楽天ならポイントでお得!

靴を早く乾かす5つの方法!明日には靴を履きたい人は試してみよう!

靴を早く乾かす5つの方法!明日には靴を履きたい人は試してみよう!濡れた靴は履きたくないから早く乾かしたい!



突然の雨で靴が濡れてしまうことがありますよね。
誤って水たまりにハマってしまい、靴の中まで水が入ってしまった!なんてことありませんか?
靴が1足しかなかった時なんかは、次の日も履かないといけないので、早く乾かしたいですよね。

あと靴を洗った時なんかも、できるだけ早く乾かしたいと思います。

ここでは靴を早く乾かす5つの方法!をご紹介していきます。

スニーカーや布系、革靴でも乾かすことができるので、知っている情報があるかもしれませんが参考にしてみてください!

靴を早く乾かす5つの方法

お金をかけずに自宅で靴を乾かす方法をご紹介!
まずは自宅で早く乾かすための方法をご紹介していきます。

スニーカーや布系の靴は洗濯機の脱水する

布系の素材を使っている靴は、水がしみ込みやすいです。
こうした水分を多く含んだ靴は、洗濯機の脱水することが効果的です。

中敷きが外れる靴なら、外した中敷きも一緒に脱水機に入れます。
中敷きが外れない靴なら、靴のまま脱水しましょう。

濡れた靴を乾かすには、まずは脱水してから乾かしましょう!

ドライヤーを使って乾かす

ドライヤーの温風で乾かします。
洗濯機で脱水してからドライヤーを当てて乾かします。

靴全体をドライヤーで乾かすのは大変なので、あわせて新聞紙を使って湿気を吸い取ったりして乾かしていきます。

早く乾かしたいからといってドライヤーを靴に押し合えてると、ドライヤーに負荷がかかり発火する恐れもありますので注意してください。

パナソニック ヘアドライヤー イオニティ 白 EH-NE18-W

新聞紙を詰めて乾かす

新聞紙を靴につめるのは、水気をとる方法として有効ですが、特にデリケートな革靴が濡れてしまった場合、新聞紙はかなり重宝します。

新聞紙には湿気をとってくれる効果がありますので、新聞紙を靴の中に入れて揚げると良いです。
新聞紙も一定量の水分しか吸えないので、こまめに新聞紙を交換してあげるとよいです。

ティッシュやキッチンペーパーを使うと、かなりの量を消費しますのでもったいないです。
古新聞はあとは捨てるだけなので、湿気取りに使うことで無駄なく使うことができるし、新聞紙にはインクには消臭効果もありますので、靴に使うのには適しています。

シリカゲルを使って乾かす

シリカゲルとは乾燥剤です。
お菓子や海苔なんかに入っている、小さな袋に入っている絶対食べじゃいけないとわかっているものです。

シリカゲルは水分を吸収する効果がかなり高く、新聞紙などと一緒に入れておくと効果的です。

シリカゲルは、「透明の粒」と「青い粒」が入ってます。
青い粒の方が紫色っぽくなってきたら、水分を吸えなくなってしまう限界なので取り替えましょう。

シリカゲル以外の乾燥剤は、湿気や水がかかると発熱する場合があるので使わない方がよいでしょう。

シリカゲルを使って乾かす

扇風機やストーブで乾かす

スニーカーなら紐を外して、靴の中に風が当たるようにしましょう。
洗濯物を乾かす時と同じく風通しよく換気をよくしておくと乾きやすいです。

ストーブで乾かすときは、早く乾かしたい気持ちもわかりますが、ストーブに近づけすぎないようにしましょう。
温度が高く近づけすぎると、皮、布、ビニールなど靴の素材により異なりますが変形してしまうことがあります。

乾いてきたら、新聞紙を入れてあげるとよいです。

日立 扇風機 DCモーター リモコン付き HEF-DC300

もっと早く靴を乾かす方法

専用の乾燥機を使うのが靴を乾かすのが一番早い!

コインランドリーで靴専用の乾燥機を使う

コインランドリーには靴専用の乾燥機があります。
乾燥だけじゃなく洗うこともできます。

この乾燥機を使えば、靴を短時間で完璧に乾かすことができます。

汚い靴で乾燥機を使うのはマナーに反するので、乾燥させる前に靴の汚れを流してから使用するようにしましょう。

コインランドリーで靴専用の乾燥機を使う

靴専用乾燥機を使う!

靴を乾燥させるたびにコインランドリーへ行くのも面倒です。
靴専用乾燥機が家庭向けに販売されているので、意外に安く1台あるとかなり重宝します。

アイリスオーヤマ 靴乾燥機 ダブルノズル オゾン 脱臭 SDO-C1-C

厳選人気記事一覧