子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

【最新版】赤ちゃんの体にぶつぶつできた原因!乳児湿疹の予防と治し方



【最新版】赤ちゃんの体にぶつぶつできた原因!乳児湿疹の予防と治し方

こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ@papasha.baby)です。

赤ちゃんの顔や背中に湿疹がどうしますか?

赤ちゃんに初めて乳児湿疹ができたら焦ってしまうと思います。そんな時のために対処方法を知っておいた方がいいんじゃないでしょうか?

今回は「赤ちゃんの体にぶつぶつできた原因!乳児湿疹の予防と治し方」をご紹介していきます。

乳児湿疹とは?どんな症状

乳児湿疹とよくある症状

乳児湿疹とは病名じゃなく湿疹の総称です。
生後2週~2か月頃に多く見られる湿疹のことです。

主な乳児湿疹は以下3種類が代表的です。

新生児ニキビ

生後1週間~1ヶ月頃にできやすいです。
ホルモンバランスが安定してくる生後2~4ヶ月で湿疹も治まってきます。

新生児ニキビとは、顔の毛穴部分に炎症が起きてニキビのようなポツポツができる症状です。ひどい場合、顔全体に赤いポツポツが広がってしまうこともあります。

あせも

汗をかきやすい季節に起こりやすい症状。
尿酸やアンモニアといった成分が含まれている汗が、肌に刺激を与えて炎症を引き起こしたものです。

首のしわの間、わきの下、ひじの裏、足の付け根、ひざの裏など皮膚が重なりあう部分は汗をかきやすく、同時に汗が蒸発しにくいためあせもができやすくなります。

乳児脂漏性湿疹

生後3~4週頃にできやすいです。
顔と頭にフケや黄色みがかったうろこ状のかさぶたができる症状です。
首から上、顔、頭皮と症状が現れますす。

母親の女性ホルモンの影響で皮脂の分泌量が増えて、毛穴に皮脂が詰まり起きます。生後2~4ヶ月までは、母親の女性ホルモンが赤ちゃんの体内に残っているため、女性ホルモンの影響を受けやすいです。

乳児湿疹の予防と治し方

赤ちゃんのお肌をいつも清潔に、保湿することで乳児湿疹を予防できます。
もし湿疹ができても日頃のケアが症状を緩和し悪化を防ぐことができるんです。
ここでは乳児湿疹の予防や治し方をご紹介していきます。

湿疹予防の沐浴の入れ方

赤ちゃんの沐浴は毎日入れます。
赤ちゃんは汗をかきやすく代謝も良いので、肌を清潔に保つうえで欠かせません。

赤ちゃんの体はお湯で洗い流すだけでなく、せっけんをよく泡立ててこすらず手で優しく撫でて洗いましょう。

汗や汚れが溜まりやすい個所として、首のしわの間、わきの下、ひじの裏、足の付け根、ひざの裏など皮膚が重なりあうところは丁寧に洗ってください。

赤ちゃんの肌は敏感なので、石鹸1日1回にした方が負担が少ないです。

泡を洗い流すときには、ぬるま湯で洗い流していきます。高温では刺激はお肌を痛めてしまいます。
お風呂から上がったら、赤ちゃんをバスタオルの上に寝かせて、タオルを優しく当てて水分を完全に拭き取ります。

created by Rinker
優の綿品
¥3,180 (2020/11/24 07:46:29時点 Amazon調べ-詳細)

スキンケアの仕方

赤ちゃんの沐浴後、すぐに保湿剤を塗ってスキンケアしましょう。
沐浴後に何もケアしないと、肌が乾燥して皮脂の分泌量が増えて乳児湿疹が治りづらいです。

保湿のためワセリンやベビーローション、病院で処方された保湿剤を使うこともできます。肌がが傷つかないように優しく塗りましょう。できれば無添加でお肌にやさしいスキンケア用品を選びましょう。

スキンケア1日2回が好ましく、沐浴や着替えの前に、顔から足先まで全身に保湿剤を塗っていきます。
これで赤ちゃんのお肌のケアができます。

絶対やってはいけない予防や治し方

体や顔を洗うやスキンケアは絶対力を入れてゴシゴシしない!
体など洗うときには、こすらずに撫でるように優しく洗いましょう。スキンケアも同様に、優しくマッサージするように保湿剤を塗りましょう。

乳児湿疹の症状がみられる場合必ず対処してください。
湿疹をそのまま放置しておくと、かゆみや痛みで寝てくれないこともあり掻きむしって肌に傷の原因にもなります。

赤ちゃんは一度はなると言われている乳児湿疹ですが、その原因の一つとして「ホルモンバランスの影響」があります。正しい対処で治していきましょう。

症状がひどい時は、小児科もしくは皮膚科に受診しましょう。お肌の塗り薬を処方してもらえます。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.