子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

幼児の注射嫌いを治す方法!嫌がる幼児を病院へ



幼児の注射嫌いを治す方法!嫌がる幼児を病院へ

注射嫌いで打つ前から暴れてませんか?

赤ちゃんは生まれてからたくさんの予防接種が待っています。大人でも苦手な人がいる注射ですから、小さな子が怖がるのも無理はありません。

今回「幼児の注射嫌いを治す方法!嫌がる幼児を病院へ」を紹介していきます。

幼児の注射嫌いを治す方法

子どもいに評判の良い先生

注射で泣く原因は「注射=痛い=恐怖」となっております。
痛みや恐怖は頭にインプットされやすいので、一度注射で痛く怖い思いをしたら次回も大泣きしてしまいます。

そこで大切なのが「先生の存在」です。
先生によって子供の注射の恐怖度はかなり変わります。

注射が上手な先生なら、子供にやさしく話しかけながら注射を打って、子どもは打たれたことに気がつかず、何事もなかったかのように予防接種が終わるはずです。

ママのネットワークや、SNSやネットで小児科や病院の先生の評判をチェックして子どもにやさしい先生を探してみましょう。

病院へ行く前に子どもとお医者さんごっこをしておく

注射に少しでも慣れておくために、パパやママとお医者さんごっこで注射を打つ真似をしてシミュレーションしておきましょう。

病院の診察室で、先生とのやり取りから注射を打つまでの流れを楽しく練習しておくとことで、嫌いな注射を打つときの恐怖が和らぐかもしれませんよ。

お気に入りのおもちゃを持っていく

待合室や診察室でリラックスできるように、子どもの気に入ってるおもちゃを持っていくことをオススメします。

何度か注射を打ってる子は「病院=怖い」とインプットされてるし、初めて子も病院って不安なところなので、少しでもリラックスさせることが大切です。そこでいつも遊んでいるオモチャがあれば気が紛れる助けになるはずです。
お出かけ前にお気に入りのおもちゃを子どもに選ばせて、選んだオモチャを持って病院へ行きましょう。

恐怖感を与えない

お子さんによっては注射より病院の雰囲気が恐怖に感じるようです。

診察室から聞こえるギャン泣きの泣き声、白衣を着た知らない大人、見たことのない大きな機械などがあったりとそれだけで不安です。

少しでも恐怖感を与えないために、混雑していない時間帯に行きましょう。
男性が苦手であれば女医さんのいる病院を選んだり、子どもが少しでも恐怖を与えない配慮をしてあげることが大切です。

注射の後は思いっきり褒める

注射を打ち終わった後は「頑張ったね」、「えらい」と、子どもを抱きしめてたくさん褒めてあげましょう。
たくさん褒めて良い気分にさせて次回につなげます。

年齢に応じて注射を打つ理由を説明

3歳を過ぎれば、親の話も理解できるようになります。
どうして予防接種をしないといけないのか子どもに理解できるよう説明してあげましょう。

ママやパパの言葉で優しく伝えてみてください。
すぐに理解できなくてもわかってくれるはずです。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.