子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

子どもが保育園に行きたくない理由と対処方法



ときどき保育園に行きたくないと嫌がることありませんか?

いつも保育園に行くのが楽しみでいるはずなのに、急に保育園に行きたくないと言い出すことありませんか?
子どもが2歳前後になってくるとママたちを悩ませる悩みがでてきます。

今回は「子どもが保育園に行きたくない理由と対処方法」をご紹介していきます。

自分の子どもと重ね合わせ行きたくない理由を考えて対処してみてください。

子どもが保育園に行きたくない6つの理由

子どもが保育園に行きたくない理由はさまざまです。
保育園に行きたくない6つの理由をご紹介します。

1.保育園の環境変化

保育園の先生やクラスが変わったりと環境変化に順応できない子どももいます。
園内の環境がいつも変わってしまい心が不安定になることで登園を嫌がる子どももいます。また転園し保育園自体が変わってしまっても、保育園に行きたくない理由として大いにあります。

そんなときは、ママやパパが新しい環境で楽しいことを教えてあげましょう。
新しい先生やクラスのお友達の名前を言って慣れさせてあげましょう。

2.体調が悪いかも?

小さな子は自分の体調が悪くても言葉では伝えられません。
発熱や腹痛で体調が悪く機嫌が悪いしれません。
子どもの健康状態を知るために、ママやパパはおしっこやウンチの確認や痛いところはないか聞いてみましょう。

保育園に行きたくないといった時には、体調不良の可能性も考えてママやパパはいち早く気づいてあげましょう。

3.保育園で苦手なことがある

保育園に行きたくない理由としてよくあることです。
給食で苦手なものがある」、「保育園でうんちをしたくない」など、子どもでも保育園の生活の中で精神的なストレスを抱えているかもしれません。

他にも、他の園児よりも片づけや準備など上手くできない事で、自分が悲しくなるようで保育園に行くのが嫌になる子がいるようです。

保育園での様子はママやパパはわからないので、保育園の先生から園での様子を聞いて、家で出来ることは行って、保育園では先生に苦手な部分の支援をお願いしましょう。

4.お友達とのトラブル

数人でごっこ遊びをするとき輪に入れなかったり、他の園児とおもちゃの取り合いで喧嘩をしたりと、トラブルが原因で保育園に行くのを嫌がるという子供もいます。こうしたことは、保育園の先生に聞かないとわからない事でもあります。

子ども同士のコミュニティでの出来事なので、保育園では先生に任せてしまうしかありません。小さな子どもでも集まれば相性の良い子と悪い子は必ずいます。これは大人の社会と一緒です。

あとはママやパパは、喧嘩になった際にケガや「相手を傷つけない」ように、子どもはしっかり教えてあげましょう。

5.ママやパパと離れるのが不安

保育園では特に嫌なことなく問題がないのであれば、保育園に行きたくない理由はご家庭にあるかもしれません。

子どもっは不安を感じると、ママひやパパと離れるのを嫌がります。
夫婦喧嘩や下の子の世話などでかまってもらえないことから不安に感じ、ママやパパと離れるじゃないかと不安になり登園拒否をする可能性があります。

子どもを不安にさせたと自覚があるなら、たっぷりと愛情を注ぎ心のケアをしてあげましょう。

6.イヤイヤ期かも?

2歳前後になると自我が芽生えるようになってきます。
何でも自分でやりたがったり、何でも嫌がったりする時期がやってくるのです。

ママやパパとしては困ったりイライラしてしまったりすることもあると思いますが、これは子どもの発達段階なので、温かい目で見守ってあげることが大切です。

2歳児イヤイヤ期への対応と上手な叱り方

2歳児イヤイヤ期への対応と上手な叱り方 こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ(@papasha.baby)です。 2歳になったら始まる「イヤイヤ期」ですが、「イヤイヤ期」は子供には成長していくには重 ...

子どもが保育園に行きたがらない対処方法

子どもが保育園に行きたがらないのには必ず理由があります。
子どもが保育園に行きたくなるようにサポートをしてあげましょう。

保育園の先生と密な連携

保育園での子どもの様子をしっかりチェックするために、まずは保育園の担任の先生に相談をしましょう。
保育園の連絡ノートには家での様子を事細かく書き先生と情報交換をしましょう。

保育園での様子はどうなのか、家庭での様子はどうなのかを先生と話し合い、何か問題があれば一緒に解決していきましょう。

たっぷり愛情をもって育てましょう

子どもの不安を解消してあげるために、たくさんスキンシップをとりましょう。「ママやパパは〇ちゃんのことが大好き」と、わかりやすい言葉で愛情を伝えましょう。

2歳前後の子どもは、大人が思っている以上に繊細で敏感です。大人には大したことないことでも、子どもにとっては深刻な出来事だったりします。
ママやパパは子どもの不安を敏感に察知して、しっかりサポートしてあげましょう。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.