子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

ストライダーは何歳から何歳まで対象年齢?メリットとデメリット



ストライダーは何歳から何歳まで対象年齢?メリットとデメリット

こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ@papasha.baby)です。

ストライダーって何歳から乗れるの?

ストライダーってかなり小さな子でも乗っているのを見かけますよね。

うちの子まだ1歳だけど、いつからストライダー乗れるんだろう?
体感を鍛えるために、早くストライダーをやらせたいと思ってるパパやママは多くいるかと思います。

ストライダーって何歳から何歳までが対象年齢なのか?
ストライダーのメリットとデメリットをご紹介していきます。

ストライダーは何歳から何歳まで対象年齢?

created by Rinker
ストライダー (Strider)
¥11,990 (2020/09/27 19:17:05時点 Amazon調べ-詳細)

ストライダーの公式サイトをみると、一般的に公園などを走るランニングバイクとしての対象年齢は、12インチの対象年齢は1歳半~5歳までとなっております。

体重制限は27kg迄となっております。
ちょうど1歳半から乗り始めても5歳児まで耐えられる重量となっていることがわかります。

ストライダーのメリットとデメリット

ストライダーは自転車と違いブレーキやペダルがない分、重量も2.5kg~2.9kgという軽さです。そのため1歳半からのお子さんにも操作がしやすくできています。

ペダルやブレーキなど間接的なものがないので、
足を使い進んだり止まったりします。

小さなお子さんって直感的に動きます。
ストライダーは直感的な乗り物です。
こうした共通点からも、まさに小さなお子さんにピッタリな乗り物なんです。

早速メリットとデメリットをご紹介していきます。

ストライダーのメリット

  • 1歳半から乗ることができる
  • 幼児なら誰でもすぐ乗れる
  • 足の筋力がつき脚が速くなる
  • 子どもの体幹が鍛えられる
  • 反射神経が良くなる
  • 脳の活性化に役立つ
  • 集中力が高まる
  • 1歳半~5歳までの長い期間乗ることができる
  • 自転車への移行がスムーズ
  • カスタムパーツが豊富

ストライダーのデメリット

  • ブレーキが付いてない
  • 坂道ではスピードが出てしまう。
  • とびだしの危険性
  • 自転車への移行の時に戸惑うことがある
  • 行動を乗ることができない
  • 価格が高い

ストライダージャパン」のオフィシャルサイトでも、ストライダーに乗るための知識を多数紹介されてますので、これからストライダーを購入する予定の人はチェックしてみてください。

ストライダーに乗るときの注意すること

安全に楽しくストライダーに乗るために、注意することをしっかり覚えておきましょう。

乗る場所に気をつける

ストライダーは行動の走行が禁止されています。
以下の場所では絶対に乗せないでください!

  • 車両の往来する可能性がある場所(駐車場など)
  • 公道などへの飛び出しが懸念される場所

ストライダーにはブレーキが付いてないので、坂道などスピードが出てしまう場所では絶対に遊ばないようにしましょう。
人や物、車とぶつかり大きな事故につながる可能性があります。

以下のような場所でも遊ばないようにしましょう!

  • 段差や階段付近
  • 滑りやすい場所
  • 水場の近く(川・池・貯水池など)

ストライダーを始めるのに必要なものは、以下の記事でご紹介しています。

お子さんにストライダーを乗せる時には、
絶対にプロテクターなどの頭や体を守る装備は身につけさせましょう。

ストライダーを始めるのに必要なもの!絶対準備しておく装備

ストライダーを始めるのに必要なもの!絶対準備しておく装備 こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ(@papasha.baby)です。 ストライダーに乗ってるお子さんを公園などでよく見かけますよね。 子 ...

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.