子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

赤ちゃんはいつ笑う?笑う理由と笑わせる方法



赤ちゃんはいつ笑う?笑う理由と笑わせる方法

スヤスヤと眠っている赤ちゃんがニコニコ笑う表情を見たことありませんか?

あの赤ちゃんの笑顔は本当に癒されます。
でもあの笑顔はなかなか見ることができないんですよね。
特に新生児や生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんって、パパやママがあやしてもなかなか笑ってくれませんよね。

今回は「赤ちゃんはいつ笑う?笑う理由と笑わせる方法」をご紹介していきます。

産まれて間もない赤ちゃんがいつ笑うのか、気になる人はぜひ参考にしてみてください。

赤ちゃんの笑う(笑顔)3つの種類

赤ちゃんが笑うのには成長の段階あります。それぞれの段階で見ることの笑顔をご紹介していきます。

新生児微笑とは?

新生児微笑とは新生児期に見られる笑いです。

赤ちゃんが寝ているときに、目を閉じたまま数秒にっこりすることがあります。
これは新生児微笑と呼ばれて新生児期(生後4週目)に見られるものです。

新生児微笑は赤ちゃんが意志で笑っているわけではなく、反射神経から笑っているように見える言われていますが、授乳後や眠ている時に見られるので、満足感や心地良さで笑っているようにも見えます。

生理的微笑とは?

生理的微笑とは生まれた後から見られる笑いです。

生まれてすぐの赤ちゃんは、表情筋を自由に動かせません。
そのため笑っているような表情に見えるのは反射神経によるものです。

これは生理的微笑と言われてますが、本能的な笑いと考えらることもあるようです。というのも、生まれたばかりの赤ちゃんはママやパパに育ててもらわないと生きれません。それが本能的に分かっていて、可愛がってもらうために笑顔を作り出しているのかも?

社会的微笑とは?

社会的微笑とは生後2ヶ月頃から見られる笑いです。

赤ちゃんは生後2ヶ月頃を過ぎると人の顔を見て笑うようになります。
外的刺激に反応して笑えたら、生理的微笑から一歩発達した証です。

とは言っても社会的微笑の初期段階では、パパやママだから笑うわけではなく、写真や人形などにも反応して笑うこともあるようです。

やがてパパやママの顔を認識するようになると、顔を見て笑うようになります。
この時期になって赤ちゃんが声を出して笑うと多く見られます。

赤ちゃんを笑顔で笑わせる方法

赤ちゃんの笑い・笑顔を多く引きだすにはママとパパの接し方次第です。
赤ちゃんと接するお時には次のことを意識して接してみてはいかがでしょうか?

話しかける・笑いかける

生後2ヶ月頃から周りの笑顔に反応し始めます。
ママやパパが話しかけたり笑いかけたりすると、赤ちゃんが反応して笑う(笑顔)を見る機会が増えてきます。

その他にも、話しかけたり、笑いかけるだけでなく、歌いかけたり、あやしたり赤ちゃんに刺激を与えることで、赤ちゃんの笑顔を見る機会がますます増えてきます。

赤ちゃんとたくさんスキンシップをとりましょう!

抱っこやおむつ替えのときも話しかける

赤ちゃんを「抱っこ」や「おむつ替え」をしている時にも積極的に話しかけてあげましょう。
赤ちゃんは話しかけている人の声を覚えます。聞きなれた声を聴くことで赤ちゃんは安心してリラックスするので赤ちゃんは笑いやすくなります。

赤ちゃんが笑顔になった時は、パパやママも笑顔を返しましょう。
赤ちゃんは反応したことで嬉しくなりまた笑ってくれるようになります。

赤ちゃんが笑わない場合の対処方法

生後2ヶ月頃から周りの笑顔に反応する社会的微笑がみられます。

ただ笑いの時期や頻度には個人差がありますので、生後2ヶ月過ぎても人の顔を見ても笑わなくても心配しないようにしましょう。

赤ちゃんが笑ってくれないからと言って心配し過ぎないで、心に余裕をもって赤ちゃんに笑顔で接することを心掛け、赤ちゃんが安心できる雰囲気を作りましょう。

ごく稀に赤ちゃんの反応が明らかにおかしい場合は、発達に問題がある可能性も高いので。その場合は悩まず医師に相談をしてみてください。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.