意外に楽天が最安値の時もある!

「お客様のアップル請求情報が更新され、Apple IDで不審な旨の通知が送信されました」の迷惑メールを受信したら必ずやるべきこと

「お客様のアップル請求情報が更新され、Apple IDで不審な旨の通知が送信されました」の迷惑メールを受信したら必ずやるべきことAppleから送られてくるメールはまずは疑ってかかるようにしよう!



「お客様のアップル請求情報が更新され、Apple IDで不審な旨の通知が送信されました」という長いタイトルのフィッシング(迷惑)メールを受信しました。

こういうメールが来ると、どうしたらいいのか迷ってしまいますよね。
特にApple製品やiPhoneなどのスマホをよく利用する人は、アプリを無料・有料で購入する人なら、Appleから送られてきたメールと思いボタンをタップしまいそうになりそうです。

このようなメールを受け取ったら最初から疑う必要があります。

送信してきたメールアドレス、件名、ホームページアドレス、ヘッダー情報、リンク先アドレスなど、送られてきたメールから得られる情報を収集して判断する必要があります。

もう一つ簡単な方法として、メールタイトルを検索にかけるのが同じ事例が紹介され対処法など掲載されている場合があります。

送られてきた迷惑メールをご紹介していきます。

受信した迷惑メールとは?

Appleを偽ったフィッシングメールを受信したらどうしますか?

ヤフーメールに受信した「お客様のアップル請求情報が更新され、Apple IDで不審な旨の通知が送信されました」

差出人は「Apple」と表示され一見Appleからメールが届いたと思わせるメールですよね。

差出人のAppleにマウスポインタを当ててみると、「infoアットマークtwitter.com」となっており、アップルとはまったく関係ないメールアドレスが表示されています。

正式なAppleから送られてきたとするなら、「no-replyアットマークemail.apple.com」のアドレスで送られてくるので、全然違うアドレスから送られてくることがわかります。

メールの内容

送られてきたメールの本文にフィッシングサイトへ行く2ヶ所のリンク先があり、フッターのコピーライト部分もGmaiへのリンクがあります。

フィッシングサイトへ行くリンク箇所は「Appleっぽいアドレスの部分」と「今すぐパスワードをリセットする」から短縮URL「tinyw.in/EepO」で行くようになってます。行くとAppleに似たフィッシングサイトへたどり着きます。

Appleフィッシングサイト

このサイトは、Appleのサイトと見た目はほとんど一緒です。このサイトへ来てしまったら、情報を一切入力してはいけません。

万が一入力しクレジットカード情報を入れてしまった場合は、クレジットカードをすぐに止めてください。その他個人情報は送ってしまったのであきらめるしかないです。

フィッシングメールか迷った時の対処方法

メールタイトルで検索するとメールの正体が大体わかる

フィッシングメールは一斉に大量送信するので、こうしたメールはフィッシングメールとしてSNSやブログなどで公開していることが多いです。一致した内容ならフィッシングメールと判断できますので大変助かります。

何もかも信用できない場合は、Appleへ問い合わせて確認するのがよいでそう。

  • 直接アップルに問い合わせる
  • メールタイトルを検索して調べる
  • メールFrom(送信者)のメールアドレスを確認

https://support.apple.com/ja-jp/HT204759
サポートページを確認すると、いかがわしいメールかを判断したり対処法が書かれていますので、かなり参考になるはずです。

スマホもウィルスソフトを入れてウィルス対策する!

スマホでもウィルス対策は常識です!個人情報を抜き取られる前に!

当たり前の話でですが、ウィルスソフトをパソコンやスマホに入れれば、個人情報を抜き取られたりデータを盗まれるリスクが軽減されます。ウィルスソフトにかける数千円をケチってしまうと、あとでとんでもないことになりますよ。



ウイルスバスターのご購入はこちら

パソコンでのウィルスソフト導入は常識!

スマホは大丈夫と思ってる人はいませんよね?
ウィルスソフトをケチったせいで、スマホの情報が流出してしまい気づかず恥ずかしい写真が流出したり、クレジットカード情報が盗まれるんですよ。

早くスマホ用ウィルスソフトは導入すべきですね!



定番のセキュリティソフト ノートン セキュリティ

厳選人気記事一覧



おっさんの臭いが気になったらこれを使え!