意外に楽天が最安値の時もある!

iPhoneのバッテリー交換はお得に2018年がチャンス!劣化バッテリー6つの現象

iPhoneのバッテリー交換はお得に2018年がチャンス!劣化バッテリー6つの現象バッテリーがチョット弱ってるなら交換するのは今年がお得!



Appleは2017年12月28日にiPhoneバッテリー交換費用を期間限定で値下げすることを発表しましたね。

一体どうしてなのか?と思ってしまいますが、それくらい重大な過ちをしてしまった代償といったところでしょうか?

なぜバッテリー交換費用を値下げしたのか?

Appleの説明によれば、iPhoneのバッテリーは劣化すると高負荷時に必要な電力を供給できないことがあり、部品保護のために電源が強制的にオフになります。

この突然のシャットダウンを防ぐため、『iOS 10.2.1』と『iOS 11.2』でバッテリーの状態に応じて処理能力を制限する機能が追加されました。ただし、当時はこの機能について明確な説明はなされませんでした。

2017年末にはこの機能が原因で、AppleはiPhoneの買い替えを促すために処理能力を意図的に制限している、という主張が広まり、訴訟にも発展。一方で、バッテリーを交換したら処理能力が元に戻った、とする事例も報告されました。

こうした動きを受けてか、Appleは「信頼回復のため」として、iPhoneのバッテリー交換費用を期間限定で値下げしました。Appleは、iPhoneのバッテリーを交換すれば処理能力が元に戻ることも明言しています。

さらに2018年初頭には、ユーザーがiPhoneのバッテリー状態を把握できるよう、iOSに新たな機能が追加される予定です。

劣化バッテリー6つの現象

劣化したバッテリーではiPhoneは明らかい正常な動きじゃない

Appleはバッテリーの劣化に応じて処理能力を制限する機能が働いてる場合以下の現象が起こるようです。

  • アプリの起動に時間がかかる
  • 一部のアプリでアニメーションがスムーズに再生されなくなる
  • バックグラウンド更新を利用するアプリが起動中に再読み込みされる
  • 画面スクロールの際アニメーションがスムーズじゃなくなる
  • 画面の明るさが暗くなる
  • スピーカーの音量が小さくなる

極端な場合にはiSightカメラのフラッシュも使えなくなりったり、これ以外にも様々な弊害があるようです。

バッテリー交換キャンペーン2018年

バッテリー交換キャンペーン2018年
キャンペーン対象となるiPhoneの機種は以下の通りです。
ほとんど該当しているといってもいいくらいですね。
たまにiPhone5を使ってる人も見かけますが、その方は残念ですが対象外ですね。

  • iPhone 6/6 Plus
  • iPhone 6s/6s Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 8/8 Plus
  • iPhone X

通常バッテリー交換費用は、「1年間のメーカー保証」や「Apple care+」の対象なら基本無料です。対象外なら8,800円となっていますが、今回のキャンペーンではバッテリー交換費用が3,200円になります。

【キャンペーン期間】2018年12月まで

通常バッテリー交換はAppleの診断が必要で、その結果からバッテリー交換が必要か判断されバッテリーが交換できます。

Appleは正式に公表してませんが、今回のキャンペーンでも診断は必要と言ってはいるものの、その結果に関係なくiPhoneバッテリーを交換することができるのです。

ここで注意したいのは、以前にiPhoneを正規Apple以外でバッテリーを交換したことのある人など、非正規品に変わってる可能性があるのでキャンペーン保証対象外となります。

iPhoneに使われてるバッテリーの寿命

Appleサイトによると、iPhoneのバッテリーは充電サイクルが500回超えると容量は本来の80%以下に減ります。容量が減ればバッテリーの持ちは悪化していきます。
1回にカウントされるのは、バッテリーが100%使い切った時です。

例えば1日目「40%使って100%まで充電」し、2日目に「60%使って100%充電」すると使った分は「合計100%」になるので、充電サイクルが1回完了したことになります。
2日で100%使う人なら、500回到達するには2年9ヶ月かかってしまいます。買い替えサイクルの早いiPhoneなので、思ったほどバッテリーが劣化していないユーザーは多いんじゃないかと思います。

それにしてもリチウムイオン電池って長持ちするんですね!

厳選人気記事一覧



おっさんの臭いが気になったらこれを使え!