子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

赤ちゃんのオムツかぶれの症状と原因とは?予防と対策



赤ちゃんのオムツかぶれの症状と原因とは?予防と対策

こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ@papasha.baby)です。

赤ちゃんのお尻かぶれていませんか?

赤ちゃんのオムツかぶれやぶつぶつができたり炎症を起こしたり、オムツに関してのトラブルが多くあると思います。
赤ちゃんのお肌はママやパパが思っている以上にデリケートです。

今回は「赤ちゃんのオムツかぶれの症状と原因とは?予防と対策」をご紹介していきます。

オムツかぶれの症状とは?

オムツかぶれとは、乳児湿疹の一種です

おしっこやうんち、汗でおむつの中が蒸れて皮膚が傷つきやすくなり起こります。
症状は様々ですが、共通していえばかゆみや痛みを伴うことが多いです。

おむつかぶれの症状

  • 皮膚が赤くなる
  • 小さなぶつぶつができる
  • 皮膚がただれる
  • 水ぶくれになる
  • 皮膚がめくれるなど

オムツ交換する時に赤ちゃんの反応を注意してみましょう。

赤ちゃんが「おむつ替えでおしりを拭くと痛がる」「お風呂でお湯をかけると痛がる」「おむつを外すとおしりをかこうとする」といった様子が見られ、お肌が赤くなっていたら、間違いなくおむつかぶれをしているといっていいです。

おむつかぶれを引き起こす4つの原因

赤ちゃんのお肌はとってもデリケートです。
おむつかぶれを引き起こす原因をご紹介していきます。
心当たりのある方は改善のヒントになるのではないでしょうか?

1.汚れたおむつのまま長時間過ごしている

汚れたおむつのままおしっこや汗でおむつの中が蒸れて皮膚がふやけてしまいます。その結果、皮膚のバリアが弱まりまり、おしっこやうんちによる刺激・摩擦でオムツかぶれを引き起こすのです。

おしり拭き後に注意したいのは、お肌を乾かさないままおむつを履かせてしまうことです。

2.おしっこやうんちがついたまま

赤ちゃんのおしっこやうんちはアルカリ性の成分です。
アルカリ性皮膚への刺激が強いので、皮膚の炎症を起こしやすくなります。

お尻やお股を拭くときは、丁寧に拭き残しのないように拭きましょう。
もちろん拭いた後は乾かしてからオムツを履かせましょう。

3.おしりは力を入れず優しく拭く

おむつ交換は一日に何度もします。
おしりふきで一日に何度も赤ちゃんのデリケートなお肌を拭きますので、強く拭いてしまうとお肌へのダメージに繋がります。
汚れをしっかり取ろうと強めに拭きたい気持ちはわかりますが、おしりふきで優しく汚れをふき取りましょう。
赤ちゃんの敏感なお肌へは刺激となるのでオムツかぶれの原因になってしまう場合おあります。

4.おむつやおしり拭きが肌に合わない

おむつやおしり拭きの素材や成分が、お肌に合わないこともあります。

おしり拭きには、アルコールなどお肌の刺激になりうる成分が含まれている商品もありますので、購入の際には裏面の成分をチェックしてアルコール成分のが含まれていないおしりふきを購入しましょう。

アレルギー体質やアトピー肌赤ちゃんは注意が必要です。

おむつかぶれを予防と対策

おむつかぶれを予防と対策をご紹介していきます。
かぶれでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

定期的におむつ交換をする

おしっこやうんちがついたままおむつが蒸れる状態は、おむつかぶれ最大の原因です。
おしっこやうんちでおむつが汚れたらすぐ交換しましょう。

オムツがもったいないし、おしっこも少ししかしていないからといって、オムツを替えないのもお肌にはよくありませんよ。
赤ちゃんのお肌のためなので、定期的にオムツ交換はしましょう。

おしり拭きはお肌に優しいものを使う

おしっこやうんちをしっかり取り除きます。
お肌に刺激を与えないように水分をたっぷり含んだ布やシート、コットンを使いましょう。

赤ちゃん用のお肌に優しい「おしり拭きのシート」かぬるま湯を含ませた「柔らかい布やコットン」のどちらでも大丈夫です。

何かと手間なので、さっと取り出せるお肌に優しいおしり拭きシートは便利でオススメです。複数パックで購入すればかなり使えます。

おしり拭き後はお尻を乾かす

オムツ交換の際に、おしり拭き後はお肌を乾かしてあげましょう。

乾いたタオルでやさしく水分をふき取ってあげれば、体温もあるのですぐに乾きます。乾いた後にオムツを履かせましょう。

お尻にベビーパウダーを使う人がいますが、おむつかぶれをしているときは絶対使わないでください。
ベビーパウダーと汗が一緒に蒸れて余計に悪化する場合があります。

おうちではおむつを外す時間もつくって

おむつを履かせっぱなしではおしりは蒸れます。

おむつかぶれしていると、おむつを履かせっぱなしでは治りにくいです。
お肌を休めるという意味で通気性をよくして、家にいる時は少しの間でもオムツを外してあげると、オムツかぶれも和らいでくれるかもしれません。

おむつのメーカーを替える

おむつのメーカーを変えたら、おむつかぶれになった」という赤ちゃんもいます。
また反対に、「おむつのメーカーを変えたらおむつかぶれが治った」ということもあります。

思い切って他のメーカーのおむつに変えて変えてみてはいかがでしょうか?

高いからと言って必ずしもお肌にいいとは限りませんが、比較的多くの赤ちゃんのお肌には合うような気がします。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.