ローソンにコーヒー最速抽出マシン25秒!マシン変えただけでローソンコーヒーって売れるの?

ローソンにコーヒー最速抽出マシン25秒!マシン変えただけでローソンコーヒーって売れるの?コーヒーの新型抽出マシンは抽出スピードが25秒は速すぎ!



ローソンで2018年2月20日にコーヒーの新型抽出マシンの導入を発表しました。

新店や看板替え店舗にはすでに新型マシンを導入しているようですが、既存の店舗でも2018年9月から既存店でも順次切り替える予定です。

2021年度には約1万4000店への導入を目指す。
現在のマシンではホットコーヒー(S)はボタンを押してから抽出が完了まで約40秒。
新型マシンにすることにより約25秒に短縮されるので、客の待ち時間が短くなるのはよいことですよね。

 レギュラーサイズのホットコーヒー抽出時間はセブン-イレブンとファミリーマートでともに約45秒だ。
これまでの最速記録はJR東日本系のNewDaysで約35秒だったが、新型マシンの導入によってローソンが最速となる。

大手コンビニ3社のそれぞれのアピールポイント

大手コンビニ3社のそれぞれのアピールポイント

セブンイレブンは昨年約10億杯を見込んでおり、セブンコーヒーの一人勝ち。ローソンも販売量は年々増えているという。

コンビニにとっては「コーヒー」が売れるという事は、店舗に立ち寄ってもらうきっかけだけじゃなく、パンやサンドイッチなどついで買いにつながる重要な商品です。各社とも豆や抽出方法の改良には日々取り組んでいるようですが、ローソンの発表でアピールポイントの違いが明確になってきました。

セブンイレブン

よりリッチな味わいを実現するために豆の使用量を1割増量。コーヒーとカフェラテに力を入れている。

ファミマ

加工乳ではなく生乳100%の濃厚ミルクを使用したカフェラテを提供。他社にはないこだわりを

ローソン以外のコンビニは、客が自分でマシンを操作してコーヒーを淹れるスタイルをとっている。ローソンだけは店員が淹れる。オペレーションコストを考えると客に入れてもらう方が断然効果的に思えますが、そこにはローソンのこだわりがあるようです。

ローソンはコーヒーを店員が淹れる理由

ローソンが店内でコーヒーを提供するようになったのは2011年で長野県の店舗から始まったようです。実際に運用するなかで「店員と客とコミュニケーションしながらコーヒーを淹れるスタイルの店舗は、コーヒーの売り上げが特に多くなった傾向があった」ようです。さらに高齢者はマシンの操作に不慣れが多いので、店員が代わりに入れてあげた方が顧客満足度の向上につながると判断したようです。
店内が混雑しやすいオフィス街では客が操作する店舗もあるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ローソンの25秒で抽出できるコーヒーをぜひ飲んでみたいですよね。

各社企業努力をされているのがよくわかりますよね。
私たちから見たらたかがコーヒー1杯ですが、企業にしてみると企業を継続させるための明日への1杯なわけですよね。

私見

いかがでしたでしょうか?

ローソンのコーヒービジネスだけ出遅れて、全体的なローソンコーヒーの評価は低いですよね。顧客満足度のはき違えで大きく出遅れています。

抽出速度が速くなるのは良いですが、お客は数十秒の短縮よりも100円で味わえないようなクオリティの美味しいコーヒーを求めてると思うんですよね。速さを求めているのなら缶コーヒーをとうの昔に買っていると思います。

自分で入れる店舗もあるのはいいと思います。店員に入れてもらう煩わしさがローソンコーヒーで一番利用したくない一番の理由ですからね。

新型抽出マシン1台に数百万円かけるのなら、もう少し違う方法で集客できるアイデアとお客の声を取り入れたら、違う意味でまともなコーヒーを提供できると思うんですがね。新型マシンで巻き返しになるか期待したいところです。

厳選人気記事一覧