意外に楽天が最安値の時もある!

セルフのガソリンスタンドにある静電気除去シートの構造や使い方とは?店員は触れないでいいの?

セルフのガソリンスタンドにある静電気除去シートの構造や使い方とは?店員は触れないでいいの?セルフのガソリンスタンドの静電気除去シートについて知ってみよう!



セルフのガソリンスタンドへ行くと、必ずといっていいほど「静電気除去シート」を目にしますよね。
目立つ位置にあり丸い形をしています。ガソリンの給油前に、「静電気除去シートに触れてください」と音声で案内されるので、本当に静電気が除去され意味があるのかな?なんて思いながら、手で触れている人がほとんどではないでしょうか?

今回は「静電気除去シートの構造や使い方」から、「スタンドの店員は静電気除去シートに触れない理由」などをご紹介していきます。

静電気除去シートを使わないと起こりえる事故とは?

事故防止のために確実に静電気除去シートに手を当てよう!
静電気除去シートに触れないことで、人体に蓄積された静電気が、ガソリンへの着火源となってしまい火災事故を引き起こしてしまう可能性があります。

静電気除去シートに触れないからといって、静電気から絶対に引火するわけではないが、万が一のための対策なのでガソリンを入れる前には「静電気除去シート」を触れるようにしましょう!

静電気除去シートの構造と使い方

静電気除去シートの構造

黒くて丸いプラスチックのようなものは、導電性の素材を使用しています。触れることで人体に蓄積された静電気を放電します。

静電気除去シートの【交換時期は3年】です。
ただのプラスチックに見えたので、時期がきたら交換するという事も初めて知りましたよね。

静電気除去シートの使い方

静電気除去シートを見ると、手のひらをタッチするかのようなマークになっています。
手のひら全体や指先どちらでも大丈夫です。
手袋を着用して触れても意味がないので、必ず手袋を脱いで触れてください。安全上の理由から給油作業は一人でおこなってください。

店員は触れないでいい理由

店員は静電気対策をしたJIS規格の制服を着用している

セルフスタンドでは店員がガソリンを入れないので、静電気除去シートに触れる姿を見ることができませんが、店員給油のスタンドでは、店員がいちいち静電気除去シートに触れる姿を見たことがありませんよね。

ガソリンスタンドの店員の制服は、帯電防止に優れた衣服や靴を着用しています。通常業務をすることで静電気の発生が防止されているのです。危険物を扱うガソリンスタンドでは、静電気帯電防止作業服の使用は、帯電防止の生地であることと裏毛生地を使用しないなどJIS規格で定められているのです。

そうしたことから、店員は静電気除去シートに触れなくてもいいんです。

セルフのガソリンスタンドにある静電気除去シートの構造や使い方とは?店員は触れないでいいの?まとめ

いかがでしたでしょうか?
セルフのガソリンスタンドへ行った際、「静電気除去シート」に何となく触れて、これって意味あるのかな?なんて思いながら触っている人人が多いんじゃないかと思います。

静電気除去シートには指先でも手のひらでも意味があります

静電気除去シートについて多少知識があれば、ちゃんと触れるようになるのではないでしょうか?

安全のためにも静電気除去シートには絶対に触れ、ルールを守ってセルフのガソリンスタンドを利用しましょう!

厳選人気記事一覧



おっさんの臭いが気になったらこれを使え!