楽天が最安値の時も多い!

ニンテンドースイッチ夏の出荷量の増量と秋以降には生産体制も強化が本当にできるのだろうか?

ニンテンドースイッチ
今回の声明は気休め的で秋以降にも品薄は続くような気がします。



ニンテンドースイッチが3月3日に発売されて以来、未だ在庫のない状態が続いており欲しいのに手に入れられえていないユーザーもたくさんいるのが信じられないですよね。

本日、任天堂から以下のような声明が発表されています。

任天堂は、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の品薄状態についての声明を発表しました。

2017年3月3日に発売されたNintendo Switchは、現在も日本全国で品薄状態が続いています。同社は、定期的に出荷を行っていますが、供給が追いついていないのが現状です。先日もマイニンテンドーストアにて再販売がありましたが、多数の購入希望者によってサイトにアクセス障害が発生し、サイトのトップに「ニン・ゴジラ」が表示される事態に陥っていました。

同社によると、現在も毎週の出荷を継続しつつも7月、8月は、「Nintendo Switch スプラトゥーン2セット」の継続出荷も含め、今月よりも出荷量を増やすとのこと。さらに秋以降についても年末商戦に向けて生産体制を更に強化するそうです。

2017年7月21日には対戦型シューター『スプラトゥーン2』が発売され、ますます需要が高まるNintendo Switch。品薄状態の改善に期待したいところです。

 インサイト引用 ニュース記事
https://www.inside-games.jp/article/2017/06/22/108039.html

私見として


今回の今後出荷量を増やすなどといった声明は本当なのか疑ってしまいます。

big

現時点では、任天堂は増産や出荷量を増やしたくても増やせない理由がありますから8月も無理な気がします。現在定期的に販売されている量を年末まで売り続けるんじゃないのかなと思います。
競合であるAppleやスマホメーカーとの部品争奪でフラッシュメモリチップの需要過多となっているため、増産したいが増産できない現状です。任天堂だけが特別扱いされるわけではないので、品薄は年末商戦まで突入すると予想します。

文中に「秋以降についても年末商戦向けて生産体制を更に強化」とあるが、iPhone8(仮称)が発売後を想定してのことなのか?と思ってしまうが、Appleだって発売からの状況で第2弾、第3弾の増産をするためにまた部品の確保を始めるでしょうから、任天堂も予定通りいかないのではと思ってしまいます。

スプラトゥーン2やゼルダ、ドラゴンクエストⅪなどといったソフトだったら、品薄にならず大量生産できるんですが、ニンテンドースイッチはスマホやPC同様にたくさんのパーツの寄せ集めから作られる電子機器ですからね。世界のパーツの流れには逆らえませんよね。

swb

今回の任天堂の声明は品薄で不安になっているユーザーに向けての気休め声明とみてよいかと思います。

任天堂からは何月から増やすと具体的に挙げられていますが、実際にその月を迎えてみないと何とも言えませんよね。

私見でのこのままの流れで行けば、年内具体的に何月からとは言い難いですが、今現在でも週に数万台が販売されていますのでこのままいけばニンテンドースイッチを欲しいとしているユーザーにある程度行きわたると思われます。行きわたれば必然的に勢いは徐々に下降気味になっていくので、その時には生産量を挙げなくても必然的に在庫は潤沢となりいつでも買える状態になるはずです。

それが年明け以降じゃないでしょうか?と思いますがね。

ニンテンドースイッチの生産と在庫の行方気になりますよね。

これからも追い続けてみようと思います。

※あくまで予想の記事となっております。

厳選人気記事一覧