子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

赤ちゃんの離乳食「パン粥」はいつから?作り方と摂取量



赤ちゃんの離乳食「パン粥」はいつから?作り方と摂取量

こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ@papasha.baby)です。

赤ちゃんは生後5ヶ月くらいから離乳食をスタートします。
その後、成長にともない色んなものが食べられるようになります。

離乳食でパンを食べさせても良いのはいつからか気になりませんか?
パンと言っても最初はパン粥から始めます。

今回は「赤ちゃんの離乳食「パン粥」はいつから?作り方と摂取量」をご紹介していきます。

赤ちゃんの離乳食「パン粥」はいつから食べられる?

離乳食を食べさせている赤ちゃんは歯はそれほど生えそろってないので、何でも食べられるわけじゃありません。

当然、固形のパンを食べさせることはできません。

しかし赤ちゃんが食べやすいように細かくしてあげると、「離乳食初期」の生後6ヶ月前後からパンを食べさせることができます。

色々なパンがありますが、脂肪分、糖分、塩分の多いパンもありますので、
赤ちゃんの離乳食には「食パン」を使います。

離乳食初期で与えるパンの量「10g」程度です。
パンの耳は固いので取り除いて白い柔らかい部分だけ上げましょう。

離乳食中期に入ると、違った種類のパンにも挑戦できるようになります。

離乳食はいつから始める?食べてくれない対処法

目次1 離乳食はいつから始める?食べてくれない対処法2 離乳食はいつから始める?3 食べてくれない対処法4 離乳食はいつから始める?食べてくれない対処法まとめ5 離乳食を楽しくするアイテム 離乳食はい ...

パン粥の作り方と摂取量

離乳食の初期・中期・後期では食事の内容も変わってきます。
それぞれの時期の離乳食のパン粥の作り方をご紹介いたします。

離乳食初期(5~6ヶ月)

【パンの目安量】1回の食事:食パン10g

離乳食初期の赤ちゃんは、ミルクを使って柔らかく煮たシンプルなパン粥がオススメです。
初期の離乳食は飲み込むだけなので、パンをすりつぶして与えましょう。

パン粥の作り方
  1. 食パンの耳をカットして細かくちぎる
  2. 粉ミルク(1/2カップ程度)を入れ、柔らかくなるまで煮る
  3. すり鉢などでパンがこまかくなるまですり潰す

離乳食中期でも食べさせることもできます。
食が進まない時にはパン粥が良いかもしれません。

離乳食中期(7~8ヶ月)

【パンの目安量】1回の食事:食パン15~20g

離乳食中期では、すり潰した食べ物を食べることができるので、野菜を加えたパン粥を作ってあげると喜んで食べます。

野菜入りパン粥
  1. 食パンの耳をカットして細かくちぎる(小さく切る可)
  2. 野菜を刻んで茹ですり鉢ですり潰す
  3. 小鍋にパンと野菜を混ぜて粉ミルク(100cc程度)を入れて煮る

野菜入りパン粥に入れる野菜は、細かく刻んで茹でた野菜を食べさせることはできます。

created by Rinker
キユーピー
¥1,406 (2020/11/23 17:19:19時点 Amazon調べ-詳細)

離乳食後期(9~10ヶ月)

 
【パンの目安量】1回の食事:食パン30g

離乳食後期になると、自分で噛んで食べることができるようになります。
与える食パンも1cm角くらいのサイズ手で持って食べられるようにスティック状に切ってあげてもいいです。

ここでは、簡単にできるパングラタンのレシピをご紹介します。

パングラタン
  1. 食パンの耳をカットして1cm角くらいに切る
  2. 小さく刻んで茹でた野菜など具材を用意
  3. 耐熱皿にパンを入れてホワイトソースをかけ野菜などを散らす
  4. オーブントースターで軽く焼き色がつくまで焼く

ホワイトソースは市販のベビーフードを使うと時間の節約になります。

離乳食にパンが加わることで、レパートリーが一気に増えて離乳食を作るのが楽しくなりますよ!
ぜひお試しください!

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.