子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

赤ちゃんのモロー反射とは?いつまでやるの?



赤ちゃんのモロー反射とは?いつまでやるの?

こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ@papasha.baby)です。

赤ちゃんがよくする行動として「モロー反射」があります。

モロー反射という言葉は聞いたことがあるがあっても、どんな動きをするのか知らないというママやパパはいるんじゃないでしょうか?

今回は「赤ちゃんのモロー反射とは?いつまでやるの?」やモロー反射についての疑問や心配事も含めご紹介していきます。

モロー反射とは?いつまでやるの?

「モロー反射」とはなんだかわかりますか?
どんな動きをしていつからいつまで起こるのでしょうか?

ここでは、モロー反射についての基本的な知識をご解説いたします。

モロー反射とは?どんな動きするの?

モロー反射とは、外部から赤ちゃんへの刺激(音や光など)に対して驚いた時に見せる反応のことです。
生まれつきの原始反射のひとつです。

大きな音や光、振動、急な体の傾きなどを感じたときに、ビクッと痙攣させて両腕が万歳して抱っこをせがむような動作を起こします。

起こる時期といつまでやるの?

モロー反射が起こるのは、生後すぐ~4ヶ月くらいまでによく起こります。

始める時期などは個人差があり、多くの赤ちゃんは生後半年も経てば自然としなくなる子が多いです。

病気の心配は大丈夫なの?

生後半年が過ぎてもモロー反射がやっている場合、何かの病気じゃないかと心配するママやパパもいると思います。

モロー反射の時期が長い病気かも?」と心配する親御さんは意外に多いんですが、一概にそうとは言い切れません。
成長には個人差があり単に長引いているという可能性は高いです。

モロー反射が長引いている子の多く病気じゃありませんが、気になるという方は、健診時や小児科で相談してみてください。

モロー反射を激しくする赤ちゃんとあまりしない赤ちゃん

モロー反射を激しくする赤ちゃん」、または「モロー反射をあまりしない赤ちゃん」がいます。
何が原因でしょうか?ここでは、それぞれの理由と対処法をご解説いたします。

モロー反射を激しくする赤ちゃん

モロー反射は、赤ちゃんに与えられるあらゆる刺激が原因で起こるものです。

そのため、赤ちゃんがいる環境を変えることで、モロー反射の激しさを抑えられる場合があります。

赤ちゃんには異常があるわけではなく、実は赤ちゃんのいる環境が騒がしいかったり、部屋が明るい、不快な室温なことにパパやママが気が付いていないだけかもしれません。赤ちゃんのいる部屋の環境を見直してみると、激しいモロー反射が穏やかになるかも知れません。

赤ちゃんには常にリラックスした状態で過ごせるように手足を包んであげたり、いつもより多めのスキンシップをしてあげると、モロー反射対策に効果的なのでお試しください!

モロー反射をあまりしない赤ちゃん

モロー反射をあまりしない赤ちゃんは、核黄疸(かくおうたん)という症状の可能性が高いです。核黄疸とは文字通り肌が黄疸になります。

黄疸の色素が脳に沈着すると、脳や運動機能にも影響影響を与えるので一度受診することをオススメします。

モロー反射は、赤ちゃんの中枢神経が正常に機能するかどうかを測る大切な動作です。生まれてすぐに反射があるか確認する病院がほとんどです。、病院では異常がなかったのに、しばらく経つとモロー反射をしなくなった場合は医師に相談してください。

赤ちゃんのモロー反射とは?いつまでやるの?まとめ

モロー反射は、赤ちゃんの中枢神経が正常に機能しているかどうかを見る赤ちゃん独特の反射反応です。
頻度や時期は個人差があります。

モロー反射を激しくする場合は、注意深く赤ちゃんを観察して環境を変えてみると激しさが抑えられるかもしれません。
逆に反射をあまりしない場合はなさすぎて心配になるときは、小児科に受診しましょう。

あまり神経質にならないで様子を見ましょう。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.