楽天ならポイントでお得!

アラサーとは何歳から何歳まで?若くない結婚しないの?

アラサーとは何歳から何歳まで?若くない結婚しないの?ざっくりとした意味しか知らない人がほとんどのアラサーの意味



「アラサー」って言葉、一度は耳にしたことがありますよね?今では聞きなれた言葉です。

アラサーと言えば、「アラサー女性が集まる女子会」を想像してしまいそうです。
アラサーの人たちは連日お酒を飲みまくり、女子会で楽しい毎日を過ごしてそうですよね。

アラサー女性が集まる女子会

アラサーの意味は何となく知っているけど、詳しく説明できますか?それほど重要な言葉ではありませんが、今さら人にか聞けない聞く必要もない言葉だと思います。

ここでアラサーについてご解説していきたいと思います。

アラサーは何歳から何歳まで?アラサーの意味は?

アラサーとは、「around 30(アラウンドサーティー)」を意味します。

アラサーを直訳すると「30周辺」という意味なので、つまり「アラサーとは30歳前後の人」という意味です。

「30歳前後」をどこまでの範囲かは明確ではありませんが、近年は四捨五入して30歳になる25歳~34歳を指すケースが増えてきています。
年齢の幅を広げておけば年をごまかせるという事から来ているかもしれませんね。

実際はターゲットを狭めて27歳~33歳の人をアラサーと呼ぶこともあります。

元々アラサーという言葉はファッション業界で誕生して、最初は女性を意味する言葉でしたが、最近では男女ともに30歳前後の人のことをアラサーいうようになりました。

ファッション業界は造語を作るのが得意なようで、以下のような派生語を使い始めています。

  • 20歳前後:アラトゥエ・アラハタ(はたちにちなんで)
  • 30歳前後:アラサー
  • 40歳前後:アラフォー
  • 50歳前後:アラフィフ
  • 60歳前後:アラカン(還暦にちなんで)
  • 70歳前後:アラセブ・アラコキ(古希)
  • 80歳前後:アラエイ
  • 90歳前後:アラナイ

アラサーって言葉はいつ使うの?

アラサーという言葉は否定的で肯定的なイメージを払拭ししづらい

アラサーとは、否定的な言葉でも意味でもありませんが、自分から言う時には、否定的であったり自虐的な意味で使う人が多いです。相手もまた、否定的で自虐的な意味としてアラサーを聞き入れる場合があります。

実際にアラサーの年齢をみると、30歳を超えたアラサーは身体の変化や出産のリスクも増えたりなど、様々な問題が増えるため否定的にとらえてしまう人がいるかもしれません。

アラサーの言葉自体には否定的な意味を持たないですが、注意して使った方がよさそうです。

アラサー男子とは?

アラサーの男性を表現する時には「アラサー男子」

アラサー男子とは?

アラサーとは、今までは「20代後半から30代前半の女性」を意味していましたが、最近では男性を指すことがあります。その場合「アラサー男子」と言うことが多いです。

アラサーは仕事も生活も変化がある時期であり、人生の転換期を迎えることが多い時期です。アラサーをマイナス要素にしないようにしていきましょう。アラサーはまだまだ若い可能性のある元気な世代なので、何にでも積極的に挑戦していきましょう!

アラフォーの人は結婚適齢期を逃してしまったの?

忙しくて楽しい毎日が過ぎてしまい気がついたらアラフォーになってた!

アラフォーの人は結婚適齢期を逃してしまったの?

女性の高年齢出産が増えてきたとはいえ、実際には様々なリスクも伴います。女性の出産リスクの少ないのは35歳までと言われているので、そういう意味では「アラサー」までが結婚適齢期と言えるかもしれません。

実際35歳までに結婚して子供を産みたいと考えてる女性はかなり多いはず。身の回りでも30歳過ぎて結婚して35歳前に出産したいという人の話をよく耳にします。

しかしそれも理想の話であって、今は晩婚化の時代になりつつあります。
アラサーを過ぎても独身という人が増えてきて、アラフォーで結婚が増えてきています。

厳選人気記事一覧