子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

妊娠中の肌荒れになる理由とは?効果的な対策



妊娠中の肌荒れになる理由とは?効果的な対策

こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ@papasha.baby)です。

妊娠したら肌荒れが気になりませんか?

妊娠中にの肌荒れに悩む女性は少なくありません。

今回は「妊娠中の肌荒れになる理由とは?効果的な対策」についてご紹介していきます。

妊娠中になる肌荒れの症状とは?

妊娠初期から肌荒れが目立つようになる!

肌が急に敏感になって今まで使っていた化粧品がピリピリするという方や、肌の乾燥がひどくなったという方やシミが増えたという方も。
症状の出方には個人差がありますが、妊娠初期に肌の不調を感じる方は多いようです。

その多くは以下のような症状になります。

  • ニキビや吹き出物
  • 肌のごわつき
  • くすみ
  • 毛穴の黒ずみや開き

妊娠中の肌荒れがひどくなる3つの原因

妊娠すると体のホルモンバランスは大きく変化します。
これが妊娠初期肌が荒れやすくなる大きな原因と言われてます。
以下では3つの原因をご紹介しています。

1.妊娠初期のホルモンバランスが原因

妊娠初期プロゲステロンというホルモンの分泌が活発になります。
このプロゲステロンは、皮脂の分泌を促す作用があります。

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まりやすくなるので、ニキビや吹き出物が出てしまうことがあります。妊娠によりホルモンバランスが変化するので、お肌のターンオーバーサイクルも乱れがちです。

その結果、古い角質がお肌に溜まりやすく、お肌がくすんだり、ごわついたり、カサカサになりやすくなります。

2.栄養不足や偏りが原因

妊娠初期では、つわりの症状がひどくなりやすいです。
食事をとることもままならず。人によっては、食べ物のニオイを嗅いだだけで気分が悪くなる人もいます。
水ですら十分に飲めなくなったりすることもあります。

不十分な栄養の食生活を繰り返すことで、栄養不足や水分不足が原因となってしまい肌荒れがひどくなってしまいます。

3.便秘が原因

妊娠中のホルモンバランスやつわりが原因で、栄養不足・水分不足になるため便秘になりがちです。

通常は排出されるべき老廃物が、妊娠の便秘のせいで体内に股ってしまいます。
その結果、肌荒れを起こす原因になってしまうのです。

妊娠中の肌荒れ対策

妊娠中のお肌はデリケートなので肌荒れ対策は必ずやろう!

妊娠前に使っていたスキンケア用品も、妊娠中は合わない場合があります。
お肌がボロボロになる前にしっかりスキンケアしましょう。妊娠中の肌荒れ対策をご紹介していきます。

質の良いスキンケア用品を使う

妊娠中に使うスキンケア用品は、以下のような低刺激なものをオススメします。

  • 無香料
  • 無着色
  • アルコールフリー

洗顔でしっかり皮脂を落とす

妊娠中はホルモンバランスの影響で皮脂の分泌量が多くなる

妊娠前より洗顔は念入りに行い、余分な皮脂や汚れを落としましょう。
妊娠中のお肌はデリケートなので、妊娠中に使う洗顔料には気を使いたいところです。お肌にやさしい成分の洗顔料を選ぶと安心です。


水分補給と肌の乾燥を防ぐ

妊娠中は体の水分が不足気味になります。
そのためお肌も乾燥しがちになります。お肌の保湿ケアをしっかり行って、こまめに水分補給をしましょう。

室内には加湿器を置いて、体の外側と内側から乾燥を防ぎましょう。
室内には加湿器を置いて乾燥からお肌を守りましょう。

created by Rinker
ウィルキンソン
¥1,744 (2020/11/24 07:33:49時点 Amazon調べ-詳細)

ビタミンCを多く摂る

肌荒れの予防やお肌のコラーゲン生成には、ビタミンCが有効なのは知られていますが、ビタミンCを摂ることをついつい忘れがちになってしまいます。サプリメントを飲むか、ビタミンCを多く含んだ果物や野菜を食べて毎日ビタミンCを摂取することを意識しましょう。

ビタミンCを摂取するなら、オレンジやグレープフルーツなどのフルーツや小松菜やブロッコリー、パプリカなどの野菜が効果的です。

紫外線対策

妊娠中はシミができやすいです。
原因としては、黄体ホルモンやプロゲステロンが活発になる影響のようですが、ちょっと難しい話ですよね。

紫外線対策をしっかしてシミ予防をしましょう。
妊娠中紫外線吸収剤や紫外線散乱剤を使用していない日焼け止めを選びましょう。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.