子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

赤ちゃんのお風呂の入れ方!沐浴から移行のタイミングや用意するもの



こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ@papasha.baby)です。

赤ちゃんの沐浴からお風呂へ移行するタイミングは、生後1ヶ月を過ぎたあたりから考えるとよいです。

生後1ヶ月の赤ちゃんは、まだ首や腰がすわっていないので、一緒にお風呂へ入るときは必要以上に気を使っちゃいます。

そこで今回、「赤ちゃんのお風呂の入れ方!沐浴から移行のタイミングや用意するもの」をご紹介していきます。

沐浴から移行のタイミング

赤ちゃんは生後1ヶ月前後までお風呂には入れずに、沐浴をして体を洗います。

生まれてすぐにパパやママと一緒に湯船に入らない理由赤ちゃんの抵抗力が弱いからです。
そのため、生後1ヶ月(新生児)も経っていないで大人と一緒に入浴すると細菌に感染するリスクがあるんです。

1ヶ月検診の時に先生から「お風呂に入っていい」という許可が出てからお風呂へ入れましょう。

お風呂に用意するもの

お風呂デビューをするときに用意しておくものをご紹介します。

湯上がり後の準備は万全にしておきましょう。
赤ちゃんが湯冷めしないように、お風呂に入れる前に湯上り後の準備をしておきましょう。

  • 赤ちゃん用タオル
  • 肌着
  • ベビーウェア
  • おむつ
  • 必要に応じて保湿剤

お風呂から出てすぐに赤ちゃんをバスタオルでくるんであげられます。
赤ちゃんのバスローブがあると、すぐに羽織ることができるので安心です。

浴室から出てすぐのところに肌着やベビーウェアを重ねて座布団などの上に広げ、さその上におむつ、タオルを広げておくとスムーズに赤ちゃんに服を着せることができます。

赤ちゃんのお風呂をワンオペでやる場合は、自分のバスタオルや下着、パジャマ類など準備しておきましょう。

created by Rinker
chuckle BABY(チャックルベビー)
¥3,630 (2020/10/30 02:28:27時点 Amazon調べ-詳細)

お風呂に入れる手順

浴槽でお風呂に入れるのは沐浴と差ほどわかりませんが、赤ちゃんと一緒にお風呂に入ることになるので、以下の手順で赤ちゃんあらってげましょう。

1.タオルに包んで浴室へ

赤ちゃんは裸になると不安に感じるので、タオルで赤ちゃんを包んで浴室にいきましょう。
浴室が寒い時も同様です。

2.3~5分お湯に浸かる

浴槽に入れる前に赤ちゃんのお尻などをざっと洗っていきます。
やさしくお湯を下から上へかけたら浴槽に入ります。

浴槽には3~5分ほど浸かるとちょうどよいです。
浴槽から出たら体を丁寧に洗っていきます。

3.しわができるところをしっかり洗う

赤ちゃんを膝の上で抱きながら洗っていきます。

顔⇒頭⇒体の前側の順に洗います。

首回り、手首、足首、脇の下、股など皮膚が重なってしわのある所には汚れが溜まりやすいです。

しわに指先を入れてしっかり洗いましょう。

4.背中やお尻など後ろ側を洗う

体の前側を洗い終わったら次は後ろ側です。
うつぶせにして背中やお尻を念入りに洗ってあげましょう。

赤ちゃんを後ろ向きにして腕で抱えてあげると、背中やお尻、足の部分も洗いやすくなります。

5.最後にキレイに洗い流し体を温めてあげる

洗い終わったら、きれいなお湯を頭の後ろからかけます。
泡が残るとぶれの原因になるので、すすぎ残しがないように丁寧に洗い流してあげましょう。

最後は湯船に浸かり体を温めてあげます。
夏場と冬場では違いがあり、夏場ならさっと10~20秒程度でも十分です。

赤ちゃんをお風呂(湯船)に入れる時の注意点

赤ちゃんをお風呂に入れるときの注意点を解説していきます。これらを注意して赤ちゃんと楽しくお風呂に入りましょう。

お湯の温度

お湯の温度はそれぞれの季節以下のようになっています。

  • 夏場:38℃くらい
  • 冬場:40℃~42℃くらい

季節の変わり目では、お湯が「ぬるい」か「熱い」場合があるのでお湯を足したり薄めたりして温度調節しましょう。
赤ちゃんには直接熱いお湯がかからないように注意しましょう。

湯舟の水量

赤ちゃんと一緒に入浴したときにパパとママが湯船で膝を曲げたときに、
お湯の量が膝より少し高めになるように調整しておきましょう。

赤ちゃんと一緒に湯舟に入った時に三角座りをすることで赤ちゃんの態勢は安定しやすいです。

お湯に浸かる時間

赤ちゃんの肌は水分が失われやすいので、
お湯に浸かる時間は3~5分で十分です。

大きな湯船に慣れていない赤ちゃんは不安に感じて泣いてしまうことがあるので、
湯船の中では常に赤ちゃんに話しかけてスキンシップを取るようにしましょう。

お風呂上がりの水分補給

お風呂上りは赤ちゃんも喉が乾くので水分補給しましょう。
授乳中なら母乳やミルクで水分補給ができるので大丈夫です。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.