意外に楽天が最安値の時もある!

ソロキャンプ定番人気のSOTO「ポップアップテーブル」オススメの理由

ソロキャンプ定番人気のSOTO「ポップアップテーブル」オススメの理由ソロキャンプなどでテーブルが欲しい人はこのテーブル一択!



SOTOのポップアップソロテーブルは、言わずと知れたソロキャンプを中心とした定番中の定番のアルミテーブルです。

ずっと気になっていたのですが、約5,000円という価格に躊躇していながら念願のポップアップテーブルをようやく買うことができました。
今さらながらSOTO「ポップアップテーブル」のご紹介やオススメの理由をご紹介していきたいと思います。

アウトドア、ソロキャンプや登山を始めたばかりの初心者の方など、購入をご検討している人の判断材料になれれば幸いです。

SOTO「ポップアップテーブル フィールドホッパー」基本情報

シンプルで使いやすいテーブルはロングセールで今も人気の商品

ソト(SOTO) ポップアップソロテーブル フィールドホッパー ST-630 アルミ ロールテーブル ケース付 アウトドア用 折りたたみ式 ソロキャンプに最適

本体サイズ 幅29.7×奥行21×高さ7.8cm
本体重量 395g
材質 【本体】天板:アルミニウム、スタンド:ステンレス
【専用収納ケース】ひも:ナイロン、ひも留め:樹脂
収納時サイズ 幅29.7×奥行11×高さ1.9cm
耐荷重 3kg
付属品 収納ケース

SOTOポップアップソロテーブル フィールドホッパー開封レビュー

開封しながら感じたことなどをご紹介していきます。

ずっとこのテーブルが欲しくて仕方ありませんでした。
約5,000円なんですがなかなか購入に至らなかったのです。ですが今回思い切ってAmazonで購入してみましたので、開封や実際に調理器具を置いてみて感じたことなどをご紹介していきたいと思います。

このテーブルに関しては、他のブロガーやyoutube等でも紹介されつくされてはいますが、まぁ今さらではありますが私も商品レビュー記事として書かせていただきます。

開封

箱を開けるとテーブル本体は、ビニールにも包まれず収納ケースに入った状態で入ってます。あとは簡素な説明書が1枚入ってました。説明書はちょっと目を通す程度でいいですね。

本体の面積サイズはA4用紙サイズそのものです。
重さは、超軽い!とは思いません重量「395g」って他の物に例えると、大きいサイズのヨーグルトが400gだからそのくらいの重さをイメージとでも言えばいいんでしょうか?決して軽くはないけど重すぎもしない感じでしょうか。

テーブルに調理用具を置いてみた

調理器具とクッカーなど5点置いてみました。

スノーピーク嫌いなんですと言っても説得力ないですね。
定番品を集めて置いてみました。5点置けないわけじゃないですがちょっと手狭に感じますね。バーナーを使用していた場合、距離が近すぎるのでちょっと使いづらそう。

狭さを気にしなければ、こうした用具が6点置けそうです。


調理器具とクッカーなど4点置いてみました。

  • SOTO ウインドマスター SOD-310
  • スノーピーク チタン ダブルマグ300
  • スノーピーク チタン シェラカップ E-104
  • スノーピークトレック 900 SCS-008(ポット)

見た感じちょうどよいですね。
特にソロキャンプならこんな感じでしょうか?バーナーは使い終わったら片づければいいですから、こうした調理器具やクッカーなど3~4点置くとちょうどよく使いやすそうに感じます。

移動する際は、中心の折れ目に注意しましょう。
ロックできないので、片側だけもってしまうと真ん中から折れ曲がります。

天板を開いた状態での接続部にはロック機構がありません。物をのせたままテーブルを持ち上げたり、移動させたりしないでください。

説明書に記載されていたものを引用。

テーブルの高さ

カタログ表示通り高さ78mmに位置しています。

このテーブルがあれば芝や土の上に直接物を置かないで済みますので、高さはちょうどよいと思います。

雪のフィールドではテーブルの足を埋めて安定させて使用したりもできます。コンパクトで自分の使いやすいように使えるテーブルです。

キズなんて気にせずガンガン使いたくなります。

テーブルの収納たたみ方

たたみ方も簡単!テーブルを折り脚をたたみ収納ケースに入れるだけ

SOTOポップアップソロテーブル フィールドホッパーST-630」は折りたたむのも簡単です。

動画で見た方がわかりやすいでしょうが、画像で手順でご紹介していきます。

裏を見ると変わった作りになっていますよね。
これがコンパクトにするための作りなんでしょう。

折りたたんでみます。
片側をおります。折りながら脚は勝手に閉じてくれます。
こんな仕組みをみてるだけでも「カラクリ」っぽくて面白いです。

脚が勝手に折れていきます。
テーブルを折りたたんでいくと同時に脚も収納されていきます。

テーブルが完全に折りたたまれると足がまとまっています。

まとまった脚を外側にスライド。

脚を奥に押し込むと収納完成。
この段階でゆっくり手を離すと、このまま閉じた状態を維持できますがちょっとの衝撃で、勢いよく開いてテーブルになってしまいます。

きっと何かあるからそういう仕様にしたんだと思います。
じゃないと素早くテーブルをセッティングできないですよね。

折れた状態にしたい場合、ゴムやバンドで開かないようにするのもオススメ!
実際そうやって閉じてる人は多いですね。あと付属の収納ケースに入れるのもよいですね。

ポップアップテーブル フィールドホッパーを最安値で買う方法

定番商品はあまり割引しないのでポイントが付くサイトで購入するのがお得!

SOTOの製品は大きな値引きはほとんどしません。
なのでネットショップで価格は4,960円~5,184円の価格帯で販売しているサイトを見つけたら買いだと思います。
よく利用するショップで購入しポイントでさらにお得に購入すれば良いと思います。

Amazon

>SOTOポップアップソロテーブル フィールドホッパー ST-630

楽天市場

よく利用するショップで購入すればかなり安い!

>SOTOポップアップソロテーブル フィールドホッパー ST-630【検索一覧】

10倍ポイント以上のポイントが付くこともあるので実質安く買えますよ。

くらしeショップ」というところが10倍ポイントでした。
セール期間中だったり、個々の会員によるポイント特典により獲得ポイントは異なりますが10倍以上で買うことができればかなり安く買えると思いませんか?

ご紹介するカートの中身のポイントを差し引くと、
5,184円-714ポイント=実質4,470円で購入したことになります。
そうなると、4,960円+248ptのAmazonよりも安いですよね!

意外に楽天も安いのでチェックしてみてください。

SOTO フィールドホッパー ST-630 ポップアップテーブル

ソロキャンプ定番人気のSOTO「ポップアップテーブル」オススメの理由まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した「SOTOポップアップソロテーブル フィールドホッパー ST-630」を開封して物をのせてみたり、折りたたんでみると、買う前とは全然違う気分になりました。

他の製品で安いものがたくさんあるのに、SOTOのポップアップソロテーブル フィールドホッパーはどうしてこれがこんなに高いんだろう?と思ってました。でもちょっと触ったり使ってみると納得できます。

他製品は単純にコンパクトにできる「ただのテーブル」なんですが、SOTOのポップアップソロテーブル フィールドホッパーはテーブルとしての機能も十分ですが「製品のクオリティも高く」「所有欲を満たしてくれる」という2つの満足感を得ることができるんです。

良い製品とは「個性が強すぎず使いたいときに何事もなく使えるもの」だと思います。
SOTOのポップアップソロテーブル フィールドホッパーもそんな製品かなと思います。

この記事が購入を検討している人の後押しになれれば幸いです。

厳選人気記事一覧



おっさんの臭いが気になったらこれを使え!