楽天が最安値の時も多い!

引っ越し初期費用や生活費どれくらいかかるの?実家から一人暮らし!

実家から一人暮らし!引っ越し初期費用や生活費どれくらいかかるの?引越し初期費用はできるだけ安く抑えたいのが本音ですよね!



様々な事情で一人暮らしをしたい人は多いと思います。
新社会人、学生など、既に一人暮らしをしてまた引っ越しをしたい人も含めて。

引っ越し慣れしていないと、それぞれかかる費用がいくらくらいかかるのかも想像もつかない所もありますよね。

できるだけ諸費起用は安く抑えて、できれば生活費も安く済ませたいと思ってる人は多いはず。

私は10回以上引っ越しをしています。
過去に不動産管理会社にも所属しておりました。そうした経験と角度から、一人暮らしをする際の初期費用や生活費など、大よそかかる費用をご紹介していこうと思います。

最初にかかる費用っていくら?

条件によって費用は異なります。

地域によりますが並の松コースで行けば20万で行けます。
一般的には30万~70万円ほどの予算で引越しは可能です。

  • 住んでる地域
  • 東京なら高い、地方なら安い。

  • 家賃設定
  • ボロい物件なら1万円台~家賃設定はいくらなのか?

  • 引越し業者を使うのか?
  • 一人暮らしなので手荷物だけで引っ越す人もいる

  • 家具家電のグレード
  • 中古リサイクル品や安い家具家電でグンと下がる。

引越しにかかる3つの費用

引越しに実際にかかるそれぞれの費用をご紹介

  1. 部屋を借りるための費用
  2. 家具家電購入の費用
  3. 引越しの費用
部屋を借りるための費用

部屋置借りるための費用一般的なイメージで行くと家賃の5~7倍程度となり、家賃4万円に住むのであれば21万~29万円を見ていれば良いかと思います。

敷金 家賃の1~2ヶ月分
礼金 家賃の1~2ヶ月分
火災保険 15,000円くらい
仲介手数料 家賃の1ヶ月分
家賃保証 家賃の1ヶ月分
家賃前払 1ヶ月分

仲介業者や広告料からの値引きで仲介手数料が無料になる場合あり、フリーレントがあるため家賃前払いは1ヶ月とする。

部屋を借りるための費用としてご紹介したのは東京や大阪を参考にしてみました。
住む地域や、仲介業者、加入している火災保険の内容により、費用は異なりますのでご理解ください。

ちなみに北海道で4万円の家賃の部屋に住む場合

10万5千円が引っ越し費用です。
内訳は以下の通りです。

  • 敷金1ヶ月分
  • 火災保険15,000円
  • ストーブ分解手数料10,000円
  • 前家賃1ヶ月分

仲介業者の値引き部分に「仲介手数料無料」なんていう事もありますので、安く入れます。業者情報的ですが大家から広告料と言って、入居を決めたら家賃の1ヶ月~3ヶ月分程度もらえるので、その中で値引きをして調整しながら、売り上げ成績にもするのです。

家具家電購入の費用

家具家電の費用も人によって大きく変わってきます。
ここではリサイクル品をメインとした最安値で揃えてた費用です。カーテンや布団などのシングは新品。

ベッド・布団 25,000円
テーブル 3,000円
カーテン 2,000円
掃除道具 2,000円
冷蔵庫 10,000円
洗濯機 10,000円
電子レンジ 8,000円
炊飯器 2,000円
エアコン 0円
合計 62,000円

ナント!合計62,000円

ネットで新品ばかり見ていて相場がマヒしそうですが、リサイクルショップへ行くとかなりキレイな家電や家具が安く売ってます。こんなに安くて大丈夫なのか?と驚きますよ。新品買っていたのがアホらしく感じる商品もあります。

エアコンを省きましたが、どうしても欲しいなら工事費込みで30,000円ほどで売ってます。

最初はリサイクル品を取り入れた部屋で過ごし、壊れたり不足なものは新品に切り替えていけば効率が良いです。

よく使うものには投資した方がいい。

引越しの費用

荷物量と距離でかなり変わってきます。引越し先は以下のようになると思います。

  • 同市内の引っ越し
  • ・軽トラックのレンタカーで友達に手伝ってもらう(12時間6,000円)
    ・軽トラの引っ越しサービスを利用する(6,000円)
    ・引っ越しサービスに依頼する(2~3万円)

  • 隣街や数百キロ離れた陸路続きの街
  • ・軽トラックのレンタカーで友達に手伝ってもらう(24時間12,000円)
    ・軽トラの引っ越しサービスを利用する(1万~2万円)
    ・引っ越しサービスに依頼する(3~4万円)

  • 本州から北海道や沖縄・離島またその逆
  • ・引っ越しサービスに依頼する(10~20万円)

同市や近隣の地域ならレンタカーが安く済みます。
一人暮らしを想定した荷物ならば、物量は多くないので軽トラならうまく積んで1~2度で行けるはずです。引越しの際は、友達にご飯をごちそうするから手伝ってもらうのが良いでしょう!

軽トラの引っ越しサービスには要注意です!土地勘が無いと思って遠回りして距離を稼いでくる悪質な人もいますので、道はしっかり覚えて遠回りしたら指摘できるくらいにしておきましょう。

一人暮らしの生活費

自炊は常識!コンビニで弁当は絶対買ってはいけない!

お金が貯まらない人はコンビニ愛用者です。
一日2食を毎日コンビニにすると食費は6万円以上かかります。これは確実に浪費という事を忘れずに。

家賃 40,000円
食費 30,000円
ガス代 8,000円
水道代 2,000円
電気代 2,000円
スマホ代 6,000円
ネット代 4,000円
交際費 5,000円
雑費 5,000円
合計 102,000円

生活費は約10万円に設定しました。イメージは上記の一覧の通りです。
食費3万円ということは1日1,000円という計算になりますが、コンビニを買ってしまうとそれだけで一日OUTに近いです。
1週間7,500円の食費と考えてまとめ買いや自炊すると意外とやっていけます。

スマホもキャリア3社なら6千円ですが、楽天モバイルのSIMフリーにすれば毎月1,800円で済んでしまいます。

インターネットも特典のある「世界最速インターネットNURO 光
」や数万円もキャッシュバックのある「ビッグローブ光キャッシュバックキャンペーン実施中!!」に加入すれば、年間で考えれば実質2千円以下で自宅にインターネットが引けますよね。

自宅でWi-fiを使えるのは速いからやっぱりいいですよね!

仕送りや給料状況に応じて生活費が不足していたら使うようにしたら良いと思います。

お金を増やそうと間違ってもパチンコやパチスロはやってはいけません!
時間とお金の無駄です。やってる人で人間的にまともな人は見たことがありません。

初期費用を抑えて無駄のない引越しをしたいですね!

上手くやれば数万円は浮かせることができるので、面倒な引越しを安く済ませてくださいね。

厳選人気記事一覧