呂残り湯ポンプ」を使ってみた結果

お風呂の残り湯で洗濯!人気の「お風呂残り湯ポンプ」を使ってみた結果お風呂の残り湯を賢く使って節約しよう!



お風呂の残り湯って有効に使ってますか?
洗面器でわざわざ何杯も往復するの面倒だから、節約とわかってても使わない人いませんか?

残り湯って一度使ったお湯なのに洗濯に使って汚いと思ってる人いませんか?
洗濯の際に残り湯を正しく有効活用する方法から、今までわかってはいたけど残り湯を面倒で使わなかった人のために、お風呂の残り湯ポンプについてやそれぞれの光熱費をご紹介していきます。

お風呂の残り湯を洗濯で正しく使う方法

お風呂の残り湯を洗濯で使うところ「洗い」のみ

お風呂の残り湯を洗濯に使用する人は多いと思います。反対に一度使ったお湯って汚れてるから洗濯に使って大丈夫?と思ってる人もいるかと思います。

実際にお風呂の残り湯には細菌が多く、条件が揃うと一晩で1,000倍以上増えるようです。追い炊きしても死滅しない菌が多いので実際に死滅させたい時は60度以上に沸かさないといけないようでちょっと不経済ですね。

洗濯でのお風呂の残り湯の使いどころは「洗い」のみ

洗濯は洗いの次は「すすぎ」をしますよね。
ここで残り湯の細菌は洗い流されて、乾燥後はほとんど検出されなかったという実験結果があるようなので「洗い」に使うのはほぼ問題ないといえます。

ただ、白いものは黄ばんでしまうことがあるので注意しましょう。

お風呂残り湯ポンプを導入する前

洗面器で何回も湯舟から洗濯機へお湯を運ぶ効率の悪さを感じてた

お風呂上がりに洗濯をしていたのですが、せっかくのお風呂上がりにじわっと汗をかきながら、洗面器でお風呂のお湯を洗濯機に入れてました。かなりの年月をこの方式で過ごしていました。ポンプがあれば効率的なのはよくわかっていたのですが、何十回かお湯を入れれば終わるのでやり過ごしていた感じでした。

ちょうどポンプの事を思い出し楽天ポイントがあったので購入してみました。
お風呂残り湯ポンプを導入する前

「水道代」と「ガス代」ポンプ電気代の比較

それぞれざっくりですが比較してみます

ポンプを購入してからそれぞれの料金を算出してみると面白いですね。

電気代

【消費電力】15W
【くみ上げ能力】毎分10リットル
=1kWhあたり28.1円の計算で20分(200L)使用した場合の電気代約0.14円

水道代

【水道代】2L換算0.18円
(東京都6立方m(メートル)以上使った場合)
=浴槽に200L入れると水道代18円

ガス代

【都市ガス】25度×200L×0.9 /11000(都市ガス発熱量(kcal/㎥))×171(円)=70円
=浴槽1杯200Lに必要なガス代約70円

ざっくりではありましたが上記それぞれの光熱費です。

ここから洗濯する場合以下の2通りとなります。
【残り湯で洗濯した場合】

  • ポンプ電気代10L=0.01円

【新たな水もしくはお湯で洗濯する場合】

  • 水道代1L=0.09円
  • ガス代1L=0.35円(お湯洗濯の場合追加)

毎日残り湯40Lポンプで365日の電気代14.6円
毎日水を40L使って365日の水道代1,314円
そこに40Lをお湯にした場合の365日のガス代5,110円

お湯の洗濯40Lを365日使うと6,424円かかります!

お湯洗濯と比較すると残り湯ポンプなら約半年で回収
水洗濯と比較すると残り湯ポンプなら約2年で回収

購入したお風呂残り湯ポンプを実際に使ってみた様子

開封から実際に使用した感想をご紹介いたします

パッケージは画像どおりでしたが、手にとってみると安っぽいパッケージ感は否めません。ホッチキスで4箇所止めてあります

購入したお風呂残り湯ポンプを実際に使ってみた様子

裏面には取り付け方法や保証書がついてます。
この程度の金額の商品なら保証書は有っても無くても良い感じですね。

購入したお風呂残り湯ポンプを実際に使ってみた様子

パッケージから各パーツを取り出してみました。
説明書を見なくてもパーツを見ただけで取り付けられる感じですね。

購入したお風呂残り湯ポンプを実際に使ってみた様子

取り付け前の洗濯機の様子。
ホース類やコードの長さは足りるかなと考えながら取り付けてみました。

購入したお風呂残り湯ポンプを実際に使ってみた様子

取り付け後の様子。
ホースもコードも長さが足りてホッとしました。安い商品だったので下調べしないで購入しました。あらかじめ環境を調べておいた方が到着した時に安心します。

購入したお風呂残り湯ポンプを実際に使ってみた様子

ホースとポンプを浴槽まで伸ばしてみましたが、ちょうどよく長さが間に合いました。洗濯機から浴槽までの長さが届かなかったらOUTなので、購入される方は洗濯機から浴槽までの長さを確認してから購入しましょう!

ちなみにこのホースの長さは3mとなってます。
実際ホースを手にとってみると、軽くてスカスカなビニールプラスチックのようなホースです。経年劣化した際には蛇腹に亀裂が入るタイプじゃないかと思いました。

通常の長さ量り売りしてる丈夫なビニールホースも取り付けられるようなので、破損した際はビニールホースを購入したらよいですね!

購入したお風呂残り湯ポンプを実際に使ってみた様子

タイマースイッチを回してONにするとモーターが動き出します。
ポンプで洗濯機に水がでるまで10秒程度かかります。すぐに出ないからといって故障ではありません。

水が出た後はそれなりの勢いで安定して洗濯機に水を入れてくれます。手動よりは楽ですが若干もどかしい感じもします。数分単位で考えれば洗濯機に十分水を入れてくれますので結果的に楽です。

今回ご紹介したお風呂の残り湯ポンプご紹介

数多くある残り湯ポンプの中で選んだ理由とは?

楽天の中でも数多くお風呂残り湯ポンプがあります。
この「ポンプタイマーセット センタック FP-45H」を選んだ理由を挙げてみます。

  • ホースが3m付きで耐久性のありそうなホース
  • 「タイマー付き」で忘れても止まる
  • ホースホルダーやアームなど付属品が多い
  • 吐出量も10リットル/分(揚程0m)と速い
  • 外見のデザインとカラー

お風呂の残り湯ポンプが元から洗濯機に付属している場合はそれを使えばいいですね。

ポンプタイマーセット センタック FP-45H【楽天市場】ポンプタイマーセット センタック FP-45H

アマゾンと比較すると、楽天の方が送料込みで安いのでご紹介しております。

商品サイズ(cm) 幅約29.5×奥行約8×高さ約29.8
タイマー付きポンプ(15分)
重量 1050g
吐出量 約10リットル/分(揚程0m)、約7.5リットル/分(揚程1m)
電圧 AC100V 50/60Hz(DC8V)
消費電力 15W
主材質 ポンプ・電源器:ポリプロピレン
ホース:EVA
ホースの長さ 3m

ポンプは数多くあり基本的な部分は変わらないと思いますので、お好みのポンプを見つけてご購入するのも良いと思います。最初はお風呂の残り湯ポンプは予算は高くても3,000円程度と考えてお探しください。

今回ご紹介した【楽天市場】ポンプタイマーセット センタック FP-45Hは非常に使いやすかったのでおすすめですよ。

まとめ

お風呂の残り湯ポンプについていかがでしたでしょうか?

計算してみるとお得なことがよくわかると思います。逆に何だその程度しか節約できないなら残り湯ポンプ使ってる意味がないと思う人もいるかもしれません。

実際に長期でみると節約できることは証明できてますし、一日数円程度ですが小さなところから節約意識の向上が大切だと思います。

二酸化炭素排出の減少にも一役買って良いと思います。
ぜひぜひお試しください!

※水道、ガス、電気それぞれの契約内容でも料金は異なります。

厳選人気記事一覧