子育てパパをやっている主夫のパパシャです。子育て、お得な生活情報、商品レビュー、アウトドアまで幅広いジャンルの記事を執筆中!

パパシャブログ

子育て

赤ちゃんの寝返りはいつから?個人差があるので焦らないで!



赤ちゃんの寝返りはいつから?個人差があるので焦らないで!

こんにちは!子育てパパ!主夫のパパシャ@papasha.baby)です。

寝返りって赤ちゃんが自分の意志で動く寝返りです。

今まで仰向けで寝てばかりいたので、寝返りができるなんてホントうれしい瞬間です。

寝返りがまだの赤ちゃんのいるご家庭も多いと思います。

赤ちゃんの寝返りはいつから?

いつから寝返りを気になっている人のために「赤ちゃんの寝返りはいつから?個人差があるので焦らないで!」をご紹介していきます。
タイトル通り寝返りには個人差がありますので、参考程度に読んでみてください。

赤ちゃんの寝返りはいつから?

寝返りができるのは個人差があるので焦らない!

赤ちゃんが寝返りができるのは、月齢4ヶ月~6ヶ月の間が多いです。
3ヶ月頃から首が座ってきて、6ヶ月頃になれば起き上がってお座りも出来るようになります。

お座りができる前後に寝返りをします。

寝返りができるという事は、足や腕、腰回りの筋肉が発達し成長してきている証なんです。

一般的にはこうした流れで寝返りができますが、
赤ちゃんによっては成長のスピードが違います。

半年過ぎたのにうちの子は寝返りができない!
大丈夫なのか?と悩まないでください。

実際に7ヶ月や8ヶ月で寝返りを始める子もいます。
赤ちゃんのペースもあるので、寝返りができなくても見守っていてあげましょう!

寝返りのトレーニング

そろそろ寝返りする月齢!
6ヶ月経っても寝返りをしない!

スキンシップも兼ねて赤ちゃんと寝返りのトレーニングをしましょう!

寝返りのできない赤ちゃんでも、寝返りする動作をします。
そんな時に、親御さんが手を貸してあげることで寝返りのトレーニングができるんです。

寝返りまでもう一息なら、背中に手を当ててあげたり、名前を呼んだり、おもちゃで興味を持たせたりして赤ちゃんに寝返りをさせるきっかけを作りましょう。

赤ちゃんと触れあう時間も作れるので一石二鳥です。

寝返りが始まったら注意する事

寝返りができるようになったら、決まって同じ方向に寝返りをする子がいます。
同じ方向へ寝返りしてするため、壁側にいることがよくあります。

今まで寝かしても動かなかったので、大人用ベッドやソファーのような転落するようなところに寝かせた場合は気をつけましょう。

うつぶせ寝をしないように

寝返りしてうつ伏せになってしまいますので注意しましょう。
顔がふさがって息がしにくくなります。

うつぶせ寝になった時に、身体の下に手が入ってしまったり、首が変な角度で曲がってしまうと苦しいので、親御さんは赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

誤飲に注意する

寝返りができるようになった赤ちゃんは、床にあるものを色々見つけて口に入れる機会が増えてきます。
アクセサリーや小さなものや、兄弟のビー玉やスーパーボールなど口に入れてしまっては危険なものは、手のどこかないところに置くか目につかないところに置きましょう。

掃除の頻度を多く

赤ちゃんが寝返りをしだすと、部屋のいたるところで寝転がります。
床にゴミがあると、赤ちゃん自身がモップのようになりゴミを拾ってしまいます。
ホコリや髪の毛など、手に取って食べてしまうことは赤ちゃんの健康にもよろしくありません。

赤ちゃんが過ごしやすくするために、部屋の掃除の頻度を多くして清潔な状態を保ちましょう。

関連記事

-子育て

Copyright© パパシャブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.