子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

ストライダーを始めるのに必要なもの!絶対準備しておく装備



ストライダーを始めるのに必要なもの!絶対準備しておく装備

こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ@papasha.baby)です。

ストライダーに乗ってるお子さんを公園などでよく見かけますよね。

子育てパパやママは、子どもにストライダーをやらせたい!
と思ってる人多いかと思います。

ストライダーを始めるにはどうしたらいいの?

何を揃えていいか迷うはずです。

だからと言って、「ストライダー本体(車体)を買って乗せればいいのか?」というのは違います。

お子様をストライダーに乗せる時には、怪我をしないように装備をすることを絶対オススメします。

ストライダーは対象年齢が1歳半~5歳となっています。

そこで「ストライダーを始めるのに必要なもの!絶対準備しておく装備」をご紹介していきます。
ストライダーご購入の際の参考にしてみてください。

ストライダーは何歳から何歳まで対象年齢?メリットとデメリット

目次1 ストライダーは何歳から何歳まで対象年齢?メリットとデメリット2 ストライダーは何歳から何歳まで対象年齢?3 ストライダーのメリットとデメリット4 ストライダーに乗るときの注意すること ストライ ...

ストライダーを始めるのに必要なもの

お子様がストライダーを安全に乗るために必要なアイテムをご紹介しています。

ストライダー本体(車体)

まずこれはストライダーを始めるのに言うまでもなく絶対必要なものです。

ストライダーには3種類のモデルがあります。

以下のようなモデルに別れています。

  • ストライダークラシックモデル:定価11,990円(税込)
  • ストライダースポーツモデル:定価14,850円(税込)
  • ストライダープロモデル:定価22,550円(税込)

一度も乗ったことが無い」、「乗ってくれるかもわからない」、「興味を持ってくれるかわからない」などで、せっかく買ったのに興味を示さずに、一度も乗ってくれなかったことだってあるかもしれません。

そういう意味でも、
最初から上位モデルを買い与える必要もありません。

いくら親がお子さんをストライダーで競技に出そうと意気込んでも、子どもにが興味が無ければ無意味です。
そう言う意味でもまずはファーストの「ストライダー」には、クラシックモデルがオススメです。

created by Rinker
ストライダー (Strider)
¥11,990 (2020/10/25 18:04:17時点 Amazon調べ-詳細)

クラシックモデルで試して、これならいけそうだと思ったら上位モデルを買い与えればいいんです。

ヘルメット

ストライダーに乗ると転倒することもありますので、ヘルメットは大事な頭部を守るために必要です。

お子様に安全にストライダーを楽しんでもらうために、必ず用意しましょう。

ヘルメット目安のサイズ

あくまで目安です。
うちの子は頭が大きいから」という人は、しっかり頭のサイズを計りましょう。

頭のサイズの計測のやり方は、額の真ん中から後頭部の一番出ているところを通るようにメジャーで測ります。

  • 1歳:48cm
  • 2歳:50cm
  • 3~4歳:52cm
  • 5~8歳:54cm

バーンのヘルメットがお得に買えちゃいます!

created by Rinker
bern(バーン)
¥9,405 (2020/10/25 23:45:07時点 Amazon調べ-詳細)

プロテクター

ストライダーを始めたばかりでは慣れるまで何度も横転します。
転倒すると、ひじ(エルボー)と膝(ニーパッド)を汚しやすいので、プロテクター装着は必須です。

子供は嫌がるかもしれませんが絶対に役に立ちます!

上手なお子さんはしっかり装備をしています。
お子さんをケガから守りたいと思っているなら、必ずプロテクターは装着しましょう!

グローブ

転倒した時には、必ずと言っていいほど手を地面につけます。
その時に、あらかじめグローブをしていたら、お子さんの指や手をケガから守ることができます。

サイズ選びとしては、「手にフィット」しているものにしてください。
サイズが大きいと脱げてしまうことがあり危険です。

グローブには指まで覆う「フルフィンガータイプ」と指先を覆わない「フィンガーレスタイプ」があります。

「フルフィンガータイプ」は暑い季節に履くと蒸れやすく、「フィンガーレスタイプ」は、通気性もハンドル操作しやすい。

好みや季節に合わせて履くといいと思います。

フルフィンガータイプ
created by Rinker
OGK KABUTO(オージーケーカブト)
¥2,355 (2020/10/25 23:45:08時点 Amazon調べ-詳細)
フィンガーレスタイプ
created by Rinker
和光堂
¥2,182 (2020/10/25 23:45:09時点 Amazon調べ-詳細)

キャリーバック

車で移動する人には必要ないですが、公園まで遠い場合に持ち運びに重宝します。
帰省の際にの電車や飛行機にも使うことができるので、持ち運びが楽になるので便利です。

楽天のストライダージャパン公式サイトなら在庫もあって購入することができそうです。

お子さんの体を守るために安心な装備を身につけさせたいですよね。

ストライダージャパン」のオフィシャルショップが楽天にあります。

ストライダーは有名ブランドなので値引きはなかなかしませんので、楽天ポイントをもらえば実質安く買えるのでオススメですよ!

ストライダー12インチの種類3モデル

ストライダー12インチには3種類のモデルがあります。
いずれも対象年齢は1歳半~5歳までとなっています。

ストライダークラシックモデル

ストライダー「クラシックモデル」はエントリーモデルです。
シンプルな作りが特徴です。初めてのお子さんにも操作しやすく人気の一番売れているモデルです。
シンプルといっても遊ぶために必要な機能は全て備えているので安心です。

created by Rinker
ストライダー (Strider)
¥11,990 (2020/10/25 18:04:17時点 Amazon調べ-詳細)

  • 価格:11,990円(税込)
  • 重量:2.9kg
  • カラー:全4色(グリーン、レッド、ブルー、ピンク)
  • シート:硬質プラスチック製
  • シートポスト:標準サイズのみ付属
  • ハンドルバーのサイズ(径の太さ):22mm標準サイズ
  • ハンドルバーパット:付属無
  • フットステップ(足乗せステップ):付属無

ストライダースポーツモデル

  • 価格:14,850円(税込)
  • 重量:3.0kg
  • カラー:全7色(グリーン、レッド、ブルー、オレンジ、ピンク、イエロー、ブラック)
  • シート:クッション性のある軟質性プラスチック
  • シートポスト:標準サイズとXLロングシートポストの2種付属
  • ハンドルバーのサイズ(径の太さ):細身サイズ
  • ハンドルバーパット:付属有
  • フットステップ(足乗せステップ):付属有

ストライダー プロモデル

created by Rinker
ストライダー(Strider)
¥22,550 (2020/10/25 23:45:10時点 Amazon調べ-詳細)
  • 価格:22,550円(税込)
  • 重量:2.5kg
  • カラー:全1色(シルバーのみ)
  • シート:軟質性プラスチック
  • シートポスト:標準サイズとXLロングシートポストの2種付属
  • ハンドルバーのサイズ(径の太さ):12mm細身サイズ
  • ハンドルバーパット:付属あり
  • フットステップ(足乗せステップ):付属有
  • ナンバープレート:付属有

それ以外にもカスタムモデルがあります。
予算が許すなら、いきなりカスタムモデルって言うのもいいかもしれませんね。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.