意外に楽天が最安値の時もある!

仮想通貨の確定申告1億円儲けたら税金はいくら払うの?

仮想通貨の確定申告1億円儲けたら税金はいくら払うの?億り人になっても半分税金に持っていかれてナントも世知辛い現実



年収500万円のサラリーマンが仮想通貨の取引で1億円の利益(雑所得)を得た想定

所得税約4200万円+住民税約1000万円で税金は「合計約5200万円」になる。
住民税は6月・8月・10月・翌年1月の年4回にわけて約250万円ずつ納めることになる。

 おなじ条件で1000万円の利益を得たと想定すると、所得税が約240万円、住民税が約120万円で、税金は合計約360万円となり、1000万円稼いでも手取り640万円程度になってしまう。

上記の納税者が個人ではなく法人であればまた税率が変わってきます。毎年利益が年間1000万円あるなら法人化は常識とされている。

 法人化した際の適用される税法は所得税法から法人税法に変わり、実効税率が最大55%から33%程度まで下がりその差は実に22%程度になる。

1億円の利益を出したと想定すると約2200万円の節税効果になる。

22%の節税とは2,200万円変わってくるので大きいどころの騒ぎではない事は理解できると思います。所得税とは違うため損益通算もできる。

 しかし含み益のまま法人化して資産を移すと、税金逃れのための法人化とみなされ、脱税を疑われて税務調査対象になる可能性がある。個人で出た利益を確定(利確)させてから経済合理性を考えて法人化したという形なら自然にとれる。

 会社の設立には、司法書士に登録免許税と報酬を支払い、合同会社を設立するなどの方法がある。

仮想通貨でやり方次第では数千~数億を稼げる可能性を未だ秘めているので、大きな利益を生んだ際には参考にしていただきたい。含み益・利確前の法人化は専門家へ相談してからが確実かと思われる。知識のない安易な利確も後々自分の首を絞めることになりかねないので慎重に。

申告書B

仮想通貨の確定申告1億円儲けたら税金はいくら払うの?

仮想通貨の確定申告1億円儲けたら税金はいくら払うの?

納税額管理表

仮想通貨の確定申告1億円儲けたら税金はいくら払うの?

厳選人気記事一覧



おっさんの臭いが気になったらこれを使え!