子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

赤ちゃんにはちみつを食べさせたらダメな理由



赤ちゃんにはちみつを食べさせたらダメな理由

こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ@papasha.baby)です。

今さらですが、赤ちゃんにははちみつを食べさせてはいけません。知られているようで知られてなかった事実であり過去に死亡事故があったのは記憶に新しいかと思います。

はちみつのラベルを見ると、「赤ちゃんに与えてはいけない」と注意書きが書いてあるんです。
一見はちみつって体によさそうで、赤ちゃんにもいいんじゃない?って思いがちなんですが、絶対食べさせてはいけません。

今回は「赤ちゃんにはちみつを食べさせたらダメな理由」と、誤って食べてしまったらどうすればよいかもご紹介いたします。

赤ちゃんにはちみつを食べさせたらダメな理由

どうしてはちみつは赤ちゃんにとって危険な食品なのでしょうか?
赤ちゃんがはちみつを食べるとどんな危険があるかを紹介していきます。

乳児ボツリヌス症

はちみつにはボツヌリス菌が含まれていることがあります。
赤ちゃんが誤って食べてしまうと、赤ちゃんの腸内でボツヌリス菌が定着・増殖し、乳児ボツリヌス症という感染症にかかります。

ボツリヌス症にかかると症状としては、「元気がない」、「便秘」、「首が座らなくなる」などの悪影響を受けてしまいます。

治療によって回復する場合が多いのですが、ごく稀にまれに死に至る場合もあるので、そういった最悪のケースを想定して、赤ちゃんにはちみつは絶対に与えてはいけないという認識でいないといけません。

ちなみに大人がはちみつを食べてボツリヌス菌が入ったとしても、腸内環境が整っているので何の影響もありません。

はちみつを熱してもダメ

ボツリヌス菌は熱に強く120℃まで熱さないと殺菌できません。
そのため熱を加えても食べさせてはいけません。

一般的な家庭ではボツリヌス菌は死滅させることができないので、どんな状態でも絶対にはちみつを与えないでください。

いつから赤ちゃんははちみつが食べられるの?

1歳過ぎてから与えてみる

赤ちゃんにはちみつを与えるのは1歳を過ぎてからにしましょう。
少量与えて様子を見て増やしていきましょう。体調不良の時には与えない方が良さそうです。

1歳過ぎと言っても個人差がありますので、はちみつを与えるのは1歳半ごろまでは待った方が安心です。
はちみつが食べられるようになれば、幼児にとってはちみつは栄養価が高い食品なので何かと重宝します。

間違えて食べたら?

1歳未満の乳児が間違えてはちみつを食べてしまったら、すぐに病院へは行かずに様子を見てみましょう。

便秘気味」、「ミルクを吸う力が弱い」、「泣き声に力がない」、「呼吸がしにくそう」などのの症状が現れたらすぐに病院へ行きましょう。体内にボツリヌス菌が入ったからと言って100%発症するわけではありません。

赤ちゃんの様子を見てから病院へ行くようにしましょう。

赤ちゃんが食べてはいけない食材

ボツリヌス菌といえばはちみつが有名ですが、それ以外の食材などにも乳児ボツリヌス症の原因になる可能性があります。はちみつを食べさせてないから大丈夫というわけじゃないので注意しましょう。

ボツリヌス菌とは土壌や河川・海など自然界に含まれている菌です。
赤ちゃんが口にするものや行動には注意が必要ということです。

はちみつ以外でボツリヌス症になる原因のもの

  • 黒糖
  • 自家製野菜スープ
  • コーンシロップ
  • 井戸水

黒糖やはちみつに注意は必要ですが、原料にはちみつ入りのお菓子や黒糖が使われている食品は見落としがちです。
もしやと思ったら成分表示をみて、はちみつや黒糖など使われていないかチェックしましょう。

赤ちゃんにはちみつを食べさせたらダメな理由まとめ

「赤ちゃんにはちみつを食べさせたらダメな理由」についてご紹介しました。
はちみつを食べても100%ボツリヌス症にかかるわけじゃなく、乳児ボツリヌス症は必ず死に至る病気というわけではありませんが、赤ちゃんの具合が悪くなる危険性は高く最悪は死に至る場合もあるので、離乳食が始まる頃から注意しましょう。

もし「はちみつ」を食べた場合は、赤ちゃんの様子を見て受診するか判断しましょう。どうしても心配なら病院へ行くことをオススメします。

赤ちゃんの口に入れたり触ったりするものは、パパやママが細心の注意を払ってみてあげることが大切です。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.