楽天が最安値の時も多い!

ニンテンドースイッチは9月も品薄続き中古市場は3~4割高

ニンテンドースイッチは9月も品薄続き中古市場は3~4割高9月もなお品薄で手に入れるのは厳しい状態が続く。



2017年3月3日に発売され半年が経とうとしている家庭用ゲーム機の「ニンテンドースイッチ」が今もなお品薄が続いています。

家電量販店では抽選や通常販売も含め即完売。中古の価格も高騰しており、ヤフオクなどでも新品価格より3~4割高での落札が多く目立ちます。

中古取扱店でもスイッチの品切れ状態が続いている(東京都新宿区のゲオ北新宿店)

都内はもちろんのこと、全国の家電量販電では軒並み品切れ状態が続いてます。家電量販店のヨドバシカメラは「月に数回は入荷するものの、消費者の需要を満たしていない」という事です。

新品が手に入りにくいため、中古価格が高騰しています。
ネットオークション比較サイト「オークファン」よると、オークションサイト「ヤフオク!」のスイッチ平均落札額は8月下旬時点で4万4千円前後となっており、新品価格32,378円より約36%高い価格で取引されているようです。
8月下旬から抽選販売のみでの販売をはじめたゲオホールディングスでは、中古品より新品より200円程度安く販売しています。
スイッチの中古品の買取価格は28,000円ですが「ほとんど店頭に並ばない」という事です。

任天堂は8月下旬から公式オンラインストア「マイニンテンドーストア」でスイッチの予約販売を開始いたしました。現時点では中古品の価格への影響は見られませんが「今後も定期的に予約販売が実施されれば、価格も落ち着くのではないか」というゲオホールディングス担当者は予想しています。

記事の一部「日本経済新聞電子版」参考引用
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDJ30H30_U7A900C1MM0000/?dg=1

まとめと主観

9月に入り未だ品薄でありながらも、タイミングが良ければ店舗やネットで購入できる在庫状況まで来ていますね。

特に露出度の高いネットショップでは、ほぼ売り切れとなっておりますよね。
現在中古価格でも、新品の3~4割高という状況になっております購入するタイミングが見えないでしょうが、ヤフオクや店頭での買取価格が、ニンテンドースイッチの在庫状況を測ることができるので参考にしたら良いかもしれません。

記事の中でゲオでの店頭にはほとんど並ばないという事ですが、これは当たり前ですよね。買取価格28,000円なんですもん。ネットやほかのショップに出せば高値で売れるんですからね。

8月下旬から9月に入って新品価格が下がりましたね。それにより、ヤフオクなどの中古のスイッチの価格も37,000円前後となっており、新品より15%ほど高くなっております。8月下旬での36%より実に20%下がっていることになりますので、史上ではスイッチも手に入りやすくなったという事になります。

ニンテンドースイッチは9月も品薄続き中古市場は3~4割高

落ち着く時期は定かではありませんが、マイニンテンドーストアは期待ほど、連日予約受付していないので予約受付開始からアクセスできない時位の大混雑という状況、店頭では不定期に入荷するため予想できなく行動しづらい状況です。

9月予約受付分からは、お届けは10月後半以降になってしまう状況なので、マイニンテンドーストアも当てにできなく、10月27日には超ビッグタイトルでドル箱ソフトである「マリオオデッセイ」が発売されます。

過去にこれまで品薄だったゲーム機はなく、ゲームをしない人までも巻き込んで人気を博しています。そのため、品薄が続きているのです。

ニンテンドースイッチは9月も品薄続き中古市場は3~4割高

こうしたことから、今後の流れは予想外なことが起こる可能性もなきにしもあらずで、運が悪ければ年内手に入らない可能性もでてきます。
並ぶという無駄な労力をかけずに、マイニンテンドーストアで注文受付をして長期間待つことができるのであれば、イチかバチか注文してみるのも得策かもしれません。確実に手に入るという保証付きですからね。

厳選人気記事一覧