子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

赤ちゃんが使う体温計の種類と特徴!正しい体温の測り方



赤ちゃんが使う体温計の種類と特徴!正しい体温の測り方

こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ@papasha.baby)です。

赤ちゃんがいる家庭なら必ず用意しておきたいのが「体温計」です。

赤ちゃん用の体温計には様々な種類があり、どんな特徴があるのかを知っておきたいです。どのタイプの体温計を買おうか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんが使う体温計の種類と特徴!正しい測り方」をご紹介していきます。

赤ちゃんの体温系の選び方

体温計の測定方式は2つあります。

  • 実測式
  • 測定部位の温度を測定して表示する方式

  • 予測式
  • 平衡温を数秒で分析・演算した数値を表示する方式

「平衡温」とは、ワキに体温計を入れてからワキで体温が体の内部の温度と同じくらいになった状態のこと。ワキの場合は10分以上入れないと平衡温になりません。

体温計を嫌う赤ちゃんには、数秒で検温できる予測式体温計がオススメです。

体温計のタイプごとにご紹介

非接触体温計

体に触れず数秒で熱を測ることができる体温計です。
体温計を嫌う赤ちゃんにぴったりの体温計です。

非接触体温計は、おでこやこめかみの表面から発する赤外線をとらえて体温を測るので、安心して赤ちゃんに向けて使用できます。おでこやこめかみは血流量が多いので発熱や体温変化が表れやすい場所です。

肌に触れないので衛生的です。
寝ている子どもにも築かれず体温を測れるというメリットもあります。

非接触体温計には測定温度を最大24回分保存できるメモリー付きの商品もあるので、購入の際は機能をチェックしましょう。

コロナで検温する際は「非接触体温計」が多く採用されています。

created by Rinker
カスタム(CUSTOM)
¥4,970 (2020/10/29 18:14:52時点 Amazon調べ-詳細)

耳式体温計

耳式体温計は最短1秒で検温できます。
耳の中に入れてすぐに体温を測れるので、体温計嫌いな赤ちゃんの検温にもオススメです。

耳式体温計とは鼓膜の温度を測る体温計です。
いっけん耳の穴の内壁の温度を測ると思われがちですが違うんです。

鼓膜の温度は脳の温度にすぐに反映するので、発熱の数値をすばやく知ることができます。耳式体温計には「プローブカバー」が付属されています。

プロカバーを毎回変えて使えば衛生面も安心です。
※プローブ(検温部)

created by Rinker
オムロン(OMRON)
¥3,807 (2020/10/29 18:14:52時点 Amazon調べ-詳細)

ワキで測る体温計

ワキで20~30秒ほどで検温できる体温計です。
多く使われてなじみのあるタイプです。

オムロンやテルモ、他の各メーカーが独自の分析・演算処理で数十秒単位で検温でき体温を表示できるようにしています。

検温部が洗浄できるので衛生面も安心です。

検温の精度も高く価格もお手頃なので売れている体温計です。

created by Rinker
オムロン
¥3,047 (2020/10/29 18:14:53時点 Amazon調べ-詳細)

正しい体温の測り方

「ワキ」、「耳」、「おでこ」の体温の測り方をご紹介していきます。

ワキで測る

  1. 体温計の感温部を脇の中心にあてる
  2. 体温計を下から少し押し上げるようにしてから、脇をしっかりしめる

ワキの体温は中心部が高いく周辺の体温は低いです。
正確な体温を測るためにはワキに感温部(先端)をあてましょう。

熱を測る前はワキの汗を拭きます。
感温部が下着に触れないようにも注意しましょう。汗など水分が付着すると熱の伝導率が変わり、正しく検温できない場合があります。

ワキで測る体温計が嫌がる赤ちゃんは多いです。
ワキと体温計が中心部に密着させ腕を軽く抑えてあげましょう。
20~30秒我慢です!

耳で測る(耳式タイプ)

  1. 耳の上部をかるく後方に引っ張って耳の穴をまっすぐにする
  2. 耳の穴に沿ってプローブ(検温部)を入れて測定する

鼓膜の方向が分かりにくいときやうまく測れないときは、体温計を耳の中に入れたまま左右に軽く動かしてみてください。

正しい測定には慣れが必要です。

耳の中が汚れていると正確な体温が測定できません。
耳の中はキレイにしておきましょう!

おでこで測る(非接触タイプ)

  1. 電源を入れる
  2. 体温計の先端を「おでこ」か「こめかみ」に向けて測定

「おでこ」や「こめかみ」が髪の毛で隠れていると正確な体温を測れません。
汗で濡れていても精度は下がります。

製品によっても精度が変わってきますので、有名ブランドの製品を選んだ方が安心です。

「非接触タイプ」は安い粗悪品が多いので、購入前は評価をチェックしてみましょう。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.